日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「谷原秀人 態度」に関する記事

サインを投げ返した“前科”がある片山晋呉

“傲岸不遜”目立つ男子プロは「ジャンボ時代の負の遺産」の声

谷原秀人、藤本佳則らも自分に不都合なことがあればすぐふてくされる。そういったジャンボに憧れてプロになった連中が、ツアーの主流を占めているから、見ていて気分が悪くなるのです」 確かに過去にはジャンボ尾崎のおかげで男子大会の人気が上昇し、試合数が大幅に増えたこともあった。みんなジャンボにオンブに抱っこで甘い汁を吸ってきたから、ジャンボの目に余るルール違反やマナーに反した…

練習ラウンドで弱音

「疲れた…」2週連続優勝かかった池田勇太の“腰抜け”発言

池田はトッププロとしての自覚が足りないですよ」 池田は初日、谷原秀人と昨年覇者の小平智と7時44分に10番からスタート、6ホールを終えて1オーバー。…

None

注目女子プロの凄みと弱み

菊地絵理香 仲間と群れず、強い意志を持つ勝負師の雰囲気がある

オフは谷原秀人プロのキャディーからパター練習法を聞き、ロングパット練習が中心になり、短いパット練習を少なくしたそうです。非常によかったと思います。 短いパットはどうしてもカップに入れることばかり意識してしまい、スピードとラインを合わせるのが難しい。ロングパット練習でタッチとラインが研ぎ澄まされてきたのです。 また、韓国選手の100ヤード以内の精度の高さを目の当たり…

竹谷佳孝

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

スナックゴルフで子供たちに完敗

全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグ…

竹谷佳孝プロゴルファー

小っちゃな業師 竹谷佳孝ツアー日記

スナッグ大会の子供たちからエネルギーをもらった

全国の予選会を勝ち上がった22校の小学生と一緒に戦う我がドリームチームの顔ぶれは谷原秀人、藤本佳則、塩見好輝、平本穏、片岡大育と僕の計6人。 楽しくプレーするつもりでしたが、子供たちの真剣なまなざしにプロは皆、驚かされました。 そこで、開会式の挨拶では大人げなく、「プロとしての意地とプライドを懸けて戦います」と宣言したほどです。 僕自身はゴルフ伝道師としてスナッグ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事