日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松本清張 スペシャル」に関する記事

「一年半待て」主演菊川怜と「黒い樹海」主演北川景子

各局で続々放送も 「清張ドラマ」人気の裏に一抹の“不安”

松本清張原作のテレビドラマ化が相次いでいる。先週は「地方紙を買う女」と「黒い樹海」がテレビ朝日系で放映された。今後は3月30日がテレビ東京系の「喪失の儀礼」で、4月15日がフジテレビ系の「一年半待て」といった具合である。 なぜ今、松本清張なのかといえば、ある程度の視聴率が見込めるからだろう。清張の知名度は作家のなかでも抜群だ。良質なサスペンスへの期待感は高い。 一方…

None

田村正和 終活とプチ隠居生活

昨年3月放送のテレビ朝日系「松本清張ドラマスペシャル 地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理」への出演以来、表舞台から姿を消していた田村だが、都内の自宅近くをウオーキング中、「女性自身」の直撃取材にこんなコメント。 「身体は大丈夫。これから、京都の撮影所で仕事も待っているから。詳細はまだ言えないけど、時代劇のドラマ。4月から撮影も入っている」 心臓の手術を受けたとい…

None

「三億円事件」 なぜここまで日本人を引きつけるのか

負けじとテレビ朝日はつい先日、「開局55周年記念 松本清張ドラマスペシャル 三億円事件」を田村正和主演で……なんて具合だ。 75年に放送された沢田研二主演「悪魔のようなあいつ」(TBS系)をはじめ、三億円事件はこれまで何度もドラマ化、映画化されてきた。 「悪魔――」も「クロコーチ」も漫画が原作だし、事件をモチーフにした小説も数知れず。 「事件から45年が経ちますが、…

None

流されゆく日々

連載10142回 対談すんで日が暮れて

埴谷雄高、富士正晴、武田泰淳、福永光司、松本清張、大塚初重、その他、数多くの年長者と対談させていただいた。 それらの諸先輩のなかでも、もっとも高齢のかたといえば、やはり仏教学者の松原泰道さんだろう。 私が対談の座にのぞんだ時は、松原さんはすでに100歳を超えておられたのではあるまいか。年齢差は、さて、どれ位だっただろう。 ひるがえって、私と同世代のかたがたとの対談…

None

「死亡説」流れた田村正和 会見でたけしに“悪ノリ”の健在ぶり

9日、田村正和(70)とビートたけし(66)が「松本清張二夜連続ドラマスペシャル」(テレビ朝日系)の制作発表会見に登場した。ドラマ「明智小五郎対怪人二十面相」(02年、TBS系)で共演して以来、12年ぶりの再会。田村は「三億円事件」(18日、21時)、たけしは「黒い福音」(19日、21時)でそれぞれ主演を務めるため、共演場面はないが、第1夜放送日の18日はたけしの6…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事