日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「舛添要一 事務所」に関する記事

「理想郷」にある舛添都知事(右)の別荘

公用車で“理想郷”通い 舛添知事の厚顔無恥に学ぶ錬金術

豪華すぎる海外大名出張に続き、公用車を使った“頻繁すぎる”週末温泉地別荘通いが発覚した舛添要一都知事(67)。発売中の週刊文春にスッパ抜かれた。 昨年から今年にかけ、都の公用車を使って年間48回、ほぼ毎週末、神奈川・湯河原町にある別荘に通っていた。報道陣から突っ込まれた舛添知事は「ルール通りやっているわけですから、何の問題もない」と鉄面皮にブレはない。恐れ入る。 …

「公用車の私物化」が発覚

舛添知事にまた醜聞 今度は公用車で湯河原の温泉別荘通い

海外豪遊出張が都議会などで問題視されている舛添要一都知事(67)にまた醜聞発覚だ。27日発売の「週刊文春」で、舛添知事が都の公用車を使って週末、都庁から約80キロも離れた神奈川県湯河原町の別荘に通う姿をスクープされたのだ。 記事によると、文春は2015年4月1日から今月4月11日までの「庁有車運転日誌」を情報公開請求して検証。その結果、舛添知事が1年間に48回も湯河…

None

有権者に五輪バッジを配布…舛添氏に「選挙違反疑惑」が浮上

舛添要一元厚労相(65)の過去の女性蔑視発言を問題視する市民団体「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」が発足。6日都内で緊急記者会見を開き、「舛添だけは都知事にさせない」「舛添だけは落選させる」と怒りのシュプレヒコールを上げた。 <女は生理のときはノーマルじゃない。異常です><カネを持っている“奴らジジババ”からカネを取るため消費税を上げろ>……。日刊ゲンダイの…

セコイのは彼だけじゃない

巻頭特集

そこかしこに「マスゾエ」が 卑しい政治屋が跋扈の惨憺

13日の定例会見まで週刊文春による政治資金の公私混同報道の説明を避けてきた舛添要一都知事(67)。繰り返し発言した「精査」の結果には「フザケンナ!」と思いっきり叫びたくなる。 とりあえず、政治資金の私的流用を認め、都民に謝罪。私的な支出の一部を返金するとしたが、千葉県木更津市の温泉ホテルへの家族旅行代を政治資金収支報告書に「会議費」名目で計上したことは、「実際に事務…

None

過去の蔑視発言に激怒! 女性と老人に舛添離れの異変

舛添要一(65)を担いでいる自民、公明の支持者が“舛添離れ”をはじめているというのだ。舛添の過去の発言を知った「女性」と「高齢者」がカンカンになっているらしい。波乱が起きそうだ。 街頭演説をしても聴衆が集まらない舛添元厚労相は、自民、公明の支持者を固める「組織選挙」に徹している。230万票ある自公の基礎票を固めれば勝てると計算しているらしい。 選挙運動のスケジュール…

コメンテーターとして出演した田中康夫氏

斬り取り 報道・情報番組この1本

名古屋CBC制作ならでは 中央官庁とほどよい“距離感”期待

先週はほぼ毎日、舛添要一都知事の公私混同の政治資金利用を取り上げた。31日は知事への各党の態度・姿勢が話題に。過半数を握る都議会与党の自公は「1日の所信表明を受けて決めたい」、民進党は「総務委員会での一問一答が重要」、共産党は「百条委員会設置で徹底追及」。そしてコメンテーターの田中康夫氏が「舛添の製造物責任者は自公だ」と強調、的を射ていた。 1日は知事が記者団のカコ…

None

元側近議員が怒りの告発! 舛添氏「税金で借金返済」疑惑

都知事選に立候補している舛添要一元厚労相(65)の元側近議員が怒りの“告発”だ。舛添の「政治とカネ」疑惑を日刊ゲンダイ本紙に激白したのは元参院議員の矢野哲朗氏(67)。10年に舛添が立ち上げた「新党改革」の代表代行だった。元側近が暴露した舛添の正体は、都知事の資質どころか人間性すら疑われる。 新党改革時代の舛添の不透明なカネの動きが発覚したのは1月下旬のこと。大新聞…

誰がマトモで誰が邪なのか

巻頭特集

小池vs自民の真相は? 都知事選の明暗分ける7つの核心

前回の都知事選では2009年の下野と同時に後足で砂をかけて党を離れ、党側が除名した舛添要一を担ぎ出した。小池が女刺客となった05年の郵政選挙だってそうだ。今や熾烈なバトルがウソのように造反組が復党し、野田聖子は大臣に返り咲いた。 分裂選挙も小池が勝てばノーサイド。しかも“政界渡り鳥”にとって権力者の籠絡はお手のモノ。議会運営を優先させ、“都連のドン”とがっちり握手し…

舛添氏は学生時代の恩師だが…

対談本の公明候補は名前伏せ 「舛添辞任」あちこち飛び火

公私混同問題で辞職した舛添要一前都知事(67)の“とばっちり”が、あちこちに及んでいる。参院選の候補者にも“被害者”がいた。 愛知選挙区で出馬している公明党の里見隆治氏(48)は、元厚労省のキャリア官僚で東大出身。学生時代は舛添ゼミに所属していた。厚労省に勤務時も、ちょうど舛添氏が大臣に納まり、里見氏は国会連絡室長として、頻繁にやりとりをしていたという。 里見氏はそ…

ジャニーズ事務所は期待か

都知事選にパパ出馬なら 櫻井翔はテレビ出られなくなる?

舛添要一都知事の辞職で都知事候補に何人もの名前が挙がっている。なかでも注目なのは「嵐」の櫻井翔のパパで、総務省事務次官の櫻井俊氏(62)。 本人は取材に「出るつもりはない」と出馬を否定しているが、最終的に出馬となれば、ピンチなのが当の嵐。テレビ出演すれば“選挙応援”になってしまう可能性が高く、出演を自粛するしかなくなるというのだ。 「バラエティー番組でも出演自粛にな…

往生際の悪さは史上最低

巻頭特集

厚顔ゲス舛添知事 ようやく辞意示唆までの茶番劇と舞台裏

4時間の長丁場の最後に、舛添要一都知事は「委員長!」と手を挙げると、こう切り出した。 「(不信任決議案の提出は)少し猶予を頂きたい」 不信任案が可決されれば、知事は辞職するか、議会を解散するしかない。いずれにしても選挙になるわけで、「選挙がリオ五輪の時期と重なるのは次期開催都市の東京にとってマイナス」と説明。そのうえで、こう続けた。 「知事の座に連綿としてしがみつく…

辞任する気なし

巻頭特集

自民も公明も一蓮托生だぞ “目クソ鼻くそ”の安倍と舛添

日本中から「辞めろコール」が噴出しているのに、「全力を挙げて都民のために働きたい」と続投宣言をした舛添要一都知事。 弁護士2人による「調査報告」で改めて分かったことは、この男が何から何まで「政治資金」で飲み食いし、モノを買っていたことだ。 「事務所で金魚を買ったから」と、「楽しい金魚の飼い方」という本を政治資金で購入。「江戸流そば打ち」という本も、「そばを打ちながら…

同じ穴のムジナ

ひねくれスポーツ論

舛添都知事はリオ五輪も往復1stクラス、高級スイート泊?

まあ4年後までジイサマが会長で、舛添要一が都知事でいられるこたぁあるめえから、みんなまいっか、と思っているかもしれない。あらためてはっきりさせておきたい。 いいかみんな。リオの閉会式でスポットライトをハゲ頭で反射させつつ、あのケチな因業野郎がリオの市長から五輪旗を受け取って、振り回すのが全世界に生中継されるんだぞ。 前回のロンドン五輪閉会式で、イノセが目いっぱい背…

1日だけのツービート復活

「せこ過ぎる」 ビートたけしが舛添都知事をメッタ斬り!

スキャンダルについては“大先輩”らしくおもんぱかったのとは対照的に、「やることがせこ過ぎる」と一刀両断したのは、政治資金問題で玉虫色の発言を繰り返す舛添要一東京都知事(67)についてだ。 「精査なんかしなくたって、単なる万引の子どもを捕まえるみたいなもんだよ。チョロまかしただけなんだから。都知事の職は辞めた方がいいけど、問題は後任。うちのハゲ国原(東国原英夫)じゃ…

2時間も会見してゼロ回答

舛添都知事と自民“猿芝居” 強気居直りも追及する気なし

政治とカネをめぐる疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事。2時間超に及んだ20日の定例会見は同じフレーズの繰り返しだった。「第三者」という言葉を50回も連発した。 記者から疑惑の説明を求められても、「政治資金規正法に通じた第三者の弁護士に調査を依頼する」の一点張り。あらゆる質問を突っぱねた。調査がまとまるまで自分の口で話すことはないという。しかし、それでいて弁護士…

釈明会見をする舛添都知事

日本経済一歩先の真相

熊本のためにも政治資金のムダを改めよ

おびただしい数の政治資金の私的流用がバレた舛添要一都知事の釈明会見のことだ。愚にもつかない言い逃れにもあきれたが、カネの使い道もあまりにもバカげている。 自宅近くの天ぷら屋や別荘近くの回転ずし店で舌鼓を打ち、ネットオークションを通じて趣味の美術品を収集する。正月休みには2年続けて夫人と子供と一緒にレジャーホテルに出かけ、「♪ゆったり、たっぷり、の~んびり」と温泉につ…

豪華別荘(右)も会社名義

血税タカリだけじゃない 舛添知事“租税回避”のセコイ手口

舛添要一都知事(67)の見苦しい言い訳会見の直後から、都庁には批判電話が殺到。すでに延べ1万件を超え、鳴りやまない電話の応対に、職員たちは「仕事にならない」と悲鳴を上げている。とはいえ、居直り知事には馬耳東風だろう。散々血税にタカりながら、自身はセッセと「租税回避」に励んでいるくらいだから――。 ■ちゃっかり相続税逃れの疑い 毎週末に公用車で足しげく通った神奈川県・…

None

大醜聞でたちまち辞任も…舛添氏が辿る猪瀬前知事と同じ道

46・14%という低投票率の中、計200万票以上という自公の組織票がモノをいい、開票と同時に舛添要一・元厚労相の「当選確実」が出た都知事選。 自民党都連最高顧問の深谷隆司・元通産相は「自民・公明の組織戦ができた、と満足している」なんて語っていたが、さあ、いつまで浮かれていられるのか。 大新聞テレビは一切報じなかったが、選挙期間中から「政治とカネ」の疑惑がゴロゴロ出て…

None

「女ごとき」「男より欠ける」…舛添氏“消せない”女性蔑視発言

女性問題も何のその、都知事候補のひとり舛添要一元厚労相(65)は、意外やオバチャン人気が高いというから、不思議だ。 「先日、巣鴨商店街で遊説した時は、数十人のおばあちゃんにモミクチャにされながら握手を求められ、本人もまんざらでもない様子でしたね」(選対関係者) 舛添は、96年に結婚した3番目の妻、雅美さん(50)との間に子どもが2人、それとは別に2人の愛人が産んだ子…

None

都知事選 舛添陣営に「ウグイス嬢」がいないワケ

都知事選初日、全候補者のうち最も街頭演説の数をこなしたのは、自公両党が支援する舛添要一(65)だ。 「厚労相だった経験を生かし、世界一の福祉都市にする。皆さんで東京を世界一の都市にしませんか」と、JR新宿駅西口で第一声を張り上げると、吉祥寺、銀座、築地など都内7カ所を走り回った。 舛添選対も「17日間の選挙戦を常にこのペースで、できる限り多くの地域を回らせたい」と、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事