日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ニューハンプシャー州の関連ニュース

(米マンチェスター市警の

「ポケモンGO」で犯罪者逮捕? 米警察のFB投稿が話題に

米国で空前のブームになっている「ポケモンGO」、さまざまな波紋が広がっていると報じられているが、犯罪捜査にも役立つかも? 今月17日、米ニューハンプシャー州マンチェスター市警のフェイスブックにこんな呼びかけが投稿された。 「全地域のポケモンGOプレーヤーのみなさん、ご注目! 本署内の容疑者逮捕手続きを行う場所で『リザードン』を見つけました。リザードンは希少なキャラな…

None

ライバル猛追 米大統領選の民主“本命”ヒラリーなぜ大苦戦

2月9日に予備選があるニューハンプシャー州は、ヒラリー42%、サンダース48%と逆転している。 指名レースは、序盤で勝利した候補者が勢いに乗るケースが多い。2008年大統領選の民主党候補者選びでも、アイオワで3位に沈んだヒラリーは失速し、首位に立ったオバマが候補者レースを制している。今回も、サンダースが序盤で2連勝したら、そのまま突っ走る可能性がある。サンダースの強…

共和党のトランプ候補と民主党のヒラリー候補

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

共和党はトランプ圧勝、民主党はヒラリーが圧倒か

サンダースはニューハンプシャー州で大勝して勢いに乗るかに見えたが、黒人の比率が高い南部諸州ではヒラリー人気が依然として高く、太刀打ちできない。 しかも、ヒラリーはニューハンプシャー州で負けたあと、選挙対策本部が大がかりな集金活動を開始した。 米市民ではない筆者の元にもすでに15通ほどの献金を促すメールを送付してきた。27日に届いたメールの文面の最後はこんな具合だ。…

None

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

代表に選ばれるのは民主党ヒラリーと共和党トランプ

ニューハンプシャー州の予備選が終わり、米大統領選は本格的な選挙シーズンに入った。 同州では共和党ドナルド・トランプと民主党バーニー・サンダースが圧勝したが、2人は今後どういった戦い方をするだろうか。主要メディアは両候補にスポットライトを当てているが、2人が順当に勝ち進むとは限らない。予備選は6月14日まで全米50州で行われる。 ただ共和党に限ると、トランプ有利と述べ…

None

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

ハデな集会の裏側で地道なドブ板合戦

米大統領予備選でアイオワ州の次に9日行われるのが東部ニューハンプシャー州。森と湖に囲まれた美しい州だ。 人口の9割を白人が占め、教育レベルが高いことでも知られている。有権者の約4割が無党派であるため、各候補は浮動票を1票でも多く奪おうと必死だ。 同州の世論調査で苦戦を強いられている民主党ヒラリー・クリントンは今月6日、大西洋に面したポーツマス市で戸別訪問を行った。ス…

延長14回に決力尽きた東海大市原望洋の金久保(右)と14回を投げぬいた滋賀学園の棚原(左)

メジャーリーグ通信

米国の「投球数制限」は高校野球界でも徹底されている

また、ペンシルベニア州やニューハンプシャー州のように学年別の投球数を設けず、上限を100球から120球の範囲で定めている州でも、登板間隔を詳細に規定している。 こうした米国の状況を参照すれば、金久保や棚原のような投球数や、やはり今春の選抜大会で3連投し合計475球を投げた福岡大学付属大濠高校の三浦銀二の事例が、果たして適切なのか検討の余地のあることが分かる。 投球数…

トランプ氏(左)とヒラリー氏

日本外交と政治の正体

次期大統領がトランプでもヒラリーでも日米関係は厳しい

トランプは2月のニューハンプシャー州の勝利演説で「米国を再び偉大にする」とキャッチフレーズを強調。「我々は中国と日本を打ち負かす」と宣言して拍手喝采を浴びていたが、実はトランプは中国との結びつきが強いのだ。 米国には「EB―5」というビザがある。米国に50万ドルを投資すれば2年間のビザがもらえる制度だ。トランプが関与しているニュージャージーの開発プロジェクトには、こ…

選対委員長同士が火花を散らすヒラリーvsサンダース

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

ヒラリーvsサンダース 候補は選対がつくる熾烈な舞台裏

予備選序盤、ニューハンプシャー州でバーニー・サンダースに大敗を喫して以来、ムックは集金活動に全力を注いでいる。 というのも今年1月、サンダース陣営に初めて、月別の集金総額で560万ドル(約6億3000万円)も差をつけられたからだ。ムックは米メディアに語っている。 「(負けた週が)今回の選挙で最も重要な週でした。何しろ、サンダース陣営は、こちらの3倍ものカネを使ってテ…

余裕のサム・アップ

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

“全米の縮図”の州で勝利 トランプに早くも安定感

ニューハンプシャー州で大敗したこともあり、勝負の流れはサンダースに移ったかに見えた。 だが多くの世論調査が行われる中で、サンダース有利の調査結果を出していたのはFOXニュースだけだった。NBCニュースとウォールストリート・ジャーナルの共同調査では、クリントンは依然として11ポイントのリードを保つ。 さらに3月1日に行われるスーパーチューズデー(14州での同時予備選)…

ジェーン夫人と支持者に手を振るサンダース氏

巻頭特集

日本でサンダース旋風が吹かないのはなぜなのか?

サンダースは民主党の候補者指名争い第1戦のアイオワ州ではクリントンに敗れたが、第2戦のニューハンプシャー州では大逆転。20日に予定されている第3戦のネバダ州でも、米CNNの世論調査ではクリントン48%、サンダース47%とほぼ同数だ。昨年10月の調査ではクリントン50%、サンダース34%だったから、ヒラリーは完全に尻に火がついている。これは「まさか」もあり得るんじゃな…

None

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

サンダースがヒラリー対抗馬に躍り出たもう“ひとつの理由”

ヒラリー・クリントンを脅かす民主党バーニー・サンダース上院議員がニューハンプシャー州で勝って以来、白髪の74歳にスポットライトが当たっている。 ■20年前からあの白髪と大きな眼鏡 実は約20年前、筆者はサンダースにインタビューしている。サンダースがまだ米連邦下院議員だった頃だ。当時、連邦議員の中ではただ1人無所属だった。筆者はワシントンでジャーナリスト活動をしており…

None

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

メディア操作では最も老練なトランプ

民主党バーニー・サンダースのジェフ・ウィーバー選対委員長は、アイオワ州からニューハンプシャー州で、サンダースに辛辣なヒラリー批判をやらせた。ヒラリーはウォールストリートから多額の選挙資金を受理すると同時に、体制側(既得権益)に入ってしまったという批判だ。それに対しヒラリーは、「不正な資金ではない。むしろサンダース陣営はネガティブキャンペーンをやり過ぎている」と非難…

None

誰が勝つ 「米大統領選」核心リポート

注目は“全米の縮図”サウスカロライナ州

来週9日に行われるニューハンプシャー州の予備選では民主党サンダースと共和党トランプが優勢。無党派層とリベラルな有権者の比率が高い同州では、2人がそれぞれの1位を奪いそうだ。 ■黒人比率が高く軍関係者も多い それよりも今月中旬のサウスカロライナ州の共和党予備選が興味深い。というのも、全米の縮図となる意味合いが強いからだ。南部州で黒人の比率が高く、白人の福音派がいると…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事