日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

門前仲町の関連ニュース

乃木坂から門前仲町へ/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

“ミニウルフ”浪乃花さん チャンコ屋の雇われ店長になっていた

浪乃花さんと会ったのは地下鉄門前仲町駅から歩いて5分、マンション1階にあるチャンコ屋「天海地」。 「以前は乃木坂でやってたんですよ。でも、いろいろあって、去年4月、ここに移ってきました。以前は自分がオーナーでしたが、今は別にオーナーがいる。つまり、雇われ店長ってわけです。もちろん、味噌、醤油、塩、カレー味のチャンコは毎日、最終的に自分が味見してますよ。そうでないと…

None

吉田類 大衆酒場100選

美しき女将の「一発」「二発」に顔を赤らめ…

■だるま 門前仲町 春の夕暮れ、飲み屋激戦区の門前仲町は、もう一杯ひっかけたとおぼしき飲んべえがひとり、ふたり。赤ら顔を照らすお天道様も「たまには明るいうちから飲んだって、いいじゃないか」と言っていると勝手に解釈して、人気店「だるま」の暖簾をくぐる。もう、4人もの先客がジョッキをあおっている。その目線の向こうには女将で美人姉妹の姉、江家理(こうけあや)さんの笑顔があ…

None

アスリートが通う整骨院 鍼と手技で疲れ目&腰痛スッキリ

看板の“月の輪酒造”の文字が目印

怪しさ120% 東京ディープ酒場

門前仲町 有名店近くの路地裏に佇む“日本酒専門”居酒屋

地下鉄東西線の門前仲町駅付近は、飲み助にとってパラダイスだ。永代通りを挟んで南北両サイドの路地に飲み屋街が連なる。どちらかといえば、南の越中島側の通りが賑やか。焼き鳥屋、赤ちょうちん、割烹、小じゃれたバー……と、なんでもござれ。通りが並行して2本もあり、散策するだけで気分がいい。 一方、北側エリアは、昭和情緒たっぷりの“飲み屋横町”・辰巳新道が存在感を示す。“東京五…

None

核戦争にどう備える

永田町に原爆投下 即死は45万人

国会議事堂から半径4・5キロというと、西は新宿駅や渋谷駅、南は白金台駅や泉岳寺駅、東は門前仲町駅や両国駅、北は東大前駅や茗荷谷駅あたりまでの広大な範囲である。地図を広げてみると、千代田区、中央区はこの中に丸ごとすっぽり入ってしまう。2010年の国勢調査を基にした東京都のデータによると、この2つの区の昼間人口は81万人と60万人。これに港区、新宿区、渋谷区、目黒区、…

None

核戦争にどう備える

爆心から4.5キロ以上離れ頑丈なビル内に入れ

窓ガラスは7.2キロメートルまで破壊する〉 霞が関から4.5キロ圏といえば、東は隅田川を越え門前仲町辺り、南は田町・芝浦付近か。西は表参道、北は文京区役所辺りまでがスッポリ入ってしまう。ここにオフィスがあるサラリーマンは諦めるしかない。 連載の1回目で「10秒後に衝撃波が半径3.7キロには達する」と書いたが、それとほぼ同時に猛烈な爆風が街に襲いかかる。鉄道も高速道路…

None

平成生まれの女流し・おかゆを直撃!

東京だと池袋、駒込、小岩、門前仲町などはよくお邪魔しています」 そんな女流しの噂を番組が聞きつけ、今回、中継担当に大抜擢された。 「中継では、お店にお邪魔してお客さんにリクエストされた曲を歌うのですが、特番の回で『兄弟船』をリクエストされまして。流しを始めて最初に歌った思い入れのある曲ですが、なんとその日のゲストが鳥羽一郎さん。いきなり“神”の前で歌うことになり、緊…

None

喜怒哀楽のサラリーマン時代

ふじいあきらさん 正社員を辞めても後悔なんかなかった

職場は門前仲町駅に近い大手証券会社のオフィスだった。 「一緒に部屋を借りていた友人を中心に6人の仲間が集まり、共同でプログラミングの仕事を請け負ってました。勤務は9時5時で楽チンでしたが、ココでも仕事が面白くない。というか、少し前に火がついてしまった手品にハマり出していた――という方が正解です。 新橋にあるスナックのマスターと知り合って、仕事と手品のことで悩んでいる…

舌調べの本棚

「大衆酒場の達人」久住昌之ほか著

そうか、月島の「岸田屋」、立石の「宇ち多゛」、門前仲町の「大坂屋」もない。なるほどネームに「撮影を申し込んだものの丁重に断られた」とある。 そうでしょうね。煮込みのうまい居酒屋は例外なくいい大衆酒場ですから人気店、スッと入れればラッキーというもの。 「もつ焼き番付」もすごい! 番付編成は「もつマニア」の浜田信郎、「ぶらり食記」の藤原法仁、「至高のはらわた」の天羽正登…

「ARISE」と同代表の林大樹さん

成功のヒミツ失敗しないコツ

食通は実践している 行列店の隣にこそ「隠れた名店」あり

「洋食とラーメン、業態は異なりますが、さぶちゃんに並んでいるうちに香ばしい揚げ物の匂いにつられて、グランに入店する行列客がたくさんいます」 ラーメン激戦区・門前仲町の超人気店「こうかいぼう」と隣の「純風」もこのパターン。町田のラーメン店「胡心房」と「ヌードルズ」も隣同士で繁盛している。 行列店の隣をあえて狙って突入してみるのもアリだ。…

看板メニューの「あんみつ」は中村アンの大好物

タレントが通う店 やってる店

下町育ちの中村アンが子供の頃から慣れ親しむ深川の名店「甘味処 いり江」

(住)東京都江東区門前仲町2-6-6 [電話]03・3643・1760…

「ロケ中は飲まない」と石倉三郎さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

“酒豪俳優”石倉三郎 京都からの誘いに「行くよ」と新幹線で…

自宅だったか、女房が女将をやってる門前仲町の小料理屋「花菱」だったか、忘れたけど、そのまんま財布だけ持って行きましたよ、京都。新幹線に乗っちゃえば、2時間20分ほどだし。 それで、祇園の小料理屋さんに着いたのが午後9時前。久子さん、俺の顔見るなり、ハトが豆鉄砲を食らったみたいな顔して、のけ反って座ってた椅子から落っこちた。隣に座ってた橋爪さんは「ホントに来たよ、この…

人間が面白い

「ありがとよ築地 魚河岸と生きた四十年」芝山孝著

生まれも育ちも門前仲町。4人きょうだいの末っ子だから、家業に入るつもりはなかった。ところが、就職も内定した大学4年のとき、祖父に言われた。「おまえも河岸に出ろ」。そして頭まで下げた。 祖父は13歳で魚市場の丁稚奉公に入り、身を粉にして働いて自分の店を持った苦労人。尊敬する祖父の言葉に心が動き、銀行マンになるはずが、築地で生きることになった。 修業の日々が始まった。…

五郎役の松重豊

孤独のグルメ こうして作ってます

探したお店に「常連を大切にしたい」と断られることも

断られ続けた揚げ句、悩んだ末に監督の行きつけにしていた門前仲町の居酒屋さんになった。ただ、問題もあった。原作では、井之頭五郎はお酒を飲まないんです。しかし、監督に皆が押し切られた状態で、もうやるしかなかった。でも、五郎が「つくねピーマン」をガリッと噛むシーンがとてもおいしそうに撮れて、結局、監督に軍配が上がりました。 店探しの苦労は今も同じ。「孤独のグルメ」の世界観…

カラオケスナックで美声を披露している/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

オペラ歌手が夢の元幕内・大至さん スナックで毎晩美声披露

会ったのは地下鉄門前仲町駅に近いカラオケスナック「ひびき」。目の前に現れた大至さんを見てビックリ。スキンヘッドの和服姿はどこかお坊さんのようでもある。 「知人に和服にしなさいといわれて着物を着るようになったんですが、道を歩いていると、むこうから和尚さんが来るよ、って話す子供の声が聞こえたり、ご住職は何キロあるんですか、と聞かれることもあります。ボクがかつては相撲取…

 (C)日刊ゲンダイ

築地新聞

【からめんや えん】(マーラータン+冷麺+台湾ラーメン)÷3!?

これまで六本木→門前仲町→月島の焼き鳥店で腕をならしてきたご主人。鶏の火入れ加減にはチトうるさいです。合鴨の塩焼きや照焼きあたりで、その腕をお試しください。 (住所)東京都中央区築地7─15─8 西春ビル1F (電話)03・6228・4782(休憩時間帯はつながらない場合あり) (営業時間)平日11時半~13時半、19時ごろ~23時ごろ (定休日)土日祝休 ※ランチ…

None

立ち飲み屋ばりの人気 “内食派”にうれしい試飲できるリカーショップ

門前仲町は深川不動の参道に2年前オープンした「折原商店」((電話)03・5639・9447)は、本醸造から純米大吟醸まで約160種類の日本酒を、すべて試飲させる。料金は1本の単価と量に応じて変わり、50ミリリットル200円~、110ミリリットル300円~。 「平日はサラリーマン客、休日はカップルや女性の一人客が多いですね。店でたらふく試飲して、結局買わずに帰るお客…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事