日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田賢一 ヤクルト」に関する記事

巨人、阪神も興味を示す中日・山井/(C)日刊ゲンダイ

監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”

昨年獲得に乗り出した中田賢一はソフトバンクにさらわれたが、今年はさらなる資金の上積みもあるかもしれない。争奪戦が予想されるオリックスの金子千尋(30)もマークを続けている。 人件費はバレンティン、ミレッジに今年は計4億円程度の大金を投じているものの、日本人選手に限れば、12年度から約2億円の圧縮に成功。不調のナーブソン、カーペンターの2人の助っ人の契約延長は微妙で、…

7年ぶりの復帰なるか/(C)日刊ゲンダイ

次期監督候補に古田敦也氏 ソフトBとDeNAで“争奪戦”

今年は李大浩や中田賢一など他球団の主力を大型補強し、リーグ優勝は孫オーナーの“至上命令”です。だからリーグ優勝を達成しても、日本一にならなければ退団は決定的とみられている。今季で6年目の長期政権になった本人も、勝っても負けてもそろそろ潮時という気持ちでいる。ソフトバンクにはめぼしい後任監督がいない。ホークスOBでいえば、王会長が評価する城島がいるが、趣味の釣りなどに…

None

ソフトバンク入り中田賢一が吐露 「やっぱり先発がやりたい…」

まずは競争に勝って先発ローテに入らないと、話になりませんからね」…

None

評論家、OBも太鼓判! バレンティン「今季は70発」の根拠

代表的なのがスタンリッジ(阪神→ソフトバンク)と中田賢一(中日→ソフトバンク)です。スタンリッジには3打数無安打、中田とは7打数1安打で打率.143、1本塁打。打てなかった投手との対戦が減るのはプラスです。一方、打率.417、4本塁打(対戦投手の中で最多)とカモにしていた大竹寛が広島から巨人に移籍。狭い東京ドームでの対戦が増え、さらに本塁打数が増えるかもしれません」…

None

巨人 “FA大竹争奪戦”から「いち抜けた」の深謀遠慮

宣言している広島の大竹寛(30)はソフトバンクと楽天、中日の中田賢一(31)はソフトバンクと阪神、西武の片岡治大(30)は楽天とすでに交渉を終えている。 5億円や10億円などと大金が報じられる中、当初はこの3人に興味を示していた巨人が、今のところは表立った動きを見せていない。やけに静かだと思っていたら、やはり水面下で動いていた。というより、動くのをやめていた。 ソ…

None

複数球団ラブコール “ブルペンエース”の中田賢がなぜFA1番人気?

中でも中日から宣言した中田賢一(31)を巡っては、巨人、阪神、ソフトバンク、ヤクルトが獲得に参戦。ソフトバンク、阪神は3~4年の複数年契約を準備し、ヤクルトも球団を挙げての獲得を目指して、背番号「17」を用意している。 中田は、金銭と人的補償が必要ない「Cランク」選手とみられることが人気の要因のひとつとなっている。しかし、05年から8年間の通算成績は57勝45敗。2…

昨オフは8億円カットした落合GM/(C)日刊ゲンダイ

即戦力の補強資金捻出で…中日は今オフも“大寒波”襲来確実

昨年の中田賢一と同様、FA宣言後の残留を認めれば、巨人、阪神など複数球団が獲得に名乗りを上げるとみられている。 「年俸7000万円の中田は昨オフ、4球団の争奪戦の末に4年最大6億円でソフトバンク入りした。山井は36歳という年齢的なハンディを考慮しても、2年総額4億円、球団によっては3年総額5億~6億円程度にまで膨らむだろう。中日も誠意を見せないといけない。その分、他…

None

中田賢に4年総額10億円約束…問われるソフトBの「眼力」

中日からFA宣言し、ソフトバンク入りが決定した中田賢一(31)のことだ。 ソフトバンクは4年契約を提示。出来高を加えると最大で10億円に達する大型契約となった。今季年俸は7000万円だから、破格の待遇といえる。 中田を巡っては、阪神も4年契約、ヤクルトも4年5億円プラス出来高といわれる条件を提示したとみられている。中田と交渉したこの3球団に加え、巨人、楽天なども水面…

None

FAで大激突 巨人がソフトバンクに負けられない理由

両球団はFA宣言した中日の中田賢一(31)、広島の大竹寛(30)の2投手の獲得を狙う。交渉解禁となった15日、早速攻勢をかけたのはソフトバンクの方だった。 名古屋市内のホテルで中田と初交渉。小川編成・育成部長は「どこにも負けない条件を提示した」と胸を張り、中田も「頑張っただけ評価してもらえる金額提示をしていただいた」と納得の表情を見せた。福岡出身だけに「地元という…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事