日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

四川省の関連ニュース

None

「辣(ラー)の道」加藤千洋著

■火鍋の試食会に鄧小平が現れた! 雑誌のコラムで、四川飯店の店主・陳建一氏が「エビのチリソースには四川省の豆板醤が絶対」と書いているのを読んで、著者は興味をもった。唐辛子の食文化をルポするテレビの企画が実現し、欣喜雀躍して中国へ。四川省の火鍋料理は、鍋の中を9つに区切り、見知らぬ客同士がつつくというスタイル。口中が焼けるように辛い料理を、4、5歳の子どもが平気で食べ…

週末オススメ本ミシュラン

戦争法案の議論を透視したような慧眼

陛下が訪中されて鄧小平さんに会う前に、四川省か山西省か、どこか田舎のお寺をお参りして来い、そうでなければ会わさないと、まったく逆のことを言われたら、日本人はどう思いますか。それとおんなじことだ。(中略)もっとひどいのは、それを今、大挙して国会議員たちが、年寄りも若いのもふんぞりかえって参拝していることだ。今年も去年より何十人増えたとかいって騒いでいる。この政治家たち…

None

防衛白書では脅威強調も 専門家が明かす「中国軍」の“実情”

いま、問題になっている南シナ海の埋め立て地に関しても、手抜き工事が多く、一部が台風で崩れているようです」 昨年11月、四川省で中国軍戦闘機が墜落・炎上し、7人が負傷する事故が発生。同年7月には、南京軍区の上空約5000メートルで戦闘機が突然、左右に横転するトラブルがあった。また、同年8月、中国海軍の潜水艦が沈下中に浸水事故を起こしている。 中国の海軍は、軍艦、潜水艦…

このノボリが目印

“猛暑都市”埼玉県熊谷市は「くま辛」で夏バテ撃退

「香港風頂点石焼マーボ豆腐」(850円)の鍋の中は、中国の四川省から取り寄せた香辛料で真っ赤。しかもグツグツ煮立っている。サジですくって口に入れる。熱い、辛い、思わず生ビールをグイッ! そのほか、中華「まんぷく亭」の特製カルビラーメンなど。たっぷり食べて、たっぷり汗を流すと、ムシムシの暑さも吹っ飛んで、気分爽快!…

ダッタンそば茶

真似したい伝承療法

北海道のダッタンそば茶

なお、ダッタンそばの原産地は中国の雲南省や四川省の山岳地帯。そこに住む民族はダッタンそばを主食にしているせいか、生活習慣病の発生が少なく、健康長寿の民族として知られているそうだ。 ダッタンそば茶を飲んで、そばのように長く、健康的な人生を送ろう。…

太古の世界へタイムトリップ

おでかけ出張コンシェルジュ

静寂の「永平寺」エキサイティングな「恐竜博物館」

大小の恐竜骨格標本の並ぶ展示ストリートを抜けて、ジオラマ「中国四川省の恐竜たち」へ。 ここは首長竜や肉食恐竜たちが闊歩する古代の森で、まるでジュラシック・パークの世界に迷い込んだようなリアル感。標本主体の退屈な博物館ではなく、ドラマチックでエキサイティング。大人も夢中になる楽しさだ。観覧料は一般720円。 野外一帯は開放的な公園になっており、遊具や化石発掘体験広場…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事