日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松吉信 グリップ」に関する記事

None

アマに最適 ツアー初V時松“ベースボールグリップ”の利点

オーバーラッピングやインターロッキングという右手小指に力が入りづらいグリップが大半だが、「ボールが飛ばないと悩んでいるのならベースボールグリップがいい」と日刊ゲンダイの好評連載「スイング大革命」のゴルフドクター・松吉信氏がこうアドバイスする。 「75歳のシニアにベースボールグリップをすすめたところ、ドライバーが20ヤード以上も飛んで200ヤードを楽々と越えるように…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ショットを曲げたくない時のグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

None

100の壁をブチ破れ

クラブを放り投げてグリップの感覚をつかむ

そこでプロコーチ・松吉信氏が、「周りに誰もいない広いところで素振りしてクラブを放り投げてみるといい」と、こうアドバイスする。 「7番アイアンが長さ、重さとも全クラブの平均であり、ちょうどいいでしょう。しっかり素振りして、クラブを目標方向に飛ばそうと手を離しても、なかなか思い通りにいかないものです。グリップが強いとクラブを手放すタイミングが取りづらく、目標方向よりも…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

グリーン回りからピンに必ず寄るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

シニアがビックリするほど飛ぶグリップ

(ゴルフドクター・松吉信=http://blog.glam.jp/golf/)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

飛距離が伸びるグリップ

(ゴルフドクター・松吉信) ●まつよし・まこと 1963年生まれ。日本におけるプロキャディーの草分け的存在。近著「グリップを直すだけでゴルフが変わるから『もう一度練習してみよう』と思える」(東邦出版)はゴルフ本では異例の大ベストセラー。http://blogs.brash.jp/golf/…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

1メートルのショートパットが必ず入るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

スライスOBが必ず止まる

(ゴルフドクター・松吉信) ●まつよし・まこと 1963年生まれ。日本におけるプロキャディーの草分け的存在。近著「グリップを直すだけでゴルフが変わるから『もう一度練習してみよう』と思える」(東邦出版)はゴルフ本では異例の大ベストセラー。http://blogs.brash.jp/golf/…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

バンカーから一発で脱出できるグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

グリーン回りから絶対にトップしないグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ダフリ、チョロが必ず止まるグリップ

お試しあれ! (ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

スライスが止まらなくなった時の応急グリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

ランニングアプローチでカップインさせる

ぜひ、グリーン回りからチップインをしてください! (ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

手ごわいラフからでも一発で脱出

(ゴルフドクター・松吉信)…

イラスト・たかぎしひろや

グリップ直せばスコアも変わる

チーピンが一発で直るグリップ

(ゴルフドクター・松吉信)…

None

100の壁をブチ破れ

傘でスイング練習しての何の役にも立たない

プロコーチの松吉信氏が、「傘でスイングすると変なクセがつくからやめたほうがいい」とこうアドバイスする。 「クラブと違って傘は非常に軽いので、いつものようにテークバックするつもりでもインサイドにもアウトサイドにも小手先でスッと引きやすく、悪いクセがつきやすい。もちろん取っ手とグリップでは太さも違い、傘は手のひらで包むようにして持ちますが、グリップは右手の指を引っ掛ける…

None

100の壁をブチ破れ

構えたら2秒以内にテークバックする

プロコーチの松吉信氏は、「スイングはつくるものではなく、できるもの。チェックばかりの頭でっかちで、クラブをリズムよく振ることをすっかり忘れてしまっていてはナイスショットは生まれない」と、こうアドバイスする。 「ゴルフ雑誌にあるスイング連続写真の見すぎでしょう。トップの位置とかダウンでの手の位置など細切れの形ばかり気にするとクラブを思い切って振ることができません。ヘ…

None

100の壁をブチ破れ

30ヤード以内のアプローチは払うイメージ

プロコーチの松吉信氏がこう解説してくれた。 「アプローチのミスはスイングスピードが一定でないのが原因ですね。アマチュア向けドライバーは一般的に300グラムもない軽さで、シャフトも長いので遠心力を利用してゆっくり振ることができます。しかしウエッジは440グラム前後と重くできています。だから、ついついグリップを強く握ってしまい、勢いをつけて振ってしまう。スイングアーク…

None

100の壁をブチ破れ

女性用クラブを使って不調脱出

100の壁がどうしても破れない――と悩んでいるアマチュアゴルファーに、「思い切って女性用クラブを使ってみたらどうですか?」とアドバイスするのはプロコーチの松吉信氏だ。 ただでさえ、アマチュアは見えを張って硬いシャフトのクラブを使う傾向がある。操作性の難しいクラブを手にすることが100切りの大きな壁になっているというのだ。 「実はプロゴルファーもシーズン中に不調になる…

None

100の壁をブチ破れ

ラウンド後は風呂より練習場に直行

それが日ごろの練習よりも数倍の効果をもたらし、100切りの近道です」とアドバイスするのはプロコーチの松吉信氏だ。 プロがラウンド後に練習するのは、試合で出た悪いクセやミスをすぐに解決したいからだ。 フェードヒッターが、その曲がり度合いが大きくなったり、ドローヒッターがフックになったりすると、その日のうちにしっかり修正。問題点をすっきりさせて、翌日のラウンドに臨むわけ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事