日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ハドソン川の関連ニュース

映画「インフェルノ」、主演のトム・

最新作で全力疾走 還暦トム・ハンクスは低迷洋画を救うか

公開中のクリント・イーストウッド監督(86)作の「ハドソン川の奇跡」に加え、主演作「インフェルノ」が今週28日に全国ロードショーとなり、ベテランの存在感を発揮しているのだ。 「インフェルノ」は、「ダ・ヴィンチ・コード」(06年)、「天使と悪魔」(09年)に続くシリーズ第3弾。トム演じるハーバード大のラングドン教授が、ダンテの叙事詩「神曲 地獄編」に秘められた暗号を読…

クリント・イーストウッド(左)と恋人のクリスティーナ・サンデラ氏

監督最新作公開 イーストウッド“御年86歳”でなぜピンピン

今月24日に公開される映画「ハドソン川の奇跡」を監督したクリント・イーストウッドだ。 なんと、御年86歳。映画は2009年に墜落を避けてハドソン川に着水したUSエアウェイズ機の機長(トム・ハンクス)の活躍を描いた感動作。早くも「2017年度アカデミー賞有力候補」と囁かれているほどだ。 ハリーといえば、今の若い世代はポッターだが、本家のハリーこと、ダーティハリーは衰え…

最有力候補とされるスティーブン・ムニューチン氏

財務長官に映画Pが浮上 トランプ政権に「人材不足」の声

クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で日本でも話題となった映画「ハドソン川の奇跡」をはじめ、有名映画のエグゼクティブプロデューサーを務めたことでも知られる。 毀誉褒貶の激しい人物で、トランプと似た者同士。選挙戦ではトランプの金庫番を務めた。 ほかには国務長官としてルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長とネオコンのジョン・ボルトン元国連大使が取りざたさ…

閣僚人事の迷走(左上から時計回りにバノン、ボルトン、ジュリアーニ、ムニューチン)

巻頭特集

安心ムードの笑止 トランプの狂気と混乱はこれからが本番

米通信社ブルームバーグは14日、映画「ハドソン川の奇跡」などのエグゼクティブプロデューサーを務めたスティーブン・ムニューチン氏が浮上――と報じた。 だが、他にも米下院金融サービス委員長を務める共和党のジェブ・ヘンサリング下院議員、米銀大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEO(最高経営責任者)ら複数の名前が挙がっていて、一体、誰が本命なのかサッパリ分から…

イラスト・クロキタダユキ

セリフ1つ読む映画

エミリー・ローズ(2005年 米)

出世欲満々のヤリ手女弁護士を熱演するのは、「ハドソン川の奇跡」にも出演する実力派、ローラ・リニー。眉唾的なシーンもあるが、凄まじい演技に引き込まれる。弁護士が、実は悪魔の存在に懐疑的な不可知論者という設定も興味深い。 神父は有罪となるが、懲役は免除。事実上の無罪で、ラスト、神父がエミリーの墓前で吐露した言葉がコレ。彼女の墓は実在し、今も訪れる人がいるという。 ハリ…

BOOKレビュー

「あなたという国」ドリアン助川著

そんなある日、拓人はクラスメートで韓国人のユナに誘われ、ハドソン川に浮かぶ歴戦の航空母艦イントレピッドを見学に行く。日本の特攻機の攻撃にも耐えた空母の艦上で拓人は、ユナから彼女の祖父が日本海軍の兵士だったことを打ち明けられる。 異国の街で出会い9.11で引き裂かれる2人を描いた恋愛小説。(新潮社 1500円+税)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事