日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「上田晋也 芸人」に関する記事

還暦オーバーの「ビッグ3」がいまだ君臨

さんま4時間“還暦”特番…深刻化するTV界の「高齢化現象」

島田紳助の引退後にやっと、くりぃむしちゅーの上田晋也が頭角を現すといった、スローモーな世代交代しかあり得ないのか。10年後はビッグ3が70代、その下の世代が還暦で、彼らがこのままずっとテレビを牛耳っている“恐怖の時代”になっているかもしれない。視聴者もメーンの出演者も高齢化の異常事態!? バラエティーを本格的に始めた最初のアイドルグループSMAPも今や平均年齢が4…

ブレーク感なし…/(C)日刊ゲンダイ

お笑いニューウエーブ「解体新書」

リズム芸に押され…シソンヌ「優勝賞金1000万円」もらえず?

しかも、同番組ではじろうが壊れてしまってグダグダのトークとなり、MCの上田晋也に「これじゃお蔵入りだ」と言われる始末。 吉本興業の養成機関NSCで出会った、長谷川忍とじろうが06年にコンビ結成。ライブ中心の活動で実力をつけ、この数年、さまざまな大会で決勝に進出するようになっていた。とはいえ収入は決して多くなく、優勝当時の給料は長谷川が13万円、じろうが20万円。キン…

(左から)コロッケ、くりぃむしちゅー上田・有田、内村光良

実は売れっ子ズラリ 熊本出身お笑い芸人が震災でジレンマ

「この状況下でいつものようにエヘラエヘラしているわけにはいかないでしょうし、そうかといって妙に真面目になるわけにもいかないし、彼らにとっては“死活問題”ではないでしょうか」 そこで、熊本出身のお笑い芸人たちを調べてみると、コロッケ(56)にはじまって上田晋也(45)と有田哲平(45)の「くりぃむしちゅー」、ウッチャンナンチャンの内村光良(51)、たけし軍団の井手ら…

None

今週グサッときた名言珍言

「『チェオさん』だと思ったら『CEO』だったんです」

特に「くりぃむしちゅー」の上田晋也とはウマが合った。ある時など、本番は夜9時から始まるのに、リハーサルなどがあって昼12時ごろから楽屋入りしていた。上田が古坂に「なにかやって」と頼むと、古坂は延々8~9時間、即興コントを演じ、楽屋の芸人たちを笑わせ続けたという。 「本番ヘトヘトになってるの。だから本番では力を発揮できず」(日本テレビ「おしゃれイズム」17年2月5日)…

新居で初正月を迎えた上田晋也/(C)日刊ゲンダイ

5億円新居も「期待外れ」 くりぃむ上田晋也の“気配り御殿”

噂の家主は、くりぃむしちゅーの上田晋也(44)。 長らく空き地だった場所に上田邸が建てられたのは昨春のこと。白とレンガ調の外壁を組み合わせたモダンな建物。見た目は控えめで、マツコ・デラックス(42)が「そんなにやらしくない程度の大豪邸。ちょっと期待外れ」と、昨秋のバラエティー番組で上田邸訪問の感想を話していたのもナットクである。 場所は世田谷区内の閑静な高級住宅街。…

番組で一般女性との入籍を発表

2017 新春「笑」芸人解体新書

幸せボケ心配無用? 時代と逆行する有田哲平のおふざけ芸

有田のおちゃらけた発言に対して、上田晋也(46)の鋭い「例えツッコミ」が炸裂する。高校の同級生だった2人は今でも仲が良く、その息の合ったコンビネーションが自慢だ。 ただ、有田が単独で出ると、コンビの時とはひと味違う個性を発揮する。その要素が満喫できる番組が「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)だ。有田と小沢陽子アナが司会を務め、専門分野を持つ解説員が出演している。ニ…

出演番組がいきなり高視聴率

古舘伊知郎 バラエティー復帰宣言に“バブル芸人”戦々恐々

この発言に対して、現在司会を担当している上田晋也は冗談交じりに“やばいやばい! 絶対(司会は)渡さねえからな”などと言っていたが、同番組はもともと古舘がMCを担当していた「おしゃれカンケイ」の後継番組だけに今後は分からない。 ノリにノッている上田が「降板」ということは現実問題としてあり得ないだろうが、「古舘復帰」で首筋が寒くなっているバラエティー司会者は多いに違いな…

世界的有名人に…

男たちの挫折 栄光までの戦い

ピコ太郎の不屈の精神 鳴かず飛ばずも計算通りコツコツと

だが、くりぃむしちゅーの上田晋也が「お笑いに戻ってこい!」とゲキを飛ばし続けた。 古坂の成功の理由を水道橋博士は03年11月10日放映の「マネーの虎」(日本テレビ系)にあると指摘する。番組で古坂は「音楽で世界を驚かせたい」と豪語して、音楽ユニットのロンドンデビュー資金の投資を望んだが、プランの甘さがたたって惨敗。「お金以上に得たものがある」と悔しさを隠さなかった。「…

戦々恐々?(右上から上田晋也、坂上忍、有吉弘行)

古舘伊知郎バラエティー参入で「タレント司会」戦々恐々

たとえば最近、マンネリ感が出てきたくりぃむしちゅーの上田晋也や坂上忍、有吉弘行。 「上田の場合は『おしゃれ』、坂上は『バイキング』(フジ系)、有吉は『有吉ゼミ』(日テレ系)がターゲットにされている。古舘はいずれも番組の回し方をチェックし、自分が出る番組には明快なプランを持って臨む。上田も坂上も有吉も売れ過ぎて番組に100%の力で取り組んでいる感じがしない。“話す格闘…

None

国分太一「すぽると!」降板は当然…“最悪だった”現場の評判

レベルが低すぎて女子アナや解説者も呆れ返っていた」(テレビ局関係者) 「S☆1」(TBS系)のMCを務める「爆笑問題」田中裕二(49)は自他ともに認めるスポーツ通ながら“ファン目線”に徹し、「Going!」(日本テレビ系)でMCを務める「くりぃむしちゅー」上田晋也(44)は、オフ行事や番組企画を中心に選手と交流。「勉強していないのにヘタに『キャスター』として来られる…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事