日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森保一に関する記事

横浜M戦の風間監督

ハリル後任に“第4の男” CS進出の川崎・風間監督が急浮上

そこでポスト・ハリルの名前として現日本代表コーチの手倉森誠・前五輪監督(48)、広島を率いてJ優勝3回を誇る森保一監督(48)、14年Jリーグを制した長谷川健太G大阪監督(51)が取り沙汰されているが、ここに来て「第4の男」が急浮上してきた。25日の横浜M戦を終了間際の劇的決勝弾でモノにして年間総合順位1位をキープ、Jリーグ王者を決めるチャンピオンシップ(CS)戦…

先制点のFW久保と抱き合う手倉森監督

抜擢の原川が劇的弾 U-23手倉森監督に「A代表任せろ」の声

J1広島の森保一監督(47)が12、13年シーズンのJ1を制覇。JFAは『五輪代表で国際経験を積んでリオ五輪出場の結果を出したら、次代の日本代表監督に推せる』と森保監督に五輪代表就任のオファーを出した。ところが、森保監督が『単独クラブを率いることに喜びを感じています』と拒み、補欠の手倉森監督にお鉢が回ってきたわけです」(マスコミ関係者) いきなりケチがついてしまった…

None

J制覇、CWC4強で風雲急…広島森保氏「東京五輪監督」情報

このCWCの勝ち上がりもあって、評価上昇中なのが、広島の監督1年目の12年、翌13年、そして今年と4年で3度のJリーグ優勝を達成した森保一監督(47)だ。 「広島がJリーグ王者になった際、日本サッカー協会の大仁会長が『そろそろ(日本代表監督を)日本人に任せてもいい時期。東京五輪については日本人でいくつもり』と話した。まずは20年の東京五輪に五輪監督就任の“お墨付き…

広島・森保監督はJリーグで3度V

日本代表監督ハリルホジッチの命運

“Jの名将”森保一氏がお尻をムズムズさせている

有力な後任候補として98年仏、10年南アW杯で指揮を執った岡田武史・日本サッカー協会副会長(60)の名前が挙がり、現役監督では12、13、15年とJリーグ王者となった広島の森保一監督(48)の名前が取り沙汰されている。 15年シーズンのJリーグ。広島は12月2、5日にG大阪とチャンピオンシップを戦い、1勝1分けで3度目となる年間王者の座を勝ち取った。 その5日後に…

この日の練習を静かに見守っていたハリルホジッチ監督

日本代表監督ハリルホジッチの命運

森保氏と一騎打ちが…長谷川健太代表監督は消滅した

12、13、15年のJリーグを制した広島・森保一監督(48)と、13年に当時J2のG大阪を優勝に導き、J1昇格1年目の14年に、J、天皇杯、カップ戦の3冠に輝いた長谷川健太監督(51)とのマッチレースといわれたのだが、9月の半ばごろから、現サッカー協会副会長の岡田武史元日本代表監督がハリルホジッチ現監督の有力後任候補として急浮上してきた、とこの連載で触れた。 「日本…

岡田武史氏(左)と手倉森誠氏

日本代表監督ハリルホジッチの命運

ポスト・ハリルに岡田武史サッカー協会副会長が急浮上

J3回優勝の広島・森保一監督とJ3冠男のG大阪・長谷川健太監督が、有力な後任候補といわれているが、ここにきて「大物日本人監督がポスト・ハリルとしてスタンバイしている」という話がサッカー界を駆け巡っている。 「ハリル解任後、W杯で2度采配を振った岡田武史・現日本サッカー協会副会長(60)が『代行監督という立場で最終予選突破に全精力を傾けて欲しい』と水面下で要請を受けて…

原口(左)と植田(右)のプレーを見るハリルホジッチ監督

日本代表監督ハリルホジッチの命運

選手も不信感 ハリルはサウジ戦勝利でも今年中に解任

後任は誰か? Jリーグ3回優勝のJ広島の森保一監督(48)か、それとも14年にJリーグ、天皇杯、カップ戦の3冠を制覇したG大阪の長谷川健太監督(51)か? ところが、有力候補2人ではなく、意外な名前が浮上してきた――。 (つづく)…

ハリル監督の評価はなかなか上がらず

長谷川、森保両監督のCS好采配で「ハリル評」がまた悪化

G大阪相手に2度の勝ち越しを許しながら、3-2の大逆転劇を演じた広島を率いる森保一監督(47)は、監督就任1年目の12年と翌13年にJリーグ連覇。今CSを制すると監督在任4年で3度のJ優勝となり、日本代表監督候補の最右翼だ。 G大阪の長谷川健太監督(50)は、13年にJ2に降格したG大阪の監督に就任し即優勝。J1昇格1年目の14年はJリーグ、天皇杯、ナビスコ杯の3…

ハリルホジッチ(右)と話し込むオシム

オシムも疑問符 「日本人代表監督」が誕生しない本当の理由

「広島でJ連覇を達成した森保一監督、G大阪で昨季3冠の長谷川健太監督、あとロンドン五輪4位の関塚隆元五輪代表監督の3人が代表監督候補に挙げられるが、たとえばW杯の試合中に誰を途中交代させるのがベストなのか、適切な判断力は経験値によって左右される。日本サッカーはまだまだ世界トップとはレベル差があり、どうしても指揮官の力に頼らないと勝てない。日本人の出番はまだ先の話な…

(C)六川則夫/ラ・ストラーダ

釜本氏がアギーレ解任要望 「アジア杯は日本人監督で大丈夫」

Jリーグ広島で連覇を達成した森保一監督、今シーズン3冠王を達成した長谷川健太G大阪監督など、日本人指導者も着実に結果を残している。 個人的には監督、コーチともにオール日本人で大丈夫だと思ってはいるが、経験値の面で心配なら、日本人監督の下にW杯や欧州選手権などを経験した外国人指導者を招き、コーチとして補佐してもらってもいい。 アジア杯を新指導者体制で臨んでも、問題は…

今季ガンバ大阪を率いて国内3冠を達成した長谷川健太氏(右)/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ後任候補は外国人ばかり なぜ日本人の名前出ない

たとえば12年、13年のJリーグを連覇した広島の森保一監督(46)。彼らは、十分に日本代表監督の資格を持っているのではないか? 「ブラジルW杯の半年くらい前からケガ人の状況説明、精神的にヘタっている選手のケアなど、やはり日本語じゃないと細かいニュアンスが伝わらず、ザッケローニ日本代表でも深刻な問題になっていました。ブラジルW杯の惨敗は、こうしたコミュニケーションも原…

岡田氏、関塚氏、反町氏、西野氏(C)六川則夫/ラ・ストラーダ

「日本人なぜ出ない」釜本氏が外国人一辺倒の監督選びに異論

12、13年とJリーグ連覇中の広島・森保一氏(45)は、残念ながらACLでの成績はいまひとつだったが、これまでの実績は十分に評価すべきものだし、代表監督にふさわしいかどうか、議論の対象にすべき人材であることは間違いない。Jリーグ監督通算最多勝利数の西野朗氏(59)は、G大阪監督時代にACLを制して08年クラブW杯に出場し、準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事