日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「吉川英治 講談社」に関する記事

None

講談社「吉川英治文庫賞」新設

今月、講談社が2016年に「吉川英治文庫賞」を新設することを発表した。既存の「吉川英治文学賞」「吉川英治文化賞」が50回目を迎えることを機とした創設だ。対象は、複数年にわたり5巻以上の複数刊の文庫が刊行されている大衆シリーズ文学作品と、その著者。12月1日から翌年11月30日までに文庫最新刊が刊行された作品の中から、受賞作品を決定する。完結、未完は問わないが、新装…

真保裕一氏

著者インタビュー

「遊園地に行こう!」真保裕一氏

96年「ホワイトアウト」で吉川英治文学新人賞受賞、97年「奪取」で日本推理作家協会賞と山本周五郎賞受賞、06年「灰色の北壁」で新田次郎文学賞を受賞。幅広いジャンルで多彩な作品を発表し続けている。…

新書あらかると

「海と月の迷路」大沢在昌著

昨年の吉川英治文学賞受賞作品のノベルス版。(講談社 1300円+税)…

None

流されゆく日々

連載9874回 記憶のフィルムを廻して

(昨日のつづき) 昨日は午後、朝日新聞社の催しで講演をやり、終了後に講談社の吉川英治文学賞の選考会に出た。選考終了後に、北方謙三さんから日本刀の話をきいた。途中から話にくわわられた平岩弓枝さんが、日本刀に関しておそろしく造詣が深くていらっしゃることにびっくりする。時代小説を書く作家としては当然のことだろうが、そもそも幼時から剣の稽古をされたというから、ただの知識では…

1日3枚足らずの原稿に起承転結/(C)日刊ゲンダイ

注目の人 直撃インタビュー

五木寛之氏「親鸞の最後は無造作に書く。それは決めていた」

「青春の門・筑豊篇」で吉川英治文学賞、「親鸞」で毎日出版文化賞。…

「峠越え」伊東潤著

■凡庸さを自覚、天下人となった家康の人間力を活写 IT業界から歴史小説作家に転身、吉川英治文学新人賞、山田風太郎賞など数々の賞を受けた実力派が、徳川家康を描いた。 己の凡庸さを自覚している家康は、才走った信長を畏怖している。同盟関係にありながら、信長を頭上の重しのように感じ、信長のひと言に、家康の肝は縮み上がる。 小心な家康だが、それでも三河武士の粘り強さで、桶狭間…

None

HOT Interview

正岡子規の青春を描いた最新作が話題 伊集院静氏に聞く

92年「受け月」で直木賞、02年「ごろごろ」で吉川英治文学賞を受賞。近著に「お父やんとオジさん」「いねむり先生」「なぎさホテル」など多数。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事