日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

菅義偉特集

(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

2世議員ばかりの中でのし上がった「武闘派」菅義偉官房長官

菅義偉は面倒見のよさとコワモテを巧みに使っている。いま霞が関は、ビクビクしながら顔色をうかがっている。とくに厚労省の人事をひっくり返し、村木厚子さんを強引に事務次官に就けた後は、官僚がスリ寄っている。人事がすべて、という官僚の習性をよく分かっています」(霞が関事情通) ●激ヤセ 野党時代「朝スープカレーダイエット」をはじめ、体重を76キロから62キロまで落とした…

今日の新刊

「総理の影」森功著

安倍内閣で官房長官を務める菅義偉は、秋田県雄勝郡の出身である。父の和三郎は若いころ、満鉄に入り、関東軍が敗走した後、取り残された開拓団を無事、日本に帰国させた豪胆な人物だった。 戦後、イチゴ栽培で成功したがその後を継がず義偉は上京し、大学卒業後、小此木彦三郎の秘書となった。横浜市議を務めた後、国会議員となるが、安倍との出会いのきっかけは北朝鮮問題だった。拉致問題が判…

文庫あらかると

「影の権力者 内閣官房長官菅義偉」松田賢弥著

(講談社 820円+税)…

菅義偉官房長官

安倍内閣の無能・無名大臣を裸にする

菅義偉官房長官は着々とテッペンを目指す“最強の女房役”

根強い反対が続く辺野古移設問題

新「政官業」研究

地元民もあきれた 菅官房長官の下品なバラマキ

そこで官房長官の菅義偉と会談した。 名目は辺野古の新基地建設をめぐり、政府が地元と振興策を協議する懇談会だ。5月に辺野古交流プラザという地元公民館で開かれた会合に続く2度目の懇談会。官邸に集った区長たちは、その場で官房長官から、来年度1区あたり上限1300万円、3区合計で3900万円の補助金を交付すると伝えられたという。 案の定、沖縄県も名護市も通さない「頭越しの新…

仲井真知事(左)の応援に駆けつけた菅官房長官

新「政官業」研究

仲井真知事落選で消えた沖縄カジノ計画

事実、官房長官の菅義偉と前知事の仲井真弘多との間で進められてきたのが、米軍の辺野古基地移設、空港拡張整備、カジノ誘致の3点セットといわれる。 去年11月の知事選前には、そこにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の誘致が加わり、4点セットになる。 「内閣官房長官というより、沖縄基地負担軽減担当大臣を務める菅義偉です」 そう言って仲井真の応援演説に乗り込んだ菅は、…

不敬にもほどがある

巻頭特集

審議前に生前退位を既成事実化 この国に国会は必要なのか

■有識者会議の役割は何だったのか 新聞報道では、「政府関係者によると、安倍晋三首相は今月に入って菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官と退位に関する法整備などについて協議した」とも書かれていた。これが全くのガセというのなら、書いた新聞社に徹底抗議するべきだろう。天皇退位は、それくらい重いテーマだ。3人の密談で決めていいような話ではない。 リーク報道によれば、衆参両院の…

7日、真珠湾攻撃から75年、USSユタ・メモリアルに敬礼する海兵隊員

永田町の裏を読む

提灯報道で糊塗した真珠湾訪問をめぐるドタバタ劇

日経などは早速、「1月解散風、再び」と提灯持ちに走ったのを見て、菅義偉官房長官はいつになく上機嫌で、「どうだ、サプライズがうまくいっただろう」と周りに笑みを振りまいていたという。それもそのはずで、このところ安倍・トランプ会談の国際的不評とTPPの頓死、起死回生を懸けたプーチン来日も思惑通りにいきそうにないという外交失態続きの官邸としては、祝杯でも挙げたい気分だったに…

トランプ会談の後にペルーに飛んで…

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」

安倍首相「オバマさんヨイショ」の真珠湾訪問

「戦没者の慰霊のためであって、謝罪のためではありません」(6日午前、菅義偉官房長官) 安倍首相が今月下旬、ハワイの真珠湾をオバマ大統領と訪問することになった。そのことについて、菅さんが会見で述べた言葉だ。 同日午後の時点では、「強い日米同盟が……」などと、メディアは各閣僚たちの声をそのまま流している。真珠湾は第二次世界大戦の象徴的な場所なのに、そこを突っ込まずしてど…

交通違反の常習犯

二極化・格差社会の真相

鶴保大臣がクビにならない裏に差別の蔓延

菅義偉官房長官をはじめ、日頃は露骨な差別意識を隠さない閣僚や警察庁長官も、「土人」の表現だけには不快感を示した背景のひとつとされる。それを――。 鶴保という男は、政治家どころか、社会人としての資格も、最低限度の嗜みさえも欠いている。例によって常習犯だ。 仮にも大臣の立場で再三、「沖縄の振興策と基地問題は確実にリンクしている」と繰り返す。つまりはチンピラの脅迫だ。9月…

週末オススメ本ミシュラン

この変わり身は何なのか 20年前の選挙では痛烈な池田大作批判

「熾烈な宗教政党批判を繰り広げた自民党が公明党と連立するとは、あまりにもご都合主義ではないか」 “ご都合主義”を絵に描いたような政治家が現内閣官房長官、菅義偉だろう。 今からちょうど20年前の1996年の衆議院選挙で神奈川2区から初当選した菅は、相手が創価学会の青年部長だった新進党(現公明党)公認の上田晃弘だったこともあって、激しい創価学会批判を展開した。池田大作…

ドタキャンをした稲田大臣(右は南スーダン国連PKO駐屯地難民キャンプ)

稲田大臣ドタキャン直後に銃撃戦 南スーダンPKOは火に油

菅義偉官房長官は「武力紛争ではない」と言っていたが、いくらなんでも無理があるだろう。九大名誉教授の斎藤文男氏(憲法)がこう言う。 「『紛争当事者間で停戦合意が成立』『受け入れ国を含む紛争当事者の同意』といったPKO参加5原則が崩れていることは、誰の目にも明らかでしょう。安倍政権が“国連協力”の名目で5原則を強引に突き崩し、いずれ駆け付け警護から武力行使を既成事実化…

パーティーで石原経済再生相と握手をする内田茂都議

さながら決起集会…“都議会のドン”一晩で3000万円集金か

“陰の総理”と呼ばれる菅義偉官房長官もそのひとり。来賓挨拶でトップバッターを務め、「内田さんとは10年来のお付き合い。地方選挙のイロハを教わりました」とヨイショ。続いて壇上に立った二階俊博幹事長は、ひとしきり小笠原空港建設の必要性を訴えてから、「人を助けるのが政治です。それを実践しているのが内田さん」と持ち上げた。 他の主だった参加者は、石原伸晃経済再生相、丸川珠…

小池都知事(左)と菅官房長官

プロはこう見る 経済ニュースの核心

小池都知事の東京カジノ誘致は菅官房長官への“意趣返し”

「都知事選で増田氏を擁立する一方、暗に痛烈な小池批判を展開した菅義偉官房長官への意趣返しなんです」(政府関係者) カジノについては早期解禁が期待されたものの、カジノ関連法案は国会で継続審議になったまま。 この間、沖縄や千葉、東京など多数の自治体が誘致に手を挙げたが、東京都については、積極誘致に動いた石原慎太郎、猪瀬直樹の両都知事に代わり、舛添要一知事になって一転し…

稲田大臣(防衛省で)

習近平「アジア皇帝」への野望

稲田防衛大臣に激怒 「対日戦争の準備を本格化させる」

「防衛大臣、稲田朋美――」 8月3日に菅義偉官房長官がこう読み上げた直後、中国国営新華社通信は速報を打ち、警報を鳴らした。 〈稲田朋美新防衛相、57歳は、2013年に閣僚として初めて靖国神社を参拝して以来、安倍内閣の歴史問題に対する主要な強硬派大臣だった。歴史問題や安保政策問題に関して、常に安倍のスポークスマン的役割を果たしてきた。稲田は15年10月に徴兵制を唱え、…

補選では対立する二階幹事長(左)と麻生財務相

安倍政権に激震 福岡6区補選で「二階vs麻生」の暗闘勃発

それでなくても、閣内は〈菅義偉VS麻生太郎〉の冷戦がつづいている。都知事選につづく自民党の「内部分裂」。絶頂の安倍政権に歪みが生じ始めているのではないか。…

第3次安倍再改造内閣で予想される顔ぶれ=左表

巻頭特集

“茶坊主”と“お友達”だけ優遇 安倍改造内閣の恐怖人事

麻生太郎財務相、岸田文雄外相、菅義偉官房長官という2012年末の第2次政権発足時からのメンメンに加え、高市早苗総務相、塩崎恭久厚労相、加藤勝信1億相、石原伸晃経済再生相まで続投である。「内閣の骨格を維持して、安定した政権運営」などと解説されているが、要は自分の言うことを聞く“お友達”や“茶坊主”を置いておきたいだけ。世界情勢が混迷を深め、経済の先行きも不透明になって…

自転車転倒で怪我はこれで2度目

新幹事長の名も 自転車転倒の自民・谷垣氏に“再起不能”説

このままでは8月上旬にも行われる内閣改造・党役員人事で影響が出るのは必至で、党内では早くも新たな幹事長として、麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、岸田文雄外相、二階俊博総務会長らの名が取り沙汰され始めている。 一方、萩生田光一官房副長官は20日の会見で、谷垣氏のケガの状況について「党がしかるべき時期に公表する。(党役員人事についても)直接の影響はないと思う」と話…

次は任期延長に照準

永田町の裏を読む

参院選の大勝で党総裁任期延長に照準を定めた3つの理由

8月改造人事で菅義偉官房長官を幹事長に回すかどうかが大きな焦点になっているのは、そのためである。…

結局は選挙優先

人命より選挙優先の安倍首相に民主“危機管理批判”の過去

バングラデシュの人質事件で、菅義偉官房長官が対応をすっぽかし、選挙応援のため新潟入りした問題。菅氏は「私の代行には副長官を置いた。全く問題ない」と話したから呆れる。 安倍首相も全く問題視していないが、自分の胸に手を当てて振り返ったほうがいい。2010年に北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃した際、メディアのコラムで、こう民主党政権を批判しているからだ。 〈菅政権の感度は鈍い。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事