日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「西川史子 離婚」に関する記事

None

離婚でちゃっかり同情集める西川史子の“芸能人魂”

夫婦仲の処方箋は書けなかった医師でタレントの西川史子(42)。元葛飾区議会議員で会社役員の福本亜細亜氏(39)との約4年の結婚生活にピリオドを打った。 「可愛い奥さんにはなれませんでした」 高飛車キャラに似合わないそんなコメントを発表し、生番組で涙ぐんだりしたもんだから、ちゃっかり女性の同情も集めている。転んでもタダでは起きない女だが、そもそも可愛い奥さんになるつも…

本人も日テレもノーコメント/(C)日刊ゲンダイ

葉山なの?どっちなの? 日テレ石田エレーヌ「離婚狂騒曲」

もちろん、離婚後も旧姓(エレーヌの旧姓は葉山)に戻さない女性もいますが…」(テレビ関係者) 翌6日の「サンジャポ」(TBS系)ではエレーヌと親交のある女医タレントの西川史子が「離婚してないですから、まだ」とコメント。しかし、本人ではない以上、真偽は今も不明。 結婚の時は出演番組で旦那の似顔絵まで披露するなど浮かれまくっていたエレーヌ。それがいざ離婚となるとダンマリと…

共にぶっちゃけキャラ/(C)日刊ゲンダイ

布川敏和&西川史子 “バツイチ夫婦漫才”でオファー急増?

30日に行われた「リラクゼーションの日」記念イベントにゲスト出演した西川史子(43)と布川敏和(49)。西川は1月に会社役員の一般男性と、布川は6月につちやかおり(50)と離婚した“バツイチコンビ”で、西川は「悲しいキャスティング」と苦笑い。同じ傷を持つ者同士、リラックス法は揃って「愛犬」と息もぴったりだった。 報道陣から「おふたりで一緒になるっていうのは?」と聞か…

雨降って…/(C)日刊ゲンダイ

つちやかおりの“暴走”だった…離婚騒動で「夫婦共倒れ」危機

バツイチタレントの西川史子(43)によると、つちやの不倫相手とされる和食店主Aさん(50)は「本当にステキな人」らしい。つちやはAさんと“ハッピーエンド”かと思いきや、発売中の女性セブンは<つちやかおり“暴走”に不倫彼が逃げ腰>と報じている。 つちやは会見で、Aさんについて「大切な方」と熱い思いをぶちまけていたが、盛り上がっているのはつちやだけ。当のAさんは「かお…

口は災いの元/(C)日刊ゲンダイ

博多大吉にメールの西川史子 「家族いるだろ」とネットで非難

女医でタレントの西川史子(43)が8日に生出演した情報番組で、お笑い芸人の博多大吉(43)のことを「気に入っています」といきなり告白。毎日メールしていることを明かし、「好きだったの?」と聞かれ、黙ってうなずいたせいで、非難ゴウゴウだ。 西川は今年1月に離婚したバツイチ。一方、大吉は07年に、10年以上交際していた一般女性と結婚した妻帯者だ。 ネット上では、西川の突…

自虐ネタに終始した西川史子/(C)日刊ゲンダイ

西川史子が三船美佳に恋愛のススメ「私は週6人と会っていた」

20日、「森永 甘酒ビューティーメニュー」発表会に登場した西川史子(43)。 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)との離婚原因が高橋の精神的暴力「モラルハラスメント」と一部で報じられたことについて「ジョージさんはそういう人じゃない。彼が悪い感じに映ってるけど。私がダメになったときも気付いてくださったすごく繊細な方。奥さんのことも繊細に気付くはず」と擁護した。 三船…

今年1月に離婚した西川/(C)日刊ゲンダイ

「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。 「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」 「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家と…

対照的な2人/(C)日刊ゲンダイ

「顔怖い」鈴木奈々に言わせ放題 西川史子の“立ち位置”

医師でタレントの西川史子(42)と鈴木奈々(25)が26日、都内で行われたヘアケアブランド「Honeyce(ハニーチェ)」のPRイベントに出席した。 1月に結婚したばかりの鈴木と1月に離婚したばかりの西川という対照的な組み合わせに、西川は「そういうキャスティングなんでしょ」と苦笑い。一方の鈴木は「西川先生、かわいそう。(オノロケで)ごめんなさい。でもすっごく楽しい!…

宝塚にどっぷり

DAIGOは大丈夫? タカラジェンヌに恋する北川景子の理想像

芸能界では、元バレー選手の大林素子(47)や女医でタレントの西川史子(44)、フリーアナの高橋真麻(33)などが宝塚ファンとして知られる。 しかし、ちまたでは熱狂的なファンほど”男性への理想が高くなりがち”ともっぱら。舞台上の華麗でヒロイックな男役と比べ、現実の男性が頼りなく見えてしまうこともあるという。偶然の一致だろうが、前出のメンバーでは西川のみが結婚したものの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事