日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡田繁幸に関する記事

2年前の京成杯を地方所属馬で制す

甲斐谷忍の「競馬人生」

馬体や距離、競馬場の適性まで見抜く 岡田繁幸氏の凄み

「マイネル・コスモ軍団の総帥ともいうべき、岡田繁幸さんが、グリーンチャンネルの『競馬場の達人』という番組に出演したときです。この番組は、競馬場で馬券を買うゲストを追いかけて、その買い方を参考にしたり、笑ったりする内容。負けて帰る人がほとんどですが、岡田さんは番組冒頭で『競馬に携わる仕事をしている立場上、この道を究めれば勝てるということをここで証明します』と言い切っ…

キャリアハイを更新中で絶好調の柴田大

木津のジョッキー直撃!

【朝日杯フューチュリティS】柴田大 トラスト巻き返す

軍団の総帥である岡田繁幸氏の期待馬トラストの手綱を取ってGⅠを勝つためだ。 ――前走を振り返ってください。 柴田大騎手「体は12キロ増えていましたが、重さは全くなく、札幌の時よりさらに良くなったなという感じでしたね。緩かったのが、芯が入ってどっしりしていました。でも、レースで折り合いを欠いてしまって」 ――2番手からになりましたね。 「スタートはポンと出たんですが、…

札幌2歳Sで初タイトル

直撃!!生産牧場

トラスト中本牧場(北海道・新冠)

そんな中小牧場がクラシック路線に送り出す期待の星は、マイネルでおなじみの岡田繁幸氏がオーナーだ。 「母、グローリサンディは気性が激しくて、子馬と一緒に牧場に出すと、一頭でガーッと走り出しちゃうんだ。それで、子馬はお母さんを追いかけるだろ。トラストは、当歳から音を上げずついていけて、『いい脚があるな』と見ていたんだ。一つ上の全兄も、そこそこ動いたので、岡田さんの目に留…

修学院Sを好時計勝ち

武田記者 データがベース

【木曜中山11R・中山金杯】ストロングタイタン快進撃

ちなみに、現在“ウイン”の代表を務めているのはマイネル軍団を率いる岡田繁幸氏の三男・義広氏で、両者は提携の間柄だ。 前記した4頭のうち逃げ切りが2頭で、ウインプリメーラは3番手からの抜け出し。ラクリマは[4][5][6]で、いずれも先行脚質という共通点も。 ならば、狙いはマイネルハニー。前走・チャレンジC勝ちのラスト1Fは13秒0も要したが、勝ち時計からこの数字を…

馬より厩務員を!?

甲斐谷忍の「競馬人生」

【パドックの見方】シロウトが相馬眼を極めるの無理。ならば…

見える人の初回に登場した岡田繁幸氏は絵が得意で、漫画家の甲斐谷氏はこんなアドバイスを受けたことがあるという。 「馬の絵を描くことと馬を見ることは同じです。馬の絵を描き続けて、いい馬の形を覚えれば、勝てる馬を見つけられるようになります」 さすが競馬専門チャンネルの馬券購入番組で、相馬眼を駆使してプラス収支を計上した男だ。短距離と長距離の馬体の違いや芝とダートの適性の違…

ロゴタイプの皐月賞制覇もM・デムーロ(左が吉田氏)

甲斐谷忍の「競馬人生」

見える人 吉田照哉氏

「マイネル・コスモ軍団の総帥・岡田繁幸さんが馬体から適性を読み解くプロなら、照哉さんは調教過程などから体調をチェックするプロだと思います。なぜかというと、社台ファームの生産馬や照哉さんファミリーの所有馬が人気薄で激走することがある。そういうときは、概して外国人やリーディング上位の騎手に乗り替わっています。照哉さんは“体調よし。勝算アリ”と判断すると、乗り替わりで勝…

国内最終戦のJCを快勝

甲斐谷忍の「競馬人生」

「凱旋門賞を勝てる馬」がすべての軸

(次回は、“見える人”の一人、岡田繁幸氏について)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事