日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「桃田賢斗 会見」に関する記事

桃田をカジノに誘った田児(左)は泣いていたが

闇カジノでリオ絶望…バド桃田賢斗に海外リーグ参戦計画

違法カジノ店での賭博行為が発覚したバドミントン男子シングルス日本代表の桃田賢斗(21=NTT東日本)が神妙な表情でこう話した。 8日、所属先の同僚である田児賢一(26)とともに都内で謝罪会見。同社の調査によれば、桃田は田児に誘われて14年10月から6回にわたって東京・墨田区内のカジノ店に出入りしていたという。 桃田は1回の賭け金が10万円で合わせて50万円ほど負け…

違法カジノ店で賭博行為をした問題で記者会見するNTT東日本バドミントン部の田児賢一選手(左から2人目)と桃田賢斗選手(右から2人目=左端は奥本部長、右端は榊原総務人事部長)

闇賭博選手に厳罰もチームは…問われる企業の“監督責任”

巨人選手による一連の野球賭博問題は世間を驚かせたが、今度はNTT東日本のバドミントン部に在籍する桃田賢斗(21)、田児賢一(26)らが「闇カジノ」や「闇スロット」という、違法賭博で遊んでいたことが発覚。バドミントン協会は、桃田を日本代表の強化指定から外し、無期限の競技会出場停止処分を科し、12年ロンドン五輪代表の田児は、無期限の登録抹消処分とした。 暴力団の資金源に…

桃田は「競技を続ける気になれない」と

破廉恥写真も流出 バド桃田「裏スロット」以外に“余罪”か

NTT東日本は12日、同社に所属するバドミントン男子の桃田賢斗(21)らが、違法スロット店、いわゆる「裏スロット」でも賭博行為を行っていた事実を公表。また、“桃田の賭博行為はすべて先輩の田児とおこなったもの”との8日の記者会見での説明を訂正し、桃田が一般女性と2人で闇カジノに行っていたと明らかにした。 「新たに出てきた裏スロット通いの余罪とともに注目されているのが、…

事の重大さを理解できなかった…

仕草で分かる本音と建前

じっと見るのは嘘のサイン 桃田選手の表情で分かった本音

違法カジノ店での賭博行為が発覚したバドミントン男子の田児賢一選手(26)と桃田賢斗選手(21)。所属するNTT東日本は田児選手に解雇、桃田選手に出勤停止30日を言い渡し、日本バドミントン協会は、田児選手に無期限登録抹消、桃田選手に日本代表指定解除と無期限競技会出場停止という厳しい処分を下しました。 リオ五輪出場見送りが決定となった桃田選手ですが、謝罪会見の開始時は、…

イラスト・若生圭汰

失敗と成功の日本史

双六、闘鶏、香道…公家と庶民がのめり込んだ“賭博の歴史”

これで沈静化したかと思ったら、今度はバドミントンの田児賢一、桃田賢斗両選手の違法カジノ問題が明らかに――。両選手が厳しい処罰を受けたことは読者の皆さんもご存知でしょう。 歴史を振り返ると、人々は勝ち負けがあるものに、お金を賭けてきました。囲碁や将棋のほか、お茶の産地を当てる喫茶賭博(闘茶)。お香を嗅ぎ分ける香道にも、お金を賭けました。 さいころを使った賭博というと、…

8日の会見で何度も頭を下げていた田児(左)と桃田

他競技に騒動拡大か バド協会も憂慮する田児の“賭博人脈”

日本男子のエース・桃田賢斗(21=NTT東日本)と12年ロンドン五輪代表・田児賢一(26=同)の2人が闇カジノに出入りしていた問題で、日本バドミントン協会が10日、都内で緊急理事会を招集。桃田に無期限の出場停止処分、より常習性の高い田児には除名の次に重い無期限の協会登録抹消処分を科すことを決めた。メダルを期待された桃田のリオ五輪出場の可能性は完全消滅。会見した協会…

巨人開幕戦の始球式にも登板していた

“合コン王”の異名も 闇カジノ出入りバド桃田のド派手生活

暴力団の関与が濃厚な国内の違法カジノへの出入りが発覚した、バドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)。ともに所属するNTT東日本の調査で事実関係を認めている。 8日、都内で会見を行った桃田は、「このような事態を招いてしまい本当にすみませんでした。今まで育ててきてくださった方々や福島県の皆様や、後援会まで作ってくださった香川県の皆様を裏切ることになってしま…

NTT東日本本社前に集まる報道陣

“闇カジノ”桃田は年収2500万円…バド選手の意外な稼ぎ

頻繁に闇カジノに出入りしていたというバドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)の2人。 8日の会見で、カジノで使った金額について聞かれると桃田は「6回程度です。1回で10万円くらい持って行きました。トータルは50万円負けくらいです」と答え、田児は正確な金額を自らの口で明かさなかったが、同席したNTT東日本バドミントン部の奥本雅之部長が「田児は60回程度で1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事