日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「小渕優子 野田聖子」に関する記事

意外にシタタカ/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

“長老キラー”小渕優子経産相は「初の女性宰相」に虎視眈々

小渕優子経産相(40=群馬5区、当選5回) 「あんなお嬢さんで大丈夫か?」――。今回の改造で最も懐疑的な見方をされているのが小渕優子経産相だ。重要閣僚の一角。原発も抱える。就任会見では「安全性を最優先して再稼働を進める」と官僚ペーパーの棒読みだった。 だが、「官僚の振り付け通り動く方が失言もなく安心」と自民党幹部。ある意味“優等生”なのだ。相当シタタカ。本来は早口…

ハーバード大政治行政学修士/(C)日刊ゲンダイ

人材払底…“チョー地味”上川陽子法相は消去法で後釜の座に

いやはや小渕優子(40)、松島みどり(58)両氏の後釜にどんな女性大臣が起用されるのかと思ったら、超地味~な上川陽子元少子化担当相(61)だった。 安倍首相は、「国際感覚が豊富だ。経験や知識を生かし、法相をしっかり務めていただける」と話したが、この人事の裏は「消去法」と「無難だから」の2つだけだ。 上川法相は東大卒後、三菱総研で研究員を務めている。 「当時の三菱総研…

小池百合子氏と野田聖子氏/(C)日刊ゲンダイ

閣僚W辞任で官邸大混乱 後任に“反安倍”女性議員が浮上

小渕優子経産相(40)の地元の「市民オンブズマン群馬」(小川賢代表)は近く、公職選挙法違反容疑で小渕大臣を告発する方針だ。「うちわ」問題で刑事告発された松島みどり法相(58)に続き、刑事事件に発展する可能性が出てきた。 安倍首相は後任人事に着手し始めたが、官邸サイドは頭を抱えている。 後任選びが難航している理由は、安倍首相が政権浮揚のために「女性の起用」を前面に押し…

小渕、高市、松島、丸川の各議員/(C)日刊ゲンダイ

あれだけ騒いで結局…内閣改造「女性枠」現状維持の4人に

しかし、知名度と華があって、国会答弁も任せられるのは、せいぜい野田聖子(53)、小渕優子(40)、丸川珠代(43)ぐらい。もともと6人も抜擢するなんて無理がありました」(自民党関係者) 国会議員が人材難なので、安倍首相は民間人まで人選を広げているらしく、タレントの菊池桃子(46)や西田ひかる(42)といった冗談のような名前まで囁かれていた。 ■松島はすでに地元で挨拶…

人材は多いわけじゃない/(C)日刊ゲンダイ

目玉候補は誰だ? 9月内閣改造「女性大臣枠」6人の名前

「最有力はやはり、小渕優子でしょう。党内では『初の女性首相候補』との声もある。第2次安倍内閣発足時も名前が取り沙汰されていました。2人の子供を育てており、少子化担当ならば『仕事と育児の両立』をアピールするにも適任です。来春の統一地方選で、小泉進次郎とともに『若手の二枚看板』に位置付ければ、党のイメージ刷新にも使える、というワケです。ほかには、第1次安倍政権で首相補…

セクハラ騒動の塩村都議、佐藤ゆかりと片山さつきの両参院議員/(C)日刊ゲンダイ

セクハラやじで急展開 安倍首相を悩ます「女性大臣6枠」

安倍首相は小渕優子に執着しているようですが、本人が固辞している。安倍首相を批判している野田聖子や、総裁選で石破茂を応援した小池百合子は入閣させたくない。残っているのは、まったく華がないか、能力が低い議員ばかり。最後は破れかぶれで片山さつきや佐藤ゆかりあたりを入閣させるしかないのではないか、なんて声まで上がっています。でも、そんな事態になったら内閣は大混乱ですよ」(自…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事