日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菊池雄星 現在」に関する記事

練習試合中に談笑する雄星と大久保コーチ/(C)日刊ゲンダイ

菊池雄星への暴力で西武を解雇 デーブが真相すべてを語る

その後、スポーツ紙をはじめとするマスコミが「暴行を受けたのは1年目の菊池雄星」「大久保コーチが選手から過度の罰金を徴収し、個人的な飲食にそれを流用していた」などと書き立てた。真相はどうなのか。デーブ氏に聞いた。 ■挨拶をしない雄星をとがめようとしたら… ――雄星投手(19)に対する暴力行為ですが、これは事実なんですか? 「あれは7月11日の午前6時半頃です。早朝練習…

今季は自身初の2ケタ勝利

西武・菊池雄星 18年オフに“条件付き”でメジャー移籍情報

西武の菊池雄星(25)がポスティングで海を渡る――早ければ18年オフ、条件付きで球団と話がついたというのである。 某球団OBが言う。 「来季から2年連続2ケタ勝利。これがポスティングを認める条件だと聞きました。すでに球団とは話がついているようで、雄星も『これで念願だったメジャーに行ける』と親しい関係者に漏らしています」 菊池はMAX157キロを投げる、速球派左腕。花…

西武ライオンズに秋山が帰ってくる

大物OBに再建託す 西武の次期監督は秋山幸二氏で決まりか

幸いなことに、選手個々の能力は高く、菊池雄星(25)はやっと開花し、高橋光成(19)や森友哉(21)という有能な若手も伸びつつある。秋山を監督に呼んで、補強もしっかり行えば、3年目、いや恐らくフロントは2年目の2018年には優勝を狙えるチームにしてくれるはずと期待する声が増しているのです」 ■40周年と大型プロジェクト 実は、西武球団にとって2018年というのは大き…

深津の誕生日に入籍

西武・雄星とスピード婚 深津瑠美キャスター“唯一の不安”

6日、西武の菊池雄星(25)がフリーキャスター深津瑠美(30)との結婚を球団事務所で報告。昨年末から交際を始め、開幕直前の3月にプロポーズ。深津の誕生日である6月24日に入籍したそうで、すでに菊池の自宅マンションで新婚生活を送っているという。 雄星は先月23日、ブルペンでの投球練習中に右脇腹痛を訴えて現在は二軍で調整中。深津について「朝ご飯を作ってくれたり、今ケガを…

メジャーに挑戦しても良い時期なのに

ハム大谷との差開く一方…西武・菊池“制球難”は何が原因

「高校時代のことを考えれば、もっと活躍していてもおかしくない」 メジャー球団のスカウトが口々にこう言うのは、西武の菊池雄星(25)のことだ。 岩手・花巻東高時代に「10年に1人」の逸材といわれた菊池は、高校3年だった09年にメジャー挑戦を公言。実際にメジャー8球団と面談した結果、将来のメジャー挑戦を視野に入れ、西武にドラフト1位で入団した。 プロ6年目の今季は開幕投…

プロ初完投/(C)日刊ゲンダイ

初完投の広島・大瀬良があえて選んだプロまでの“回り道”

初戦で菊池雄星(現西武)擁する花巻東(岩手)を五回まで無失点に抑えながら敗れている。その甲子園でようやく白星をマークした。 同じ時期、県内でしのぎを削ったのがいまは同僚となった今村。今村は当時、春のセンバツで全国制覇した清峰のエースだった。このときの準優勝が菊池の花巻東だ。 高校時代は菊池にも今村にも後れを取ったとはいえ、九州共立大時代の4年間を経て、一躍ドラフトの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事