日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

センターコートの関連ニュース

None

全豪OP3回戦進出の錦織に“気まぐれ天気”という難敵

猛暑の中での試合でも、トップ8シードの錦織選手は、必ず開閉式の屋根のあるセンターコートや準センターコートで試合ができます。この大会には“猛暑ルール”があり、ディレクターが気温や暑さ指数などから判断して屋外コートなら試合を中断させたり、屋根付き会場なら屋根を閉めて空調を効かせてから試合を行う。仮に昼の試合が続いても、錦織選手は米国のフロリダを拠点にしているので、現地で…

「アグレッシブにいった」と錦織

錦織 逆転で2年ぶり3回戦進出「アグレッシブにいった」

セットカウント3-1で下し、伝統の大会のメーン会場であるセンターコートで初勝利を挙げた。 今大会を前に左脇腹を痛めてプレーに精彩を欠く錦織。試合前の練習コートでは七分程度の力でウオーミングアップを繰り返すなど、不安をのぞかせた。動きにキレのない錦織は、立ち上がりに力のないサーブをベネトーに攻められ、相手の強打にも押されて第1セットを4-6で落とす。 「(第1セット後…

錦織にとって恵みの雨となるか

全英2回戦は雨天順延…錦織圭「左脇腹痛」の深刻度

仕切り直しの試合はセンターコートで行われる。…

2日がかりで初戦を突破

テニス錦織圭 噂の彼女が「ファミリーボックス」デビュー

その試合、雨の中で錦織がプレーするセンターコートに熱い視線を送っていたのが、交際中のモデル、観月あこ(24)だ。観月は4月のバルセロナ・オープンも現地で観戦していたことを週刊文春が報じていたが、その時の応援は観客席からだった。それが今回は、家族やコーチ、関係者が座るファミリーボックスに入っていた。 現地にいる放送関係者がこう言う。 「彼女がファミリーボックスに入っ…

リオ五輪出場が有力視される錦織圭

錦織のメダルに影響も リオ五輪テニス会場に建設遅れ発覚

昨年10月にはメーン会場となるセンターコートが完成。すでに工事は9割程度完了しているそうだが、市当局は現時点で完成の見通しすら明らかにしていないという。 リオ五輪のテニスは日本から世界ランク7位の錦織圭(26)の出場が有力視されており、メダル取りに期待が集まる種目のひとつ。サブコートなど周辺環境が整わなければ、選手たちのプレーにも何らかの影響を及ぼすのは必至だ。 リ…

None

テニスはバブル真っ盛り 錦織は全仏8強でも賞金3500万円

全米や全豪は、センターコートにビッグカードをもってきて昼と夜の部の2部に分けて売り出し、収入を伸ばした。ニューヨーク・タイムズによれば、全米オープンテニスが開催される2週間のチケット収入は、ヤンキースの年間チケット収入を上回るそうです」 人気面では、多彩な技を繰り出す錦織選手も無視できないという。 「今回の全仏はテレビ東京が地上波独占放送をしている。さらに今年のウィ…

None

錦織が3回戦進出の全仏 今年は球足遅く「ナダル有利」の指摘

全仏テニス男子シングルス2回戦(27日)に臨んだ第5シードの錦織圭(25=世界ランク5位)は、センターコートでトマス・ベルッシ(27=同40位)と対戦。前週のジュネーブオープン(クレー)に優勝している188センチのサウスポーが放つ、重くスピンの利いたサーブに苦戦するも3-0で勝った。 「タフな試合だったが勝ててよかった。(相手は)クレーで調子よかったので、いつもより…

None

錦織戦中継でBS朝日平謝り 「大会の都合」と“偽装テロップ”も

試合直前まで錦織が試合を行うセンターコートの写真を掲載しながら「生放送」を謳っていた。 ところが、実際に現地で試合が始まった日本時間午後6時になっても、テレビ画面では一向に試合が始まらない。その代わりに、21日に行われた錦織の2回戦の映像がひたすら流され、日本のスタジオから時折、「現地からの映像が届かないため遅れています」とアナウンサーの困惑した声が聞かれるだけだっ…

None

テニス全仏オープンが賞金増額 錦織圭にもビッグチャンス

チャレンジシステムはなく、センターコートにも照明がないため、ゴルフトーナメントのように日没サスペンデッドもあるのが特徴だ。球足も遅いためビッグサーバーのアドバンテージが減り、ストローク戦を得意とする選手が活躍する。つまり錦織にも優勝のチャンスが十分あるのだ。 とはいっても、全仏といえばナダル(28・同5位)の独壇場だ。昨年は史上初の大会5連覇を成し遂げると同時に、大…

錦織圭vsジョコビッチ/(C)AP

ジョコビッチから頂点奪う 錦織圭に必要な4つのポイント

世界5位なら大会の初っぱなからセンターコートやスタジアムコートで試合を行う。観客席には1万人近いファンがいるし、海外メディアのインタビューや取材機会も増える。 「これまで以上に注目度が増し、試合以外のことで神経を使うケースが多くなる。気持ちの切り替えが大事です。4つ目のポイントは下位選手との戦い方。格下との戦いには時間をかけたくないが、相手も研究してくる。錦織は攻撃…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事