日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ホラン千秋に関する記事

“干物女”を告白しているホラン千秋

辛口を武器に ホラン千秋が「ハーフタレント激戦区」で大躍進

10日、ホラン千秋(26)が「看護の日」PR大使に就任し、トークショーに参加。中学1、2年のころまで採血の注射が怖かったというホランは、「私は頑丈な方なので、まだ看護師さんにお世話になる機会がない。もうちょっとか弱ければ、周りが女子っぽく扱ってくれたのかもしれないんですけど」と言って笑った。 「女子力低い」キャラがテレビで定着しているホラン。一昨年ごろ、バラエティー…

中学生以来の浴衣/(C)日刊ゲンダイ

“不遇美女”ホラン千秋の「生きがい」は吉高由里子だった

5日、ホラン千秋(25)が佐賀県と「丸善&ジュンク堂書店」のコラボギフト「ほんのひととき」の発売記念イベントに浴衣姿で登場した。浴衣を着たのは中学生以来だそうで、「中学生の時、友人たちと花火大会に行ったのですが、途中で離れ離れになってしまって1人で花火を見たのが最後です」と苦い思い出を語った。 最近の楽しみは毎朝見ているというNHK朝ドラ「花子とアン」だという。ヒロ…

「一日署長」は人気のバロメーター/(C)日刊ゲンダイ

坂上忍もラブコール 「不遇美女」ホラン千秋のド根性キャリア

タレントのホラン千秋(25)が6日、渋谷警察署の一日署長に就任。渋谷で街頭パレードを行った。 青山学院大在学中に通い慣れたエリア。「私の青春がギュッと詰まった街で、交通安全を呼びかけられてうれしい」と話したが、渋谷デートの経験は意外にも「ない」とか。初体験という警察の正装姿には「背筋が伸びます!」と、笑顔で締めくくった。 ■実は芸歴14年 一日署長の起用は人気のバロ…

ディーン・フジオカ(左)と高島彩

D・フジオカに勝算あり 報道番組初挑戦も事務所に成功例

しかも4月からはホラン千秋も夕方のニュース番組『Nスタ』(TBS系)の新キャスターに抜擢されている。局は異なるものの相乗効果が期待できるし、さらにいえば、民放3社とより太いパイプも築ける。他社ながらうまい戦略だと思います」(前出の芸能プロ関係者) 放送ジャーナリストの小田桐誠氏もこう期待を寄せる。 「アナウンス技術に定評のあるアヤパンとの組み合わせなら、ニュース番組…

直筆レターは復活ののろし?

ベッキー復帰説で後釜争い収束 ダレノガレも手のひら返し

小島瑠璃子(22)、マギー(23)、ホラン千秋(27)といったタレントたちの名前が挙がる中、ダレノガレ明美(25)は「空いた席には座らせていただきます」と挑発。イス取りゲームに参戦する意思を表明していた。 しかし、最近になって「やっぱりハーフ枠はベッキーちゃんがつくってくれたもの。早くベッキーちゃんに会いたいって、みんな思ってる」と露骨に方向転換。挑発しすぎて事務所…

(左から)ベッキー、マギー、トリンドル玲奈、春香クリスティーン

“ポスト・ベッキー”探しウンザリ ハーフタレントは必要か

あまり候補に挙がらないホラン千秋(27=アイルランド人と日本人)はSHELLYと似たタイプだが、さらにキャスター向き。 もう少し若いところで3人を挙げると、マギー(23=スコットランド系カナダ人と日本人)はいかにもバラエティーで重宝されそうなキャラ。無難に活躍しそうだし、見た目もモデルだから文句なし。 ルックスでいえば、トリンドル玲奈(24=ドイツ系オーストラリア…

野球は見るのもやるのも大好き

日テレ顔で野球好き…山岸舞彩後任・久野静香アナの期待値

過去にホラン千秋から日テレの入社試験で一緒になったというエピソードを番組内で明かされましたが、久野本人はぜんぜん覚えていなかったという天然なところもあります」(女子アナウオッチャー)。 仕事で疲れたサラリーマンが一日の終わりに見るニュース番組のキャスターにはうってつけの人選のようだ。…

起用するメディアの評価も高いマギー/(C)日刊ゲンダイ

知性と色気備わり…マギーに「ポスト・ベッキー大本命」の声

ベッキー(30)をはじめ、ローラ(24)、SHELLY(30)、トリンドル玲奈(23)、ダレノガレ明美(24)、ホラン千秋(26)らが椅子取りゲームを繰り広げている。そんな激戦区でマギーは生き残れるのか。芸能リポーターの川内天子氏は言う。 「ローラはお父さんの事件の影響だけじゃなく、『おバカキャラ』に対する飽きがあってやや下火。もうおバカの需要はなく、今は『しゃべれ…

グランプリの清原果耶(左)と大松絵美/(C)日刊ゲンダイ

3万人の頂点に 12歳新人・清原果耶は“第2の吉高”

ちなみにこの日MCを担当したホラン千秋(26)はその100時間オーディションの出身だ。 発掘するのは美少女に限った話ではない。バラエティー・タレント・キャスター部門を受賞したのは大松絵美(21)。ダイナミックな見た目もさることながら、ネタづくりやカメラ目線など素人離れした腕前を見せ、福田彩乃(26)からパッツンパッツンの衣装を指摘されたり、「ちょっと~、ぶさいくだよ…

None

「漫画と酷似」ドラマも逆手に…テレ東は下克上に虎視眈々

古舘寛治とホラン千秋を起用する「ワーキングデッド~働くゾンビたち~」(BSジャパン、木曜23時半)。職場でコミュニケーションの取れない社員をゾンビにたとえ、ドキュメンタリー仕立てで実態や生態を解明していく社会風刺ドラマだという。担当プロデューサーの濱谷晃一氏は手作りの宣伝資料を片手に熱弁を振るい(写真)、会場に集まった記者陣の笑いと関心を集めた。そして、「打倒『クロ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事