日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

キャデラック選手権の関連ニュース

初日は出遅れ

46位発進の松山英樹 マスターズへ心配される「過密日程」

さらに例年フロリダで行われていたWGCキャデラック選手権が、今年からWGCメキシコ選手権に変更になり、2500メートル近い高地での試合に体調を崩す選手が相次ぎ、体力的にも消耗が激しい。だから今週スキップして体を十分休めて、来週のマッチプレーからマスターズへという選手がいるのです」 ちなみに今週出場の5位H・ステンソン、8位A・スコット、13位J・ローズは次戦のマッチ…

今大会の松山は好不調の波大きく…

スコア乱高下で35位終戦 松山がハマった軟グリーンの罠

【WGCキャデラック選手権】 通算3オーバー41位タイ発進の松山英樹(24)は、最終日に5バーディー、1ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーと出入りの激しいゴルフ。73とスコアを1つ崩して同4オーバー35位フィニッシュだった。 それにしても不可解なのが大会2日目のプロワースト81と、その翌日にマークしたコース自己ベスト68。その差は13打。 アマチュアなら同じコ…

ザ・ホンダ・クラシックは途中棄権

松山は完治しない可能性も…ゴルファーの股関節痛なぜ厄介

松山の場合、例年通りなら今週開催のWGCキャデラック選手権(米フロリダ州)に出場し、1週休みを挟んでA・パーマー招待(米フロリダ州)からオーガスタに乗り込むというスケジュールを組む。それも股関節の状態次第では白紙になるかもしれない。そうなれば、日本人悲願のメジャー優勝の夢が遠ざかってしまうことになる。…

None

グリーン黙示録

小田孔明は米ツアーで勝ってマスターズに出ろ

実は、2試合が行われ、一つは前に石川遼が出場して2位になったプエルトリコ・オープンと、もう一つはフロリダで行われたキャデラック選手権である。プエルトリコの試合は通常のアメリカの試合で、賞金総額は300万ドル(日本円で約3億6600万円)。優勝は54万ドル(約6588万円)である。日本ツアーの試合は賞金総額平均が約1億3000万円(優勝賞金は平均約2600万円)だから…

調子を上げているローリー・マキロイ

ゴルフ中継で驚いた松山英樹の好敵手

マスターズV狙うマキロイ クラブとコーチ変更で態勢万全

一昨年WGCキャデラック選手権では3番アイアンを池に放り込んで、ゴルフ場オーナーのトランプ氏が回収してマキロイに返却し、そこからプライベートでも交流が始まりました。今年2月には大統領になったトランプ氏とラウンドし、なぜ同じフロリダ州で行われているホンダ・クラシックに出ないのかと非難があったし、その一方でもうすぐツアー復帰するんだなとファンを安心させました。遊びのサッ…

イラスト・小山混

よくわかる! ゴルフルール“基礎の基礎”

パット直前にフェースへツバをつけた場合

■解説 2016年3月の米ツアー、WGCキャデラック選手権3日目。3番ホールでジョーダン・スピースは芝にソールしたパターがツルツル滑る感じがして安定しないので、競技委員に「アドレスのときに、パターのソールを濡れたタオルで拭いたり、指先にツバをつけて拭いて、ソールを湿らすことは許されますか?」と質問した。 これに対し競技委員は即答できず、ただちにUSGA(米国ゴルフ…

アダム・スコット

内藤雄士が分析 トッププロの企業秘密

【A・スコット】ソフトなグリップは感情に左右されずパターヘッドが自然に動く

ところが、今年になってホンダクラシック、キャデラック選手権と2週連続優勝。当然のことながら、スコットの手には普通サイズのパターが握られていました。 スコットは「もの凄い練習をして今のパッティングにたどり着いた」と言っています。 クロスハンドから右手を添えるだけのクローグリップに変えたり、この1年間のさまざまな取り組みの末に得たものは、柔らかさだったのではないかと僕…

松山英樹

日本人初マスターズVに最も近い男・松山英樹を徹底解剖

今季フェアウエーキープ率は昨季(65.25%・ランク49位)より悪い57.43%(同133位)ですが、春先のファーマーズで予選落ち、WGCキャデラック選手権で自己ワーストの81を叩いたからです。シーズンを通してみれば、数字は改善されていくので、心配はありません。 スイングで気になるといえば、バックスイングや切り返しのタイミングにズレが生じるときでしょうか。トップが…

ショットが切れて2週連続のVのA・スコット

プロ求道

米ツアーは一段とパワーアップしている

WGCキャデラック選手権はA・スコットが2週連続優勝し、2位B・ワトソン、3位R・マキロイ、5位P・ミケルソン、8位R・ファウラーと実力選手がトップ10に入りました。1カ月後に迫った今季メジャー初戦のマスターズに向けて着実に仕上げているのがわかります。 会場のトランプナショナルドラール(7543ヤード・パー72)は池の絡むホールが多く、18番パー4に象徴されるように…

None

2カ月ぶり実戦の松山英樹 なぜ試合に出ていなかった?

その後は18日からノーザントラスト、3月1週目のWGCキャデラック選手権と4月のマスターズまで、いくつか山を持ってこれるよう、スケジュール調整しているようです」 松山は年明け早々に渡米して、打ち込みを行い、完璧な状態に仕上がっているという。ライバルたちの活躍にも慌てることなく、練習漬けの日々を送っているというのだから、初戦から期待が高まる。…

None

トランプ氏暴言の波紋 所有コースでの大会開催に「NO」が

WGCキャデラック選手権が開催されるトランプナショナルドラール(フロリダ)、17年に全米女子オープンの会場になるトランプナショナルニュージャージー、全米シニアプロの会場のトランプナショナルバーモントもすべてトランプ氏の所有。 06年には当時、人気低迷にあえいでいた米女子ツアーの最終戦で賞金100万ドルのボーナスをポンと出したこともある。 今回の決定は、今後どんな影響…

米国のファンにはあくまでも「ヒール役」/(C)AP

“ポストタイガー”候補の松山英樹 米ツアーでの「本当の評価」

また、昨年3月のキャデラック選手権ではパターをグリーンに叩きつけて6センチほどの穴を開け、それを見たイアン・ポールターから「マツヤマはバカだ」とツイートされ、騒ぎになった。ポストタイガーに取り上げられたが、ヒールは人気が上がらない。スピースやケプカとは同列にならないのだ。 評論家の児島宏氏がこう言う。 「ウッズの全盛期でも、米国人はP・ミケルソンを応援していました。…

すぐにイラつく悪いクセ/(C)日刊ゲンダイ

度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

また今年3月のキャデラック選手権では2メートルのパーパットを外し、悔しさのあまりパターをグリーンに叩きつけて6センチほどの穴を開け、そのまま修復せずにその場を立ち去った。そのシーンはメディアルームで何度も流され、「マツヤマはルールにいいかげんなヤツ」というレッテルを貼られた。 そればかりか、その様子を見ていた後続のイアン・ポールターに「なぜマツヤマはグリーンにクレ…

この後に激痛が…/(C)AP

術後復帰3戦目で再発 「ウッズは腰痛を繰り返す」と専門家

ウッズは3月のキャデラック選手権最終日に持病の腰痛が再発。同月末に腰椎椎間板除去手術を行い、フルスイングができるようになったのは6月中旬。復帰初戦のクイックン・ローンズ・ナショナルは予選落ち。次戦の全英オープンも69位と大苦戦。3戦目の今大会も、最終日は首位に15打差の36位発進。2番のフェアウエーバンカーの縁という傾斜のきついライから無理な姿勢で打ったのが悪かっ…

None

手首痛抱えマスターズ出場 松山に「曽雅妮の二の舞」懸念

ツアー参戦は3月のキャデラック選手権以来。開幕前日の9日はマーク・オメーラとともに後半9ホールをラウンド。その後、パットとアプローチの練習に時間を割いた。 「コースに対するイメージは湧いてきた。いいスタートを切りたいけど、自分が頑張っての結果。普段通りにやればいい」と意気込んだ。 とはいえ公式練習2日目(8日)は予定の18ホールを回る予定を9ホールで切り上げた。練…

None

グリーンをパットで…松山英樹が払わされるマナー違反の“代償”

34位に終わったWGCキャデラック選手権2日目。13番パー3でショートパットを外した松山がイライラを爆発させるようにパターヘッドをグリーンにたたきつけた。 その様子を、後続組のI・ポールターが目撃。ツイッターで「マツヤマはIdiot(バカだ)」と呟いて騒動になった。プレスルームでは、松山がヘッドをグリーンにたたきつける映像が何度も映し出されたという。 松山は翌3日目…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事