日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

池袋ウエストゲートパーク・出演者の関連ニュース

(C)日刊ゲンダイ

HOT Interview

IWGPシリーズ最新刊を上梓した石田衣良氏に聞く

97年に発表、ドラマ化され、若者の間で話題沸騰の人気作となった「池袋ウエストゲートパーク」の略称である。17年続く人気シリーズの最新作「憎悪のパレード」(文藝春秋 1500円)について、著者に心境を聞いた。 池袋西口公園を舞台に、若者たちが暗躍するIWGPシリーズは、初作から数えて17年目に突入。今作は11作目となる。 「17年……もうそんなに経つんですねぇ。初期は…

石田衣良氏

著者インタビュー

「西一番街 ブラックバイト」石田衣良氏

97年「池袋ウエストゲートパーク」で作家デビューし、オール読物推理小説新人賞を受賞。2003年「4TEEN」で直木賞受賞、06年「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞受賞、13年「北斗 ある殺人者の回心」で中央公論文芸賞受賞。「アキハバラ@DEEP」「美丘」など著書多数。…

竹内結子よりも気になる…?

「真田丸」竹内結子を無表情で見守る“乳母役女優”は誰?

他の劇団からも引っ張りダコになっています」 1999年、テレビにも進出し、「ケイゾク」「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」「スシ王子!」など堤幸彦監督のお気に入りともいわれる。 「最近でいえば、朝ドラ『まれ』にも登場していて、主人公・希が能登に戻って始めたケーキ屋の従業員の母親役を演じていました。目立たない役どころながら、演出陣の期待にキッチリ応える演技が…

シリアスな役柄も演じられる役者に成長

冬ドラ俳優“辛口”通信簿

“熱血”一筋の佐藤隆太が「DV夫&死体役」で示した新境地

これまでの佐藤といえば、『池袋ウエストゲートパーク』でも『海猿』シリーズでも、出世作『ROOKIES』でも、一貫して“熱血バカ”一直線な役柄でした。エリート銀行員で、仕事上のプレッシャーから妻に暴力を振るうという狂気をはらんだ、深いバックグラウンドがある役はほぼ初めて。それを実にリアルに演じていると、ドラマ関係者の間では評判です」(芸能ライター) 当の本人も、そんな…

ブログでも持ち前の文才をいかんなく発揮

グラドルから演技派へ 酒井若菜“膠原病告白”までの紆余曲折

背中だけの出演だったが、脚本家の宮藤官九郎に気に入られ、「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「マンハッタンラブストーリー」と次々に起用された。人気ドラマ「私立探偵 濱マイク」「ホーム&アウェイ」に連続出演をするなど、グラビアアイドルから女優へと大きく羽ばたいた。 「『大人計画』の松尾スズキにもかわいがられ、2人の関係を怪しむ人も多かったほどです」(演劇…

妻役の内田有紀にやりたい放題

「ナオミとカナコ」でDV夫役 “熱血漢”脱いだ佐藤隆太の評価

佐藤といえば、代表作「池袋ウエストゲートパーク」「海猿」シリーズなどで見せる明るいキャラや「ROOKIES」で演じた熱血教師など、“青春バカ”一直線な役柄が多かった。今回のDV夫のような狂気を感じさせる役は初めて。劇中では、妻役の内田を雨の中ベランダに一晩放置したり、髪の毛を掴んで顔に腐った梨を押し付けたりとやりたい放題。映画評論家の秋本鉄次氏はこういう。 「今ま…

女優業がノリ始めた休業前の酒井

マッサンで完全復活も「老けた?」 酒井若菜に上がる心配の声

童顔Fカップを武器にグラビアでブレーク後は、宮藤官九郎が手掛けたドラマ「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」などに出演。キーパーソンを好演し、評価も高かった。ところが、初舞台になるはずだった05年公演の「キレイ~神様と待ち合わせした女」(大人計画)を突然降板し、長期休業入りした。 「8年も経ってからツイッターで休業の内幕をつぶやき、関係者をギョッとさせ…

(C)日刊ゲンダイ

江戸東京 町歩き

ひっそり老舗バー<池袋北口>

ちなみに池袋大橋は、2000年のドラマ「池袋ウエストゲートパーク」のロケ地らしい。 「創業57年の老舗バーにいる。北口からすぐの2階だよ」 相棒のカメラマンから連絡があった。この大箱居酒屋が幅を利かす中に、老舗バー。 「私は2代目。もともと父がやっていたんです。祖父は近くで酒屋。今は休んでいますが、1階では母が小料理屋をやっていました」 池袋が地元というマスター。こ…

舞台から電波へ/(C)日刊ゲンダイ

個性派・佐藤二朗のブレークは堤幸彦監督の演出感覚のおかげ

池袋ウエストゲートパーク」「TRICK」「20世紀少年」で知られる堤幸彦監督(58)の演出が、個性派俳優を世に知らしめる起爆剤になった。 堤さんからすると僕が堤さんのおかげなんて言うのが不思議みたいでした。 大学を卒業して、芝居の養成所に2カ所入学したものの、劇団員になれず…鳴かず飛ばず。26歳でサラリーマンになり、自ら劇団を立ち上げ、日曜大工ならぬ日曜俳優になり…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事