日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「長友佑都 香川真司」に関する記事

アジア杯で2人の地位が逆転するのか/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ日本で巻き返し狙う香川真司の「岡崎抱き込み作戦」

これまで日本代表内のヒエラルキーは、あくまで本田がピラミッドの頂点に君臨し、その下に香川、現役代表最多40得点のFW岡崎慎司(28=マインツ)、本田と同じセリエAの名門インテルに所属する長友佑都(28)、代表主将を務める長谷部誠(30=フランクフルト)ら代表常連組が、2番手を構成するという構図だった。 ところがあるサッカージャーナリストは、「香川が派閥を結成して本…

先制点はFW久保

UAE戦で結論 ハリル日本は“本田外し”が世代交代の最善手

具体的には、これまで日本代表を牽引してきたとはいえ、衰えが顕著なMF本田圭佑(30)のほか、MF香川真司(28)、FW岡崎慎司(30)、そしてDF長友佑都(30)の4人に代表のユニホームを脱いでもらい、来年のW杯本大会を見据えて一気に世代交代を進めるべきではないか? 「代表2試合目で前半13分に貴重な代表初ゴールを決め、後半のチーム2点目をアシストした23歳FW久…

FW大迫は1トップでも機能した

ズバッと言わせてもらう!

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて

10年南アW杯、14年ブラジルW杯で主軸だったGK川島永嗣(33)、MF長谷部誠(32)、30歳のFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都といったベテラン勢。代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。 南アW杯の後から代表常連となったMF香…

堂々の交際宣言だった

仕草で分かる本音と建前

胸を広げて肘を張った“アモーレ長友”の交際宣言を深読み

今月3日のキリンカップサッカー準決勝ブルガリア戦に出場したDF長友佑都選手(29)は、前半27分、左サイドからクロスを出し香川真司の1点目をアシスト。試合後にはスタンド中に「アモーレ」コールが響きわたり、スタンドで観戦していた交際中の平愛梨さん(31)に向かって幾分、照れた表情でハートマークを作ってみせ、それを高々と上げてみせました。誰はばかることなく、堂々と自分…

ゴールには絡めなかった長友

平愛梨と熱愛の長友 中国企業インテル買収で来季に暗雲

写真週刊誌「フライデー」がスッパ抜いた日本代表DF長友佑都(29)とタレント平愛梨(31)との熱愛。長友は「ボクのアモーレ(愛する人)です」と認め、日本中に広まった「アモーレ」は流行語大賞の最有力候補とまでいわれている。 その長友が所属するイタリア・セリエAの名門インテルが6日、中国で家電量販店などを展開する蘇寧グループホールディングスに買収された。 蘇寧グループは…

振り向きざまにボレーシュートを決める香川

シリア戦では“天才” 調子に振幅の香川に「W杯のトラウマ」

たとえばFW本田圭佑、FW岡崎慎司、DF長友佑都の主軸組は『10年南アW杯16強入り』という金看板がある。しかし、香川はW杯の登録メンバーから漏れ、主力として臨んだ14年ブラジルW杯では結果を残せなかった。W杯での実績がないというトラウマがマイナスに作用し、香川は『ゴールもアシストも自分一人でやろうとして』自滅する場面が少なくない。香川には『常にシュートの狙える位置…

岡崎のゴールをアシスト

宇佐美の台頭でかすむ欧州組 香川と長友にサポが“ダメ出し”

もう一人、“劣化”が指摘されたのが、DF長友佑都(28=インテル)だ。宇佐美と同じ左サイドで精力的に走り続けた“ダイナモ”には、<がんばってるけど、クロス下手すぎ>という声や、<宇佐美は足元にビタッっと止まるけど同じようなパスを長友に出したらアカンぞ><宇佐美のせいで長友が走る下手くそにしか見えない>という指摘も。宇佐美のプレイが華麗すぎたことで、ファンには長友が…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

GK川島永嗣(32)、DF吉田麻也(26)、DF長友佑都(28)、MF長谷部誠(31)、MF香川真司(26)、FW本田圭佑(28)といった常連が招集された。国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落…

昨季の本田に逆戻り(パレルモ戦)/(C)AP

ミラン本田沈黙で欧州組総崩れ危機 「日本人は旬すぎた」の声

故障続きのインテルDF長友佑都(28)は10月2日以来、ずっと欠場中。ハノーバーのFW清武弘嗣(25)も、ドイツ移籍当時の鋭さは、すっかり影を潜めてしまった。 スペインのコルドバFWハーフナー・マイク(27)は1日のAマドリード戦で5戦連続のベンチ外。アーセナルを戦力外となり、オランダ中堅トゥエンテに移ったFW宮市亮(21)は、1日のヘーレンフェーン戦で精彩を欠く…

窮屈そうにプレーする香川 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

本人好調維持も アギーレ日本最大の悩みは香川のポジション

センターハーフに固定されると柴崎、細貝を横目で見ながらポジショニングに気を使い、武藤や左SB長友佑都(インテル)との連係も必要となる。香川が考えすぎて、本領を発揮できなくなっても不思議ではない。 新潟の合宿先で取材中のサッカージャーナリスト・森雅史氏もこう言う。 「インサイドハーフというポジションには、フィジカルの強さと守備力も求められます。不得手の守備に奔走させら…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――ブラジルでは、各国選手の「戦う気持ち」を強烈に感じました。 「欧州でプレーしている選手が『相手の当たりが違う』と言うから『いつも対戦して慣れているのでは?』と聞いた。すると『欧州チャ…

2ショットも見納め…/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ監督 初陣に「欧州組」大量召集で囁かれる“ある注文”

「ブラジルW杯で日本代表が1分け2敗の惨敗に終わり、日本代表への興味が薄れたことで、視聴率の低下とスポンサー集めの苦戦を予想したテレビ局が、サッカー協会側に『ブラジルW杯に出場した欧州組を数多く招集して欲しい』と注文を付けたといわれています」(サッカー専門誌記者) ACミラン本田圭佑(28)、インテル長友佑都(27)、マンUのMF香川真司(25)、サウサンプトンの…

代表スーツ姿ももう見られない?/(C)日刊ゲンダイ

本田圭佑 最初で最後のアギーレ日本召集か

本田以外の欧州組からはFW香川真司(25)、FW岡崎慎司(28)、DF長友佑都(27)、DF吉田麻也(25)などブラジルW杯組にドイツでプレーするMF細貝萌(28)とスペインに移籍したFWハーフナー・マイク(27)が選ばれるともっぱらだ。 そこで初陣の目玉選手は誰かといえば、W杯前に「優勝を狙う」と公言しながら惨敗に終わった日本代表の“戦犯”本田だろう 「所属するA…

笑っているが腹の中では…?/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ日本始動も…手倉森コーチに“潤滑油”不適任の懸念

「手倉森氏は08年北京五輪組のDF長友佑都、森重真人、内田篤人、MF本田圭佑、香川真司、FW岡崎慎司、12年ロンドン五輪組のDF吉田麻也、MF山口蛍たちと、気さくに話し合えるような関係ではないからです。自己主張の強い外国人4人と腹を割ってやり合わなければ、結局ブラジルW杯二の舞いを演じる可能性もあります」(サッカー専門誌記者) こうした状況を踏まえた上で、サッカー…

意欲はあるが…(C)真野慎也/JMPA

マンU香川 日本企業に守られて3季目も“飼い殺し”必至

大会にはMF本田圭佑(28)が所属するミラン、DF長友佑都(27)がプレーするインテル以外にレアル・マドリードなど欧州の強豪8クラブが参加。「当落線上の選手がシビアに査定される」(マスコミ関係者)ともっぱらである。 「昨シーズン7位に低迷してELの出場権さえも失ったマンUは、ファンハールの意向に沿った大掛かりな戦力補強を考えており、ギネス杯で立場の微妙な選手の見極め…

うなだれる本田 (C)真野慎也/JMPA

ブラジル代表も守備重視 日本代表に求められるのは「手堅さ」

ACミランの本田圭佑、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司、インテルミラノの長友佑都。所属チームを羅列すると、今回の日本代表の攻撃陣は過去最強のように見えた。しかし、ミスの多いセンターバックの起用など、守備には明らかに問題があった。 監督のザッケローニはそうした欠点に目をつむり、大会に入った。さらに悪いことには、中心選手の本田と香川は精彩を欠いていた。1次リーグ敗…

決定機を外し続けた大久保 (C)真野慎也/JMPA

新布陣迷走でドロー データでも日本決勝T進出は“絶望的”

33分には左SB長友佑都が、左サイドからアーリークロスを入れ、走り込んだ大久保が完璧なタイミングでヘディングシュート。相手DFが動きに付いていけず、フリーの状態でのシュートだったが、ボールはクロスバーの上を通過した。 38分、日本に強烈な追い風が吹いた。ギリシャ中盤のキープレーヤーMFカツラニスが、この日2枚目のイエローカードで退場となったのだ。しかし、その直後、…

会見に臨む長谷部とザッケローニ (C)真野慎也/JMPA

ビッグマウス? ザックがギリシャ戦目前「強気発言」連発

FW香川真司、DF長友佑都の連係の悪さ、プレスの甘さ、運動量の少なさを突かれて守備が崩壊した。攻守に精彩を欠く香川のコンディション、起用法が注目される中、指揮官と一緒に会見に臨んだ主将のMF長谷部誠(30)には外国人記者から「香川にどんなプレーを期待する?」という質問が飛んだ。 これに、苦笑いを浮かべて「真司はチームにとって非常に重要な選手。やってくれると思う」と答…

香川を見守るザッケローニ監督/(C)JMPA

香川は左MF起用で心中? ギリシャ戦で決断迫られるザック

全体練習が始まってもMF本田圭佑(28)とDF長友佑都(27)がイタリア人コーチとイタリア語で談笑したり、下半身強化のトレーニング中にイタリア人コーチと主力組がゲラゲラ笑い合ったりする場面もあった。 「コートジボワール戦直後、プレーした選手の中で香川の落胆ぶりが一番凄まじかった。それが表情、雰囲気とも普段通りに戻った。ザッケローニ監督から『ギリシャ戦も頼む。期待し…

仲良しの大久保と香川 (C)真野慎也/JMPA

代表の最大派閥“大久保組”はチームにプラス? マイナス?

グループリーグ初戦のコートジボワール戦(日本時間15日午前10時キックオフ)に先発が予想されるFW本田圭佑(28)、FW香川真司(25)、FW岡崎慎司(28)、DF長友佑都(27)といった主力は順調に練習メニューを消化。13日午後には試合会場レシフェに向けて移動し、同午後8時半から前日公式練習を行う。 これまでザックジャパンは、4年前の南アW杯で1トップとして日本…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事