日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

潮凪洋介に関する記事

男はバッドマンの衣装がオススメ(写真は2015年の渋谷ハロウィーン)

成功のヒミツ失敗しないコツ

“大人のハロウィーン”ブーム コスプレ女子とどう出会う?

ネットで検索してみると楽しいですよ」(恋愛エッセイストの潮凪洋介氏) かく言う潮凪氏も、東京湾でクルージングなどを楽しめるイベント「天王洲大人のハロウィンジャンボリー」を10月下旬に開催する。ただ、コスプレ経験がないオジサンはどんな仮装をすればいいか分からないし、ガチのアニメ好きと対峙しなくてはならないかも知れないのは不安だ。どうすればいいのか? 「ハロウィーン初心…

ドラマで主演を務める吉高由里子(右は漫画「東京タラレバ娘」)

気安く近づき大ヤケド タラレバ女子との上手な付き合い方

恋愛エッセイストの潮凪洋介氏が言う。 「いくら美人でも、タラレバ女子は急速に自信を失いはじめ、不安を抱えながら生きています。久しく真剣交際から遠ざかっていることも多く、遊びの恋愛には不慣れです。しかも、結婚願望も強い。傷つきやすい“手負いの獅子”みたいな女性をだますようにして肉体関係を結んで、『実は遊びだった』は通用しません。相手が同僚や取引先であれば、『だまされ…

None

今日の新刊

「『男の色気』のつくり方」潮凪洋介著

(あさ出版 1300円+税)…

グループで行けばもっと楽しい

成功のヒミツ失敗しないコツ

リゾート気分で解放的に オトナの「グランピング」活用術

恋愛エッセイストの潮凪洋介氏によれば、「自分たちでテントを張ったり、トイレやお風呂がなかったりする原始的なキャンプは、山ガールにしかウケません。ただ、都会のスタイリッシュさを兼ね備えたグランピング施設なら、女性に抵抗感を与えませんし、夏らしいお出かけイベントをしたいという女子は多い。女子と盛り上がるのにはオススメです」 とのことで、最近は海でも、旧来の「海の家」か…

知らない土地をブラブラ…

デキる男はブレーク上手 ビジネスマンに効く「5つの休息術」

年間、文化人・エッセイスト養成講座で800回の授業を行い、100回のイベントを主催する潮凪洋介氏は、講演や原稿執筆などに追われる多忙な生活を15年間続ける。潮凪氏が分析した“デキるビジネスマン”の5つの休息術とは――。 (1)2時間作業し、1時間寝る 明日までに仕上げなくてはならない仕事。人には頼めないから今夜は徹夜だ――。 「“睡眠の力”を借りることです。『睡眠は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事