日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「清武弘嗣 背番号」に関する記事

監督のお気に入りの清武(左は宇佐美)

ハリル監督が高評価…清武が香川の「背番号10」奪うのか

ロシアW杯最終予選初戦UAE戦(9月1日=埼スタ)、2戦目タイ戦(6日=バンコク)に向けて合宿中の日本代表に、ドイツのFW原口元気(25)と今季からスペインに移籍したMF清武弘嗣(26)が、30日に合流した。 「この日の練習公開は冒頭の30分だけ。非公開の後、サブグラウンドで行われていたGK練習がたまたま目に入ったが、そこで原口が別メニュー調整を行っていた。清武は…

クリホビアクはポーランドで10番を背負う

清武と「10番」争いか ポーランドMFクリホビアクの実力

というのも所属のセビージャ(スペイン)に加入したMF清武弘嗣と背番号10争いを演じることになるからである。 「身長186センチ、体重83キロの大型セントラルMFです。ボール奪取能力が高く、ボールを左右両サイドに散らしながら、機を見てシュートチャンスをお膳立てしていく。トップ下の清武とポジションが異なり、良好な関係性を築けばうまく共存できる」(サッカージャーナリスト・…

アフガニスタン戦ではゴールを決めた

独2部落ち危機の清武弘嗣 「失うものない」と語った覚悟

先月24日のW杯2次予選・アフガニスタン戦にトップ下として先発したMF清武弘嗣(26)。チーム2点目を決めて「久しぶりでうれしかった」と笑みを浮かべた。彼にとっては、実に3年4カ月ぶりの代表ゴール。この試合では1ゴール2アシストの活躍で、温存された代表トップ下のMF香川真司(27)に存在感をアピールした。 もっとも、アフガニスタン戦は「天国」だったが、今月2日のブン…

見切りをつける時期かもしれない

周囲は“5戦連発”と大騒ぎ それでも消えない「本田不要論」

控えの攻撃系選手にはカンボジア戦に先発した原口元気(24)と宇佐美貴史(23)、後半41に交代出場した南野拓実(20)、それ以外にも清武弘嗣(26)、武藤嘉紀(23)とタレントが揃っている。いつまでも本田に頼らないで、そろそろ見切りをつける時期に来ている」(平野氏) 日本代表は、今年最後のW杯予選を白星で締めくくり、通算5勝1分け(得点17・失点0)とした。来年3月…

決勝点を決めてベンチへ走り出す川口(左)とハリルホジッチ監督

イラクに辛勝で解任免れる…ハリル監督“突如変心”の裏側

代わってトップ下には、スペイン・セビージャ所属のMF清武弘嗣(26)を抜擢した。 前半26分、その清武が先制点をお膳立て。1―1で迎えたアディショナルタイム(公式記録は90+5分)には、途中出場のMF山口蛍(26=C大阪)の劇的強烈ミドルが決勝点となった。 辛うじて首の皮がつながったハリルホジッチ監督はトレードマークだった仏頂面を封印、記者会見場に姿を現した。 確か…

一向に調子が上がらない香川真司/(C)日刊ゲンダイ

香川が主力剥奪ピンチ サッカー日本代表合宿で精細を欠く

同じプレースタイルのMF清武弘嗣(25)や乾と比べて好材料の少ない香川は、主力組はく奪の危機です」 もし香川が12日のパレスチナ戦でパッとしなかったら、第2戦のイラク戦はベンチから試合を眺めることになりそうだ。…

昨季の本田に逆戻り(パレルモ戦)/(C)AP

ミラン本田沈黙で欧州組総崩れ危機 「日本人は旬すぎた」の声

ハノーバーのFW清武弘嗣(25)も、ドイツ移籍当時の鋭さは、すっかり影を潜めてしまった。 スペインのコルドバFWハーフナー・マイク(27)は1日のAマドリード戦で5戦連続のベンチ外。アーセナルを戦力外となり、オランダ中堅トゥエンテに移ったFW宮市亮(21)は、1日のヘーレンフェーン戦で精彩を欠くプレーに終始し、後半途中でベンチに下がる際、サポーターから罵声を浴びる始…

現在は代理人/(C)西山幸之

元セレソンGKジウマール「W杯初体験のザックは精神的強さも試される」

現日本代表の中でFW香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗、そしてMF山口蛍は、クルピ監督の薫陶を受けた選手たちだ。 「クルピが監督をやっていた時、何度も何度も日本に行っていたものだよ。特に覚えているのは香川と清武だね。彼らは18歳ぐらいから抜きんでた才能があった」 ジウマールは香川、清武、柿谷の3人を「クラッキ」(才能ある選手)であると評価する。 「クラッキとは、足技が巧…

None

フランクフルト乾 「本田が代表からいなくなれば」が本音?

「代表主軸組のFW香川真司、常連組のFW清武弘嗣、売り出し中のFW柿谷曜一朗とMF山口蛍と同じC大阪出身者」を最大限にアピールすることである。中でも香川とは08年シーズン後半から09年にかけて1トップの背後「2シャドー」に入り、息の合ったコンビプレーを見せていた。 「乾にとって目の上のタンコブが、代表大黒柱のMF本田圭佑です。もしトップ下の本田がいなくなれば、左サ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事