日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

金井清一特集

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

両肩は両足甲の上にくる

「左足のつま先を目標方向に少し開いた分、右足は多少下げて(後ろに引いて)クローズ気味に構える」 スタンスの向きについて、金井清一プロにこう教わったことがある。 左のつま先を開いて構えるとオープン気味のスタンスになるので、右足を少し後ろに下げて構えると左サイドがしっかりするというのだ。ただし、左かかとの前に置いたボールを真正面から見ようとすると右肩が前に出て、上体が開…

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

スタンスラインに沿ってしっかり振り切る

金井清一プロに聞くと、右から左を狙って大きく右に曲がるのはスタンスだけ左に向けボールは右足寄りに置いてあるためだという。左足を引いてオープンスタンスに構え、ボール位置が中に入っているためにフェースが開いているうちに当たり、大きく右に切れていくのだという。 右に戻ってこないで、真っすぐ左に飛んでいくのは体が開かずに、腕がよく振れているためかもしれない。 ■ボール位置…

イラスト・ビッグ隆

飛ばすコツ伝授します

左ひじは下を向けて左わきをあけない

そうするとフォロースルーで左ひじが引けるのでインパクトでフェースが開いて当たり、かえってスライスする」 昔、金井清一プロを取材したときに、そう言われたことがある。左手をかぶせてグリップしてもスライスが直らないという人はぜひチェックしてみる必要がある。 「アドレスしたとき、左手の人さし指と中指の2つのナックルが見えるぐらいがよい。左手をかぶせてグリップするときは左手首…

スイング理論ウソホント

バンカーショットは振り抜きが大事

金井清一プロに聞くと、打ち込むだけではダメで、振り抜かなければ砂は爆発しないと次のように教わった。 「バンカーショットはフェースを少し開いておいて、ソールの後ろ側の出っ張っている部分(バウンス)を砂に打ち込んでやる。ソールの一番前の刃(リーディングエッジ)を打ち込んでやると砂にヘッドが深く入って振り抜けないので、砂は爆発しない。バウンスから打ち込んでやればヘッドは…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

アイアンは左わきを締めボールの近くに構える

そのことを金井清一を取材したときに聞いたら、「ボールの手前でいったんアドレスし、ボールのところにクラブをソールするとき、足を動かさずに両腕を伸ばしてボールにクラブを届かせようとしている人が多い」と言っていたことがある。 ボールのないところでアドレスするときは両わきを体につけて手は体の近くに構えているはず。だからボールの手前でアドレスしたらそれ以上手を伸ばそうとしない…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

テークバックは腰を中心に体をひねる

そういう人はお尻を壁にでもくっつけてアドレスし、バックスイングしてみれば腰がどうなっているか、自分で感じ取れると金井清一に教わった。 「両方のお尻を壁にくっつけてアドレスしてバックスイングしてみる。それで腰が構えた位置で回れば右側のでん部は壁についたまま、左側のでん部は壁から離れる。バックスイングしたとき、両方のでん部が壁についたままでは腰が横(右)に動いているだ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

素振りもボールを打つイメージをしっかり持つ

単に空中を振る素振りはやってもあまり意味がないので、「庭でマッチ棒でも立てておいて、それを飛ばす練習をするのがよい」と金井清一に言われたことがある。 そして、高橋が言っているように、素振りのときもボールがあると思って、アゴを下に向けたまま振り抜く練習を心がけたい。…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

アイアンはボール赤道の下にヘッドを入れる

左手を少し先行させてボールをとらえたら、アドレスしたときの右手首の角度を最後まで変えずに振り抜いていく」 そうすればボールをヒットしてから芝が削り取れると、金井清一に教わった。…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

トップから手とクラブは地面に向かって下ろす

一般アマチュアはどうして上体が早く開いてしまうのだろう? と金井清一を取材したときに聞いてみたことがある。 「ダウンスイングで右ひじを体に引きつけようとするのはよくない。左腰からダウンスイングを始めたら、右ひじを体に近づけようとしないで、手とクラブはトップの位置から地面に向かって下ろしてくる」 バックスイングするときは、手とクラブを体から後方に離すようにして上げて…

スイング理論ウソホント

バックスイングの正しい手首の使い方

金井清一プロは「右横にいる人と左手で握手する要領」と言っている。握手する要領で右横の人に向けて左手を伸ばしてやる。そして、左手の親指(シャフト)を立てて、アゴは左肩の下。そこからボールに向かってクラブを振り下ろしてきて、振り抜くときは今度は右腕が目標線と平行になるように伸ばしてやる。左横の人と右手で握手する要領。フォロースルーでも左手の親指を立ててグリップエンドを…

スイング理論ウソホント

壁に背をつけての素振りでスイングプレーンを知る

ではスイングプレーンを自分でチェックするにはどうしたらいいかというと、壁を背にして軽く素振りをしてみれば分かると、金井清一プロに次のような方法を教わったことがある。 壁に軽くお尻をつけておいてゆっくり素振りをしてみる。恐らくバックスイングでもフォロースルーでも、ヘッドが壁に当たる人が多いと思う。これはクラブを横に振っているためであるから、壁にヘッドが当たらないよう…

スイング理論ウソホント

ドーンとヘッドを打ち込んではダウンブローは打てない

ただし、アイアンは「右手首を曲げたまま右腕を伸ばしてやることが大事だ」と金井清一プロに教わったことがある。そうすればヘッドより手がやや先行し、ハンドファーストの状態でボールをヒットしてから芝が取れるようになる。 ダウンブローというと、ボールに向かってドーンとヘッドを打ち込んでやることだと思われがちだ。しかしそれでは右手首が早く伸びてしまって、インパクトで手よりヘッド…

スイング理論ウソホント

プロはアドレスで小刻みに体を動かしている

スイングする時のリズムの取り方について「イチ、ニの~サンと言ってスイングするとスムーズに振れる」と金井清一プロに教わったことがある。 アドレスした後、「イチ」と言ってフォワードプレスしたら、「ニの~」と言ってバックスイングし、サンで振り抜いていくという方法。 「イチ、ニ、サン」ではなく「イチ、ニの~、サン」と言ってスイングすると、トップからダウンスイングに移る時に…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

バックスイングはフェースを開いて上げる

「右側にいる人と左手で握手したのがバックスイング、左側の人と右手で握手したのがフォロースルー」と金井清一プロに教わったことがある。 (日本ゴルフジャーナリスト協会顧問・菅野徳雄)…

スイング理論ウソホント

バンカーショットはダフって打ってはダメ

「ヘッドを打ち込むというよりは、ソールで砂を削り取るような感覚」と金井清一プロは言っている。 渡辺司プロによると、ボールの3センチ手前に入れてやるのはリーディングエッジではなく、ソールのお尻(バウンス)のことを言っているのだという。 ボールの間際にリーディングエッジを構えておき、ソールのお尻をボールの3、4センチ手前に打ち下ろしてやると、リーディングエッジはちょう…

スイング理論ウソホント

バンカーショットでプロは下半身を動かさず振る

「腰を横に動かさずに上体だけをひねってバックスイングするには左ひざを前に向けたまま、中に入れないこと」と金井清一プロに教わったことがある。 フェアウエーでフルショットをするときは左ひざを内側に向けてバックスイングするのだが、バンカーでは左ひざを前に向けておいて手で上げるのだという。そして、バンカーショットは少なくともフェアウエーの倍以上のバックスイングをしないとボ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

バックスイングをあれこれ複雑に考える必要ナシ

「アドレスした位置からバックスイングを始めないで、アドレスしたら1メートルぐらい軽く振り抜いて、そこからバックスイングすると同じところにスムーズに上がる」 金井清一プロにそう教わって、ボールを打つときもアドレスしたら少し50センチぐらいフォロースルーを出してから、バックスイングして振り抜く練習をしたことがある。 アドレスして静止した状態から、スムーズにバックスイン…

None

私の時代 今の女子ツアー

プロなったのに「ハムエッグ作れる?」

そして合宿にいらしていた金井清一プロとトレーナーの田中誠一先生です。たぶん私が中・高校と陸上競技をやっていたから指導しやすいと思ったのでしょうか、「10年後に賞金女王になろうよ」と田中先生から言われました。金井プロは「なれるかなぁ」と首をかしげていましたが、一緒にトレーニングをするようになり、その通り10年後に賞金女王になるのです。 ゴルフ場所属の謝敏男プロからは…

None

私の時代 今の女子ツアー

賞金ゼロで月明りでパットの練習3時間

鳳凰へ合宿に来ていた金井清一さんや田中誠一先生とのトレーニングに加わるようになって、そばで学ぶことが多かった。 金井さんはゴルフで分からないことや疑問があると、年齢に関係なく誰彼かまわずいろんな人に話を聞くんです。そこで、私もそばにいて一緒に吸収しよう、聞いたことは全部やろうとしました。 そんな日々の練習をつらいとも思わずに繰り返し、84年の日本女子プロ選手権(4…

青木とのプレーオフを制してニホンシリーズV

プロ求道

一瞬たりとも気を抜いたらプレーオフに勝てない

初めてのプレーオフは1981年関東プロで、金井清一さんとです。 最終18番ホールのバーディーで追いつき、「その勢いでいける」と思ったのですが、1発目にOB。初体験だから打ち急ぎがミスの原因でした。 もっと慎重にやるべきだったという反省が生きたのが、その年の日本シリーズです。ミスしないように1ホール目に1.5メートルのバーディーを決めて、青木功さんに勝ちました。 3…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事