日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

読売ジャイアンツの関連ニュース

怒り心頭のV9戦士の黒江氏

「長嶋さんもカリカリ」V9戦士黒江氏が巨人賭博問題に怒り

鹿児島高校から杵島炭鉱、日炭高松、立正佼成会を経て1964年に読売ジャイアンツに入団。堅実な守備で巨人のV9を築いた。現役当時の愛称は「豆タンク」。35歳で現役を退いたあとは、コーチとして長嶋茂雄、王貞治らの名将を支え、6球団で通算12度のリーグ制覇、4度の日本一に輝いた。現在は野球評論家として活躍中。…

ロンドン五輪、田中理恵の床運動は信田美帆さんが振り付け

あの人は今こうしている

「太陽とシスコムーン」信田美帆さんは体操イベントで大忙し

けど、結局、月曜から金曜の朝9時半から5時半まで脇目も振らず、きっちり働いてました」 その後、25歳の時、読売ジャイアンツのマスコットガールのオーディションを受け、“ファイアーガールズ”として1年活動。そこからつんく♂プロデュースの「太陽とシスコムーン」(00年の解散時は「T&Cボンバー」)に続いた。その恩師ともいうべき、つんく♂は今年4月、咽頭がんのため、声帯を摘…

「2015年版 プロ野球 問題だらけの12球団」小関順二著

一方、セ・リーグの読売ジャイアンツはレギュラーの顔ぶれは一流だが、ベテラン偏重で若手が台頭しづらい環境に陥っていると忠告。さらにドラフトの結果を踏まえ、各球団の数年先のチーム状況まで予測。プロ野球観戦が一層楽しくなるファン必携本。 (草思社 1500円+税)…

フライデー誌面から

写真家・小原玲の「シャッター無頼」

巨人・定岡の小指が立った瞬間に「いまだ!」

85年のシーズン開幕まもなく、読売ジャイアンツ球場(神奈川県川崎市)で練習の合間に何やらゴニョゴニョと雑談している様子を撮影しました。当時、ナンパな野球選手として有名だった定岡が1、2、3……と指折り何かを数えていた。で、小指が立った瞬間、「いまだ!」とシャッターを押しました。写真は大きく誌面を飾りました。 見出しは〈定岡は「コレ」で勝ち投手になれなかった〉。それに…

飛びます、飛びます?

スポーツ難癖口上

あの巨人投手が梅さんならば大相撲 高安は二郎さんで決まりだろい!

読売ジャイアンツのピッチャー「西村健太朗」……。 以来わが家じゃ、 「昨年は二軍が長かったけど、今年はひと花咲かせてほしいよね梅さん!」 今じゃ通り名「梅さん」、そんじゃ梅さんって誰のこと? と改めて問われても「西村健太朗」のほうが出てこなかったりする、ちょいと個性派(というか顔)で並びなきアスリート梅さんを贔屓にしとるんである。 わが家じゃ相撲でも断然「二郎さん…

北見けんいちさん

熱中人大集合「お宝拝見」

北見けんいちさん(漫画家)

読売ジャイアンツのファン。…

None

二極化・格差社会の真相

説教強盗型オレオレ詐欺内閣の絶望

野球賭博にまみれる読売ジャイアンツが平然とCSに出場した。強い立場の者は何をしても構わない時代の現実が、こんなところにまで現れてしまっているというのだろうか。…

通算60勝71敗6S/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

日ハム元エース木田勇さんは女子硬式野球部監督でも“3冠”

リーグは読売ジャイアンツが後援していて、レベルは高いですよ。ウチは09年に全日本女子硬式野球選手権、全日本女子硬式クラブ野球選手権、ヴィーナスリーグの秋季リーグ戦の女子硬式野球の3冠を達成し、ワタシが監督に就いてからも去年、全日本女子硬式クラブ野球選手権で優勝しました」 ■元日ハムのスカウトにバッタリ会って監督業へ 日ハムの元同僚だった投手、岡部憲章さんに誘われ、こ…

None

ロンブー淳 NHK新会長の“慰安婦発言”擁護でまた物議

11年には清武英利代表兼GMの言動で火がついた読売ジャイアンツのお家騒動に言及。<巨人軍のトップダウン…偉い人?偉くなった人が自分の意思だけで、現場を掻き回すのは良くない><糞食らえ!…もとい…排泄物お食べになって下さい♪>と、渡辺恒雄会長をミソクソにコキおろした。 12年には芥川賞受賞作をめぐる石原慎太郎選考委員の論評に、<爺さんの余裕が感じられない…あんな爺さ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事