日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「岸井成格 毎日新聞」に関する記事

毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏

注目の人 直撃インタビュー

元NEWS23岸井成格氏 「このままだとメディアは窒息する」

毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏(71)しかいない。 ――参院選の報道を見て、どう感じますか? 報道の量そのものが減ってしまったような気がします。 その通りだと思いますね。集計していないのでハッキリわかりませんが、減っている印象です。2014年の衆院選の時も、テレビの選挙報道は減った。従来の衆院選の時に比べて半分くらいになった。そうした傾向が続いていますね。 ――2…

問題の意見広告(左上)と岸井成格氏

TBSは圧力に屈するのか? NEWS23岸井氏「降板説」の真偽

TBSの報道番組「NEWS23」のメーンキャスター・岸井成格氏(71)の後任に、朝日新聞の特別編集委員・星浩氏が内定したという話が飛び交っている。来年3月交代だというのである。岸井氏といえば、番組内で安保法案に批判的なコメントをしたことから、一般紙に一面デカデカと意見広告を出されるという異例の個人攻撃を受けたばかり。このまま岸井氏が降板すれば、TBSは完全に“死んだ…

None

見えた「共謀罪」廃案への道筋

報道陣に配られた「反対声明文」には〈正直に申し上げますが、もう遅きに失したかもしれません〉との記載があったが、冒頭に文面を読み上げた毎日新聞の岸井成格氏は、「削除してください。廃案を諦めたわけではありません」とイキナリ修正。世論調査では共謀罪に「賛成」がいまだ多数だ。国会審議も衆院は採決近しの状況にあったが、“削除”を進言したのは漫画家の小林よしのり氏。25日、衆…

None

二極化・格差社会の真相

放送法は自由を守るための法律なのだ

どちらもTBSの報道番組「NEWS23」(9月16日放送)で、キャスターの岸井成格氏が、国会審議の渦中にあった安全保障法制について、「メディアとしても廃案に向けて声を上げ続けるべき」と発言したのは“放送法違反”だと糾弾し、総務省に見解を示すよう求めている。 広告の主は「放送法遵守を求める視聴者の会」。26日には呼びかけ人のすぎやまこういち(作曲家)、小川榮太郎(文芸…

この人ばかり追い回し

巻頭特集

合法的に国家を乗っ取った 安倍独裁首相の次なる野望

選挙報道が減った理由について、TBS系「ニュース23」の元アンカーで毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏は本紙のインタビューにこう答えた。 「イチャモンをつけられるのは嫌だからでしょう。それに現場は面倒くさい。街録でアベノミクスに5人が反対したら、賛成5人を集めなきゃいけない。面倒だから報道そのものが減ったんです」 こんなチンケな理由で選挙報道を自粛とはムチャクチャだが…

新キャスターに抜擢された小正裕佳子

日テレ「NEWS ZERO」起用で話題 元NHK美人女子アナの評判

業界関係者によればテレ朝「報道ステーション」の古舘伊知郎の潜在視聴率が3.8%、TBS「NEWS23」のアンカーを務めている毎日新聞特別編集委員・岸井成格2.9%で、村尾は2.1%だという。 そんな村尾に取って代わるべく、白羽の矢が立ったのが元NHKアナで東大出身、しかも現在は独協医科大学の助教というキャリアを誇る小正だ。小正は元ミス東大の美貌、当面は月曜から金曜日…

まさかの続投

巻頭特集

甘利続投は安倍“お友だち”内閣の命取りになるだろう

TBSの「NESW23」はアンカーの岸井成格キャスターが降板、岸井氏は不定期の「スペシャルコメンテーター」に祭り上げられる。NHKでも「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターが降ろされる。テレビ各局が政権の“圧力”に屈し、ニュース解説は安倍サマの支配下に入るのである。 新聞もテレビも手なずけた。文春のネタが弾切れになれば、逃げ切れる――。安倍政権はこんな思惑なのだ…

国民よ怒れ!

巻頭特集

年金8兆円パーにして軽減税は数千億円という身勝手政治

脅しといえば、メディアへの圧力もますます激しくなっていて、ついにTBSは「安保法廃案」と言った「NEWS23」の岸井成格キャスターを更迭する方向で白旗を揚げそうである。今春、テレビ朝日の「報道ステーション」で古賀茂明氏の降板とチーフプロデューサーの異動が決まった際、安倍は「あとはTBS」と言っていたらしいから、今ごろ、ニンマリしていることだろう。 「GDP600兆…

岸井成格氏と問題の意見広告

「NEWS23」岸井氏を名指し攻撃…異様な“意見広告”の真の狙い

「私達は、違法な報道を見逃しません」とデカデカ見出しの意見広告は、TBSの報道番組「NEWS23」のメーンキャスター・岸井成格氏を名指しで批判、問題視する中身だったからだ。 全国紙の紙面を買い取って広告を出したのは「放送法遵守を求める視聴者の会」。呼びかけ人には作曲家のすぎやまこういち氏、上智大名誉教授の渡部昇一氏ら“安倍応援団”の面々が並んでいた。 彼らが問題にし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事