日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

永井秀樹に関する記事

花嫁になる日は?/(C)日刊ゲンダイ

観月ありさ ギネス更新も気がかりな“アノ社長”との結婚話

『出入禁止の女』の撮影で京都に行ったのは、距離を置くことで頭を冷やす意味もあったのではないか」(芸能ライター) 観月はこれまで、サッカーの永井秀樹選手、歌手の光永亮太、滝川クリステルの弟でモデルの滝川ロラン、そしてつるの剛士、上地雄輔とおバカユニット“羞恥心″を結成していた野久保直樹など多くのオトコと噂になった。しかし、結婚には至らず。交際と破局を繰り返し、学んだこ…

アネゴ肌/(C)日刊ゲンダイ

年商150億円社長と結婚報道 観月ありさ“男の履歴書”

99年にJリーガーの永井秀樹との交際が報じられた後は、04年にミュージシャンの光永亮太との関係が明るみに。しかし、あっという間に雲散霧消。その後は永井大、滝川クリステルの弟のロラン、清水アキラの三男の清水良太郎、野久保直樹などとウワサになった。 「彼らは飲み友達の延長レベル。本気で結婚を考える相手ではなかった。観月は自他共に認めるアネゴ肌。交友関係も広く、毎年クラブ…

None

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

「美しいサッカーは人を感動させる」

すべてが今の「永井秀樹」の血となり、骨となり肉となっています。 今回でひとまず筆をおきますが、いずれまたゲンダイ紙上でお目にかかることができましたら幸いです。ご愛読、ありがとうございました。(おわり)…

敬愛するラモスさんと2ショット

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

ラモス瑠偉さんに引退を報告したら1時間説教されました

ヴェルディサポーターの皆さま、サッカーを愛するすべての皆さま、そしてゲンダイ読者の皆さま、2017年の新生・永井秀樹もよろしくお願いします!…

リオ五輪コロンビア戦での手倉森監督

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

サッカーの監督には「器の大きさ」が必要

大沢先生の器の大きさに救われ、プロサッカー選手としての永井秀樹が生まれました。 プロ生活25年目を迎えましたが、あの時の感謝を忘れたことは、ただの一度もありません。…

17日にようやく全体練習に復帰した

45歳Jリーガー プロ25年目の真実

リハビリ・別メニュー帰還はつらくて厳しいもの

必ずピッチで永井秀樹らしいプレーをお見せしたいと思います。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事