日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「西村京太郎 シリーズ」に関する記事

みんな“土ワイ”で再ブレーク

日曜午前放送は吉か? 「土曜ワイド劇場」の偉大な功績

さらに、山村美紗や西村京太郎、赤川次郎、内田康夫ら大御所作家のブランドと収入を“守る”という役目もありました」 さて、日曜午前に移る番組改編は吉と出るか。 「裏ではTBSが爆笑問題の『サンデー・ジャポン』、フジが松本人志の『ワイドナショー』をやっていますが、平日も自宅にいて午前中ワイドショーを見ている中高年にとっては、“日曜くらいは気分を変えてゆっくりドラマを”と思…

国立が拠点/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

株8年、FX3年…FP資格取得した石井めぐみの“投資力”

去年は「西村京太郎トラベルミステリー 終着駅殺人事件」(テレビ朝日系)や「西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ 特急『しらさぎ』殺人迷路~越前竹人形の謎」(TBS系)などに出演した。 さて、石井さんといえば、思い出すのはやっぱり「ゆっぴい」だ。91年に生まれた長男、優斗クンは出産時のトラブルで重度の脳性まひという障害を負っていた。 「優斗は体温調節ができない、ツバ…

新書あらかると

「一九四四年の大震災-東海道本線、生死の境」西村京太郎著

(小学館 810円+税)…

None

新書あらかると

「内房線の猫たち 異説里見八犬伝」西村京太郎著

(講談社 800円+税)…

「十津川警部 特急「しまかぜ」で行く十五歳の伊勢神宮」西村京太郎著

(集英社 820円+税)…

追悼番組が続々放送中

川島なお美さん追悼番組続々も ファン待望の「失楽園」は…

13日には前出のファミ劇が「西村京太郎サスペンス 寝台特急『はやぶさ』の女」を放送し、同じく西村作品の「十津川警部シリーズ」も順次、放送予定という。 残念なのは「失楽園」。オリジナルが日本テレビ系で放送されていたことから、通常なら日テレのBSやCSでやりそうなものだが、「実は6月から7月にかけて再放送したばかりなので、今のところ予定はありません」(CS日テレ)、「現…

肝臓は相変わらずピカピカ/(C)日刊ゲンダイ

今だから語れる涙と笑いの酒人生

朝の食卓に一升瓶 堤大二郎を大トラに育てた“酒DNA”

ベテラン俳優として舞台や西村京太郎サスペンス「十津川警部シリーズ」の西本刑事役で活躍中の堤大二郎さん(54)は20代から酒豪で鳴らした。楽しく飲む秘訣とは……。 ボクは今も晩酌は欠かさないし、お付き合いもあるから、365日飲まない日はない。休肝日もなしですよ。 それでも、体調はいいし、病気知らず。去年女房に勧められて、肝機能と胃腸の精密検査をしてきたけど、お医者さん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事