日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井裕樹 巨人」に関する記事

None

「ダルより上」と専門家もタメ息…マー君流出で迎える日本球界の正念場

楽天に1位指名された高卒ルーキーの松井裕樹(桐光学園)もどこまでやれるか未知数だ。 田中の日本での登板はあと1回程度。来季は完全無欠のエースが抜ける楽天だけでなく、プロ野球全体が正念場を迎える。…

None

楽天・松井裕樹 プロデビューは「リリーフ」になる!?

24日のドラフトで楽天に1位指名された松井裕樹(17=桐光学園高)。22奪三振で昨夏の甲子園を沸かせた左腕のプロデビューが、「リリーフ」になりそうだという。 星野監督はドラフト前の編成会議で、「複数球団と競合になっても構わん!」と指令を出したほど松井にベタ惚れ。「投げっぷりがいいね。どんどん攻めるところもいい。直すところもないよ」と、気迫を前面に押し出す投球を評価…

4回2失点の松井/(C)日刊ゲンダイ

ライバル球団も舌を巻く 楽天・松井裕樹の「頭脳」と「計算」

19日のDeNA戦で楽天の松井裕樹(18=桐光学園)がオープン戦4試合目となる先発。初回は3者連続三振に打ち取ったものの、二回に走者を出してから投球が不安定になり3安打を浴び2失点。オープン戦最後の登板を、4回4安打1四球2失点、5三振で終えた。 初回には人生最速となる150キロを出したものの、高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムだけに松井は「単純に(スピードガン…

度胸は満点!/(C)日刊ゲンダイ

嶋のサインにもNO 楽天・松井裕が初陣で見せた「聞き流し力」

23日、楽天の高卒ルーキー松井裕樹(18=桐光学園)が巨人とのオープン戦に先発。プロ初実戦ながら、坂本や長野、村田ら巨人の主力を相手に堂々の投球を披露し、2イニングを無安打2三振。右打者の膝元に食い込む得意のスライダーを効果的に使い、ひとりの走者も許さなかった。 これには指揮官も、いくら褒めても褒め足りないと言わんばかりに絶賛。 「ここまでいいピッチングをするとは…

None

プロ野球考現学

ドラフト1位指名を聞いたのは小金井CCだった

24日のドラフト会議で話題の高校生左腕・松井裕樹(桐光学園)の交渉権を得たのは楽天だった。今の楽天は田中将大が入団した当時の弱小球団ではない。今季は悲願のリーグ優勝を果たし、26日からは巨人との日本シリーズに挑む。 田中は1年目から11勝を挙げ、高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録した。あれから6年。球界を代表する右腕はこのオフ、メジャー移籍も囁かれている。松…

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

昨年、楽天の松井裕樹の1年目を「4、5勝」と予想した。今季4勝8敗だったが、安楽の1年目は「0~2勝」ではないか。 高卒選手にとってプロは甘くない世界。浅間と高浜は覚悟して欲しい。 1位の即戦力投手では、阪神の横山雄哉(新日鉄住金鹿島)、中日の野村亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜)、ヤクルトの竹下真吾(ヤマハ)がいいと聞く。日本ハム1位の早大・有原航平が騒がれたが…

選手会長としての評価は高いものの…/(C)日刊ゲンダイ

残留でも控え捕手? 楽天・嶋が抱えるリードの「致命的欠陥」

実際、小関は大胆で傾向の出にくいリードをする」 ちなみに、ドラ1の松井裕樹(19)が先発初勝利を挙げた8月13日のソフトバンク戦でリードしていたのも小関だった。「今のチームメート、ファンの皆さんと一緒に優勝の味をまた味わいたいと思って決断した」と言う嶋。残留しても、来季は控え捕手かもしれない。…

初陣飾れず/(C)日刊ゲンダイ

松井裕の活躍で楽天連覇なら「経済効果は昨季以上」と専門家

2日、本拠地コボスタ宮城で公式戦デビューを果たした楽天の黄金ルーキー、松井裕樹(18=桐光学園)。残念ながら初勝利とはならなかったが、デビュー戦の結果より驚くべきは、チケットの売れ行きだ。 平日のデーゲームにもかかわらず、前売りだけで2万席以上。田中(現ヤンキース)が同じ条件で07年にプロ入り初登板した時の観客は1万8012人だった。土日でも2万人足らずの試合もあっ…

人間関係も一流?/(C)日刊ゲンダイ

先輩も感心 松井裕は「コミュニケーション能力」も新人離れ

3月1日卒業式のため、一時チームを離れた楽天の松井裕樹(18=桐光学園)。23日の巨人とのオープン戦では2回を無安打に抑え、開幕ローテ入りに期待がかかる。 今後のオープン戦や練習試合の起用も、佐藤投手コーチはセ球団限定にするとほのめかしている。これも開幕ローテを念頭に置いているからこそだ。 松井は巨人戦の前までは、どちらかといえば話題先行だった。連日マスコミが押しか…

None

プロ野球考現学

今でも心残りの沢村ヤンキース入り断念

ドラフト1位指名で獲得した左腕の松井裕樹(桐光学園)も楽しみだ。 楽天の主力は初の日本一で達成感を味わった。来季はその「反動」も懸念される。若手の激しい競争はチームの刺激になるはずだ。 「投手のメジャー入り」で思い出すのは、巨人で投げている沢村の一件だ。 沢村が中大4年の時、監督だった私は真剣にメジャーへ行かせるつもりでいた。例えば、大学出の選手が1年目から一軍で活…

「先発に未練」と語ったこともある松井裕樹

楽天・松井に「先発復帰」プラン 星野氏陣頭指揮で急浮上

9日のロッテ戦で、95年のオリックス平井を抜き、高卒2年目で最多となる28セーブ目を挙げた松井裕樹(19)のことである。 今季、抑えに抜擢した大久保監督(48)は成績不振などの責任を取り、今季限りで退任する腹積もり。さらにチームがゴタゴタを招いたこともあり、前監督の星野SA(68)が球団の取締役副会長に就任することが決まった。事実上の編成の責任者として、陣頭指揮を執…

近藤健介(上)と浅間大基

鬼の視点

好調日ハムで活躍 “2人の教え子”近藤と浅間に言いたい

2年夏の神奈川大会では当時3年生の桐光学園・松井裕樹(楽天)から本塁打を放って引導を渡した。周囲から見れば順調に育っているように見えたかもしれない。本人もプロ志望だったが、実は伸び悩んでいた。 3年生になったちょうど1年前の5月ごろ、「このままではプロは厳しい」と感じた私は、練習後に1カ月ほどマンツーマン指導を行った。弱点だった外角球のバットの出し方、ポイントが近い…

水原希子(左)と大原櫻子

応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

先日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーのVTRでは、なんと楽天の松井裕樹が球場に来る時にいつも櫻子の曲を聴いていると告白し、ネットで話題になっている。ストッパーになった今年から聴きはじめたらしいから、好調の秘密は“聴くと元気が出る”櫻子ソングにあったのだ。 そういえば、高橋尚子が練習やレース前にhitomiの「LOVE2000」を聴いているこ…

復帰はいつなのか?/(C)日刊ゲンダイ

二軍では中継ぎばかり…楽天・松井“突貫工事”の狙いと成果

31日、西武との二軍戦で5月5日以来となる先発のマウンドに上がる楽天の松井裕樹(18)。一軍では4試合に先発し、0勝3敗。19回3分の1で23四球と散々だった。 二軍調整を命じられたのも当然だが、5月5日の日本ハム戦後は独立リーグ相手の試合も含めて5試合連続中継ぎ登板。先発として期待するルーキーに、なぜこんな調整をさせたのか。巨人、中日などで投手コーチの経験のある高…

None

楽天・松井 「縦角度は野茂」「下半身は上原」のいいとこ取り

本拠地での今季2戦目となるオリックス戦(4月2日)でデビューする楽天・松井裕樹が、26日、コボスタ宮城で行われた社会人・日本製紙石巻との練習試合に登板した。 2番手でマウンドに上がり、4回を3安打無失点。「いい球がたくさんありました」と手応えをつかんだ直球で押し、奪った三振は8。五回には3者連続、六回から七回にかけては5者連続で三振を奪った。 12年夏の甲子園で1試…

並みのルーキーじゃないだけに/(C)日刊ゲンダイ

楽天・松井裕 5回無失点でも懸念される「見えない欠点」

楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が5日のロッテとのオープン戦に先発。5回を4安打無失点6奪三振と、2月23日の巨人戦に続いて得点を許さなかった。 「練習通りに投げることに集中した。ゼロという結果が欲しかった」 と試合後に話した松井。本来の予定では2回目の登板は週末の中日戦だったが、首脳陣が「前回登板から間隔が空きすぎる」と判断。前日4日に、急きょ先発が決まった。とい…

講師のダメ出しに恐縮の松井/(C)日刊ゲンダイ

星野監督激怒! NPB新人研修会で松井裕が失った3日間

毎年恒例となっている元ニッポン放送アナウンサー、深沢弘氏による「話し方、インタビューへの対応」では、楽天の松井裕樹(18=桐光学園)、森友哉(18=大阪桐蔭)ら4選手が壇上で実演。深沢氏に「内容は文句ないけど、みんな声が小さい」とダメ出しをされた。 中でも松井裕は深沢氏に、「しゃべり方が速い。口の開きが小さいから言葉が滑っていく。はい、僕のあとに続いて。ア」「ア」「…

None

バントシフト練習で露呈…松井裕は「牽制」と「捕球動作」にも難あり

5日、楽天のドラフト1位左腕・松井裕樹(18=桐光学園)が、ブルペンで決め球のスライダーをプロ入り初めて披露。計65球のうち4球を投じたスライダーは、正捕手の嶋が捕りそこなうほどのキレを見せ、周囲をうならせた。 ところが、松井裕はその直前、別の意味で首脳陣をうならせていた。バントシフト練習で一塁に牽制球を投げると、審判が「ボーク!」。その後もボークを取られ、牽制球…

None

楽天の「マー君資金」 生かすも殺すも松井裕次第

そう考えれば、大幅な観客減もあるわけで、せっかくのマー君資金による増設スタンドがガラガラになる危険性もはらんでいるのです」(地元放送関係者) 球団はさらなる観客増の「切り札」として高卒ルーキーの松井裕樹(18)に託しているが、「今のところマー君や佑ちゃん(斎藤佑樹)の1年目に比べ、松井は人気、実力でも劣っている。球団も祈るように松井のブレークによる観客増を期待してい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事