日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉田嘉明特集

年内にケリか/(C)日刊ゲンダイ

“ただの人”渡辺喜美氏「8億円問題」本格捜査ついに始まる

さらに、特捜部には渡辺氏がDHCの吉田嘉明会長から巨額資金を借り入れた「8億円問題」でも告発状が出されている。国税庁が8億円のうち借用書のなかった5億円を贈与とみなし、贈与税を脱税したとして告発することもあり得るという。 選挙に落ちて“ただの人”になった途端、本格的に始まった特捜部の捜査。年内にケリがつくか。…

地元で配られる「安倍首相との2ショット」ビラ

新党パーで「安倍首相と2ショット」頼み 渡辺喜美氏の厚顔

さらに、DHCの吉田嘉明会長との間で発覚した「8億円スキャンダル」だ。渡辺前代表にとって正念場の選挙であることは間違いない。 そんな大逆風を感じてか、渡辺前代表は地元で“安倍首相とのツーショット”ビラをばらまいているという。 「渡辺前代表と安倍首相は、今も密に連絡を取っていて、自民に戻るのは既定路線といわれています。だからといって公然と“親安倍”をアピールするという…

“恥部”が白日の下に…/(C)日刊ゲンダイ

みんな渡辺前代表 致命傷は離党勧告より元秘書の「暴露本」

「DHCの吉田嘉明会長からの8億円借り入れ問題はもちろん、『イメルダ妻』と呼ばれる渡辺氏の元妻・まゆみ夫人と党の関わり、年間17億円もの政党助成金の使途など、みんなの党の“恥部”が赤裸々につづられている。いずれも、活字になったことがある話ですが、渡辺氏を間近で見てきた政策秘書が実名で暴露するとなると、信憑性が全然違ってくる。波紋を広げるのは間違いありません」(関係…

“創業者”哀れ/(C)日刊ゲンダイ

みんなの党再分裂騒動 渡辺喜美前代表と心中するのは甥1人

「渡辺前代表は政治活動に復帰しようとするならば、まず会見を開き、DHCの吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について自ら解明することが必要です。5カ月近く雲隠れし、その間、通常国会を2カ月半もすっぽかしました。表舞台に出てきて何を言うかと思ったら、『私が創業者』ですから、ガク然としました」(本澤二郎氏) 渡辺氏と浅尾氏の泥仕合でいよいよ「党再分裂」の声が上がって…

地元で謝罪行脚の日々/(C)日刊ゲンダイ

雲隠れ2カ月半 渡辺喜美氏に迫る特捜部の本格捜査

4月7日に「DHC」の吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について、「何ら違法な点はない」と強弁し、代表を辞任したまま雲隠れしてしまった。地元の那須塩原に戻って謝罪行脚に励んでいたようだ。 しかし、いくら謝ったところで渡辺の政治生命はもう終わりだ。すでに市民団体の代表が「政治資金規正法違反」で刑事告発し、さらに今月2日には憲法学者ら16人が「政治資金規正法」、ある…

歯切れが悪い/(C)日刊ゲンダイ

離婚した「フェラーリ妻」にカネ管理させる渡辺喜美の“感覚”

渡辺前代表が化粧品会社DHCの吉田嘉明会長などから借り入れた約5億円は、この離婚騒動の前後の時期に妻の口座に入っていた。妻は派手な生活ぶりで知られ、銀のフェラーリを乗り回していたと週刊誌に書かれている。 ■使途不明は9000万円 一方、渡辺前代表は吉田会長からの8億円の借り入れとは別に、5者から計6億1500万円を借り、うち1億4500万円が未返済だったことも判明。…

まゆみ夫人に頭が上がらない?/(C)日刊ゲンダイ

本当に「保守的」か? 渡辺喜美氏“5億円管理妻”の金銭感覚

喜美さんをおとしめたい勢力のリーク情報だと思いますが、<外車好きの夫人がおねだりした><候補者選定など党運営にも口出ししている>と書かれたこともありました」(みんなの党関係者) 週刊新潮が掲載した、DHCの吉田嘉明会長の手記にも、夫人は登場。渡辺と会うときは常に同伴し、09年の新党立ち上げの際、栃木の土地を「買って欲しい」と切り出した、と書かれていた。同僚議員はこう…

あわてて飛びついた大マスコミ/(C)日刊ゲンダイ

週刊誌に便乗して騒ぐ 大新聞の政治記事に価値はあるのか

DHCの吉田嘉明会長の独占手記で、渡辺代表の8億円の借り入れ問題を報じたのは週刊新潮である。 町の出版社の週刊誌は、どこも同じ。編集スタッフの人数は、新聞社に比べ圧倒的に少ない。それでも野党の党首のクビを飛ばしたのだ。政治家に嫌がられ、けげんな顔をされながらも、情報を拾い集めた結果、疑惑をあぶり出せたのだろう。 一方の大手新聞社は、何人もの記者を政治家にベタ張りさ…

DHC吉田会長は霞が関嫌い/(C)日刊ゲンダイ

菅元首相も…“DHC会長マネー”に群がった「脱官僚派」議員

次々と“爆弾証言”を繰り返しているのが、8億円問題の「貸し手」となった化粧品会社DHCの吉田嘉明会長(73)だ。 吉田会長は、ほかの新興企業のオーナーとともに政界で“ニュータニマチ”と呼ばれる人物。「大の付く官僚嫌い」で知られ、会社のホームページの採用情報でもこうバッサリだ。 <東大出の官僚が、何か経験した事のない新しい事態に直面すると、うろうろおろおろと狼狽して、…

「党のカネ」を私物化疑惑も/(C)日刊ゲンダイ

疑惑噴出前から囁かれた みんな渡辺代表の「怪しい金遣い」

カネを貸したDHCの吉田嘉明会長は一部メディアに「私と渡辺さんは政党助成金で選挙後に返すという認識だった」と証言。渡辺代表はこの証言内容を否定したが、江田代表の「ブラックボックス」の指摘通りなら、借金返済に充てることを法律で禁じられている「政党助成金」や「立法事務費」を原資に充てた可能性も捨て切れない。 「政党助成金の流れは収支報告書で確認できますが、立法事務費は報…

みんなの党は空中分解?/(C)日刊ゲンダイ

熊手に8億円…みんな渡辺代表を追い詰める“天ツバ語録”

「彼が言っていることは虚偽」「党首なり国会議員を辞めて、出直してほしい」 化粧品会社DHCの吉田嘉明会長(73)が28日、みんなの党の渡辺喜美代表(62)に辞職を促した。 前日の釈明会見で渡辺代表は、吉田会長から融資された計8億円について、「個人を応援してくださるという趣旨で借りた」「選挙資金や政治資金としては使っていない」と強調。使い道の例として、「酉の市によく行…

食い違う主張/(C)日刊ゲンダイ

みんな渡辺代表「裏金8億円疑惑」 元都議が地検に告発状

みんなの党の渡辺喜美代表がDHCの吉田嘉明会長から8億円のカネを受け取っていた問題で、都議だった男性が28日、公職選挙法や政治資金規正法に違反している疑いがあるとして、東京地検に告発状を提出した。 渡辺代表は「個人的に借りたもの」と釈明しているが、貸した当事者の吉田会長は「選挙資金として銀行口座に振り込んだ」と主張している。 吉田会長によると、渡辺代表は2012年1…

のらりくらり/(C)日刊ゲンダイ

「裏金8億円疑惑」 みんな渡辺代表“逃げ切り”の可能性

化粧品会社DHCの吉田嘉明会長(73)から計8億円を借りた問題で、みんなの党の渡辺喜美代表(62)が27日、会見を開いた。 「個人として借りた」「裏金ではない」「贈与ではない」と強調し、「(例えば)酉の市で大きい熊手を買った」と言ってのけたが、そりゃないだろう。こんな男は断罪されなきゃウソだが、この国の法律は政治家には優しいようで――。 ■「熊手を買った」 とにかく…

変節/(C)日刊ゲンダイ

DHC会長が告発 みんな渡辺代表「裏金8億円疑惑」浮上

それも渡辺の大スポンサーで、化粧品、サプリメントで知られるDHCの創業会長、吉田嘉明氏(73)が実名で告発しているのだ。 吉田氏の手記が掲載された発売中の「週刊新潮」によると、吉田氏は知人の経済評論家を通じて、09年2月に渡辺と会食。「脱官僚」で意気投合し、その後、渡辺夫妻を何度も自宅に招くほどの“蜜月関係”に。同年8月のみんなの党結党の際も、渡辺が所有していた栃木…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事