日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「渡辺喜美 事務所」に関する記事

地元の栃木で元気な様子だが

渡辺喜美氏に飛び交った「自殺未遂」説…事務所に真偽を聞く

みんなの党の代表だった渡辺喜美(63)が自殺を図ったとの情報が飛び交ったのだ。 「情報が流れたのは今月5日ごろです。喜美さんが、まゆみ夫人から愛想を尽かされ、ヤケになって自殺を試みたというウワサが出たのです。自民党の大物議員がウワサを認めたことから永田町全体に広まりました」(永田町関係者) 喜美氏とまゆみ夫人は、すでに籍は抜いているが、一緒に暮らしていた。その後、ま…

敗戦の弁を述べる渡辺とまゆみ夫人/(C)日刊ゲンダイ

大差で落選…バッジを失った渡辺喜美氏に特捜部の本格捜査

予想通り渡辺喜美氏(62)は、あっけなく落選した。自民党の簗和生氏(35)に1万票以上の差をつけられる惨敗。無所属のため比例復活もなかった。 14日午後11時に落選が決まった喜美氏は選挙事務所に姿を現し、涙を流す夫人の隣で「申し訳ありませんでした」と支援者に何度も頭を下げ、「力不足、すべての責任は私にある」と謝ってみせた。 アベノミクスについて「もとをたどれば私が言…

年内にケリか/(C)日刊ゲンダイ

“ただの人”渡辺喜美氏「8億円問題」本格捜査ついに始まる

衆院選で落選した渡辺喜美氏(62)の政治資金問題で、いよいよ東京地検特捜部の捜査が本格的に始まった。特捜部は渡辺氏に対し任意の事情聴取を求めたという。渡辺氏側は要請に応じる方針で、聴取は今週後半にも行われる見通し。 捜査の“入り口”は政治資金規正法違反の疑いになりそうだ。2010年の参院選前に、自身の政治団体に関連する口座から9000万円を借り入れ、その後、返済した…

すべて失った/(C)日刊ゲンダイ

告発団体も「裏金あった」 渡辺喜美氏“転落人生”のこれから

「政界引退」にとどまらず、手が後ろに回るのも時間の問題になってきたのが、みんなの党代表だった渡辺喜美だ。父の故・美智雄元副総理の代から半世紀続いた「渡辺王国」を瓦解させたと思ったら、間髪入れず、東京地検特捜部が9月に宇都宮市の渡辺事務所に政治資金規正法違反容疑で家宅捜索に入っていたことが報じられた。 特捜部は今後、渡辺本人から事情聴取し、立件の可否を検討する方針だが…

髪形だけ真似ても…/(C)日刊ゲンダイ

党にも関与 渡辺喜美“元夫人”と伊勢谷友介との濃密な関係

24日、みんなの党が行った渡辺喜美前代表(62)の8億円借り入れ問題の調査報告会。オバマ来日のドサクサに紛れ、DHCの吉田会長とは別に5者から計6億円強を借りていたことにもア然だが、渡辺が1年前に離婚して今も元妻と事実婚状態というから、二度驚いた。 そんな不思議な関係の“元妻”まゆみ夫人(55)と渡辺の口座で保管していた計9000万円が“使途不明”になっている。 9…

もう逃げ切れない

整った逮捕条件 URの生殺与奪権を握っていた甘利氏の権限

「その原点は07年、当時の渡辺喜美行革相が『UR民営化』を打ち出した時です。しかし、あと一歩で実現できなかった。民主党政権になり、12年8月には当時の岡田克也副総理がURの分割・民営化の方針を決めましたが、その後、下野したことで方針は凍結。そうしたら、政権に返り咲いた安倍内閣が行革推進会議で“仕切り直し″を命じたため、URを生かすも殺すも政権の意向次第になったので…

ドロン/(C)日刊ゲンダイ

2カ月も国会すっぽかし みんな渡辺前代表は何してる?

みんなの党の渡辺喜美前代表の“国会不登庁”が問題になっている。3月27日に8億円借用の釈明会見をしたのを最後に行方をくらまし、2カ月も国会に姿を現していないのだ。国会議員の歳費は今月から“2割アップ”して月額129万4000円になった。会期末の6月22日まで登庁しなければ、渡辺は働かず350万円以上の税金を手にすることになる。 国会をほったらかして渡辺は何をしている…

「党のカネ」を私物化疑惑も/(C)日刊ゲンダイ

疑惑噴出前から囁かれた みんな渡辺代表の「怪しい金遣い」

「大きな熊手を買った」の釈明で一段と疑惑を深めた、みんなの党の渡辺喜美代表(62)。問題の8億円借り入れについて同党の浅尾慶一郎幹事長は30日、「誤解を解くことが必要だ。政倫審も含めて対応したい」とNHKの番組で発言し、渡辺代表の衆院政治倫理審査会への出席を前向きに検討する考えを示した。 これは「いい度胸」ではないか。渡辺代表は以前から、党運営をめぐる不透明なカネの…

変節/(C)日刊ゲンダイ

DHC会長が告発 みんな渡辺代表「裏金8億円疑惑」浮上

代表の渡辺喜美衆院議員(62)に、8億円の“裏金”をめぐる公選法違反、政治資金規正法違反疑惑が浮上している。それも渡辺の大スポンサーで、化粧品、サプリメントで知られるDHCの創業会長、吉田嘉明氏(73)が実名で告発しているのだ。 吉田氏の手記が掲載された発売中の「週刊新潮」によると、吉田氏は知人の経済評論家を通じて、09年2月に渡辺と会食。「脱官僚」で意気投合し、そ…

笑っていられるのも今のうち…/(C)日刊ゲンダイ

小渕氏も立件? 小沢冤罪事件“主導”した新特捜部長の過去

刑事告発されていた渡辺喜美元みんなの党代表と松島みどり前法相を不起訴処分にした東京地検特捜部。渡辺氏や松島氏と同様に刑事告発された小渕優子前経産相のデタラメ政治資金問題の決着も期待薄だが、ガッカリするのはまだ早い。新たな特捜部長に、あの小沢冤罪事件を“主導”した検事が就くからだ。 “ドリル優子”のケースは極めて悪質だ。問題が発覚すると、金庫番だった元秘書の折田謙一郎…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事