日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石巻市の関連ニュース

「移住女子」伊佐知美著

登場するのは、岩手県遠野市の土地と人に強烈に引かれて農園を始めたファッションデザイナー、ボランティア活動を契機に宮城県石巻市で漁業に関わることになったホテル従業員、理想の子育てを実現するために鳥取県智頭町に移住し幼稚園を始めた母親ら、計8人。 背景に違いはあるものの、共通するのは、都会暮らしに対する疑問と、新しい生き方を開拓しようとするチャレンジ精神だ。 田舎はユ…

写真はイメージ

早朝の列島に悪夢再び…福島第2核燃料冷却装置が一時停止

最大観測は仙台港の140センチ(8時3分)、次いで相馬港の90センチ(7時6分)、石巻市鮎川の80センチ(7時39分)、久慈港の80センチ(7時54分)。関東でも、茨城県大洗で50センチ(7時8分)、千葉県の内房で30センチ(7時10分)、八丈島で30センチ(7時22分)の津波を観測している。同庁は、震源は東日本大震災の余震域内だが、プレート境界ではなく陸側プレート…

被災した大川小学校

遺族からは怒りの声 大川小津波訴訟“ゼロ回答”の勝訴判決

東日本大震災の津波で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の過失を争った訴訟は、児童23人の遺族が勝訴した。しかし、原告団からは「真相が明らかになっていない」「遺族に寄り添っていない」と怒りの声が噴出している。 26日、仙台地裁が下した判決は被告側の市や県に対する計約14億2600万円の支払い命令。原告側の求めは計約23億円だった。判決は市の広報車が「津波…

「病める『海のまち』」闇 高須基仁著

そんな思いで、震災の象徴だった石巻市と74人の死者を出した大川小学校にスポットを当て、震災から今日に至る復興の内情をルポ。 大川小学校で多数の犠牲者が出たのは、校長が前任者が作成した避難マニュアルを見ていなかったための人災だという。 市が災害復興支援住宅として20億円で買い取ったのは、実は商工会議所会頭が組合理事長を務めるマンションだったということも発覚。震災がれき…

「みやぎ石巻大漁宝船弁当第2弾」

小林しのぶの読む駅弁

みやぎ石巻大漁宝船弁当第2弾 仙台駅

中身は石巻市内の協賛6社が8品目を提供した海の幸弁当で、金華サバ酢締め、アナゴ焼き、花小エビ、つぶ貝煮、タラコ塩麹漬け焼き、サケ漬け焼き、あぶりカキといった手の込んだ料理を存分に味わえる。 酢飯の上に彩り豊かな食材をふんだんに盛りつけた様子は壮観。見ているだけで食欲が刺激される。おかずでは金華サバ酢締めが絶品で、噛むほどにうま味が濃厚になる。初代の弁当をよりパワーア…

馳文科相

ひねくれスポーツ論

五輪聖火台をめぐる鈴なりになったアホども

旧国立競技場にあった聖火台は現在、宮城県石巻市に貸し出されている。復興の励みになれば、というのが理由だ。最初に聞いた瞬間、「違うんじゃねえの?」と思った。 前の東京オリンピックは、当時の日本が一目散に向かった戦後復興のシンボルだった。そのシンボルを石巻に貸し出しゃ震災復興のシンボルになるか? テキトーにセレモニーやっておけば現地も喜ぼう、ってか? 建て替える新国立…

これが近影というから「若さ」にビックリ

「夜ヒット」で一世風靡…芳村真理が二十数年ぶり司会で復活

「大震災以降、この歌謡祭は被災地支援チャリティーも兼ねていますが、実は真理さんが戦時中に疎開していた先が宮城県石巻市で、ずっと復興のお手伝いをしたいと考えていたそうなんです。ちょうどそんなタイミングのところにお話をお持ちしたことがひとつ。もうひとつは今回の歌謡祭は戦後70年ということもあり、“戦後”ということもテーマにしようと考えていました。そんなお話をしたところ…

None

あのR・ジョンソンも…Dバックス首脳陣来日“本当の狙い”

滞在中はプロ野球公式戦を視察するほか、MLBが主催する東日本大震災の復興イベントに参加し、宮城県石巻市で野球教室などを開き、地域の子供たちと交流を図るという。 Dバックスフロント陣の来日は、大物OBを世界各国に派遣して野球の普及、振興を目的としたMLB事業も兼ねている。だが、8月の暑いさなかに2人の大物が野球教室の講師を務めるためだけに来日するとは考えにくい。 Dバ…

大人のグループだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「Mr.サマータイム」が大ヒット サーカスの叶高さんは今

この9日から12日にかけ、岩手県大槌町、釜石市、石巻市で東日本大震災の被災者慰問ライブをやってきました。あす18日にはカナフ、また、25日には熊本県天草市で予定してます。お時間があったら、ぜひお越しください」 夫人、長女、明大農学部に通う長男の4人暮らし。…

今年でデビュー35年/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

CASIOPEA野呂一生さんが語る「今はバンド第3期」

この8月22日にも仙台Hook、23日は石巻市遊学館かなんホールでチャリティーライブを開きます」 それにしてもだ。CASIOPEA以降、フュージョンは盛り上がりに欠ける。 「70年代、80年代と比較すると、最近は深みがある音楽を聞きたいってリスナーが少なくなったような気がします。ファストフード的な音楽が好まれ、ネットとかで音楽がバラ売りされてる状況では、フュージョン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事