日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「広瀬すず 演技」に関する記事

今年も忙しくなりそう…

冬ドラ女優“辛口”通信簿

広瀬すず熱演「怪盗 山猫」 好調の裏に亀梨ファンの嫉妬

初回視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調なスタートを切った「怪盗 山猫」で、ヒロインの女子高生天才ハッカーを演じる広瀬すずの演技が視聴者から絶賛されている。 とりわけ視聴者を驚かせたのが、第1話のクライマックスシーンでの鬼気迫る演技。主演の亀梨和也演じる怪盗山猫に過去の罪を責められた時に、突然わめき散らし、髪を振り乱しながら感情を大爆発させたのだ。…

同世代女優を大きく引き離した

広瀬すずが脱清純派 映画「怒り」で見せた覚悟と渾身演技

女優の広瀬すず(18)がスクリーンで渾身の演技を披露。さらに評価を高めている。 17日から公開される映画「怒り」(李相日監督)。「悪人」などで知られる作家・吉田修一の同名小説が原作で、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛など豪華キャストが出演。「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄を舞台に描かれる群像劇となっており、広瀬は沖縄在…

None

広瀬すずを負かした杉咲花の実力

若手のトップに君臨する広瀬すず(18)を打ち負かしたともっぱらなのだ。というのも、主演と助演のダブルノミネートの広瀬がいずれも逃す格好になったから。 「前回は作品賞受賞作の『海街diary』で新人賞に選ばれた広瀬が脚光を浴びましたが、今年の杉咲は新人賞に加え、助演もゲットし、広瀬よりも女優として評価された。もともと子役だった杉咲の方が経験は長いんです」(映画ライター…

バラエティーとは勝手が違った

結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

CMも引っ張りダコで、正月三が日にオンエアされたCM出演本数は広瀬すずを抑えて374本とダントツ。まさに結婚バブルの真っ最中だ。 出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリ…

演技力は高評価/(C)日刊ゲンダイ

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待

女優の広瀬すず(15)が20日、純白のウエディング姿で登場。結婚情報誌「ゼクシィ」の7代目CMガールに抜擢された。 適齢期とは言いがたい起用だが、気にしてはいけない。 初代の加賀美セイラ(当時13)、2代目の加藤ローサ(同18)、4代目の倉科カナ(同18)と歴代のゼクシィガールも10代であった。 新CMではプロポーズされる女性を熱演。箭内道彦プロデューサーが「24年…

広瀬アリス(左)と門脇麦

広瀬アリスと門脇麦が演技で示した“1時間ドラマの条件”

また、既に演技力に定評のある門脇麦(22)はもちろん、広瀬アリス(20 広瀬すずの姉)も印象的だ。もがきながら生きる“見た目ギャル”を、まさに体当たりで演じていた。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

各界からひっぱりだこ!(C)日刊ゲンダイ

CM10本超 広瀬すず「日本一忙しい16歳」の知られざる苦労

大物役者は誰も出演していないため、TBSの『まっしろ』や『流星ワゴン』に比べたら超優等生のコスパぶりです」(日テレ関係者) 今回、このドラマをヒットさせた立役者が連ドラ初主演となるヒロインの広瀬すず(16)である。圧倒的な存在感と演技力を見せている広瀬のもとにはフジやテレ朝、果ては映画界からも出演オファーが殺到しているという。 「6月には映画『海街diary』も公開…

None

お騒がせ「美人姉妹」の裏のウラ

立場逆転も 巻き返す広瀬アリスと妹すずの恋愛に“共通点”

「ポカリ」CMで知名度アップ

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

英日ハーフの絶対美女 中条あやみは次期CM女王の有力候補

来春公開予定の広瀬すず主演の映画『チア☆ダン』では広瀬のライバル役を演じているのですが、広瀬ファンから“主役のすずが食われないか心配”という声まで上がっています。実際にキャスト発表の際に公開されたチア姿では完全に広瀬を圧倒してしまい、ネットでは『まるで公開処刑』などという声があがったほどでした」(芸能ライター) 現在はまだ学園のマドンナや美少女的な役どころのオファー…

活躍する広瀬姉妹(左は姉のアリス、右は妹のすず)

あれもこれも言わせて

芸能界の姉妹は広瀬だけなのか

先日発表された「2015 タレント別テレビCM広告主数ランキング」(ビデオリサーチ社)によると、首位に輝いたのは広瀬すず(17)で、その契約数なんと19社。いわれてみれば、あの「全部、出たと?」で物議を醸した、明星食品の「一平ちゃん夜店の焼そば」をはじめ、ソフトバンク、ロッテ、東京ガス、富士フイルム、レオパレス21……あのCMもこのCMもみんな、みんなすず。CMの女…

能年玲奈(左)と小泉今日子

芸能界引退危機 能年玲奈が迫られる生き残りへの“踏み絵”

昨年1月からの日テレ系ドラマ『学校のカイダン』主演の話を能年さんは反故にしてしまい、代わりに主演した広瀬すずは他にも映画『海街diary』などへの出演が続き、能年さんを追い抜いている。能年さんがこうした状況を冷静に分析し、判断できるかどうかの瀬戸際です」 女性演出家と離れるか、踏み絵を前にじっと考えているのかも知れない。…

黒髪・色白の石橋杏奈(左)と高梨臨

石橋杏奈&高梨臨に注目 16年は「黒髪色白」正統派美女がくる

結局、主役として大ブレークするのはオカッパ、丸顔の広瀬すず(17)だったりするのだが……。 (作家・松野大介)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事