日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「芦田愛菜 フジテレビ」に関する記事

芦田愛菜も来年には中学生

芦田愛菜の今後が気になるドラマ「OUR HOUSE」の視聴率

連続ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で大ブレークした芦田愛菜(11)だが、5年で命運が尽きた。 連ドラ低迷の中でも悲惨を極めたのがドラマ「OUR HOUSE」(フジ系)。9回放送の平均視聴率は4.5%で最終回は最低の3.3%を記録。5年前に放送された「マルモ」が最終話で最高の23.9%を記録して平均15.8%だったから、まさに月とスッポンというしかない。ちな…

主演ドラマが苦戦中

芸能界クロスロード

来年には中学生 芦田愛菜に迫る「役者か学業か」決断の時

芦田愛菜(11)主演ドラマ「OUR HOUSE」が初回から1桁の視聴率と大苦戦している。芦田は3歳で芸能界入り。6歳の時に一躍、注目されたのが5年前のドラマ「マルモのおきて」だった。今回と同じフジテレビの日曜9時台というのも皮肉であるが、主題歌もヒット。その年の「紅白」にも共演の鈴木福君と出演。「天才子役」と評された愛菜ちゃん人気は最高潮に達し、「子役ブーム」の立役…

本当に10歳児なのか…

演技が上手すぎて? 芦田愛菜のTV露出が減っているワケ

こんな壮大な夢を明かしたのは芦田愛菜(10)。今月上旬に都内で行われたイトーヨーカドー「ランドセル新CM発表会」に出席した際にこう言って周囲の大人をのけ反らせたという。 その愛菜ちゃん、11年放送の連続ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で初主演を務め、その後はCMに引っ張りだこ。歌手デビューも果たすなど大ブレークしたが、このところ、テレビで見る機会がバッタリと…

自慢の黒髪を30センチも切ったのに…

春ドラ俳優&女優 “辛口”通信簿

主演ドラマに打ち切り説 松下奈緒“キャラ変”失敗の大誤算

何しろ、今クール最低視聴率の「OUR HOUSE」(芦田愛菜主演、フジテレビ系)を下回る、全ドラマ中最低の数字を記録してしまったのだ。 ここまで数字が悪いと、座長である松下が“数字が取れない女優”と言われかねない。だが、松下はむしろ数字が悪くない女優といえる。例えば、石原さとみとダブル主演した「ディア・シスター」は、全話を通じて2桁視聴率を記録し、全話平均でも11・…

芦田愛菜はババを引かされた

フジまた惨敗 「OUR HOUSE」「早子先生」に打ち切り情報

芦田愛菜(11)とシャーロット・ケイト・フォックス(30)ダブル主演の「OUR HOUSE」(日曜21時)と、松下奈緒(31)主演の「早子先生、結婚するって本当ですか?」(木曜22時)。いずれもフジテレビ系のドラマだが、「ともに1~2話のカットが決定したそうです」(フジテレビ関係者)。当初の予定より放送回が少なくなるというのだから、これ、事実上の“打ち切り”である…

シャーロットと芦田愛菜ら人気子役3人でもドボン

「OUR HOUSE」も大惨敗 フジ日9ドラマまた失敗のお粗末

その子どもの主役は、しっかり者の長女・芦田愛菜(なんと中学生の役!)。他に子ども店長で人気だった加藤清史郎、寺田心ら人気子役のオンパレードである。 母親の死から半年、初めて日本に来たシャーロットを父親が紹介するシーンでは、シャーロットが「(4人の母親になるなんて)わたし、ムリ!」と言い、愛菜が「こっちだってムリ!ていうか、ナニジン!?」と初対面からやり合う。 その後…

幼いころから芸能界に身を置く子役たち

フジ日9「OUR HOUSE」初回大惨敗 “芦田プロ”にかかる重圧

天才子役の芦田愛菜(11)と、NHK朝ドラの“マッサン女優”ことシャーロット・ケイト・フォックス(30)がダブル主演を務める4月期クールの中でも注目の一作だが、大苦戦のスタートとなった。 この日の同時間帯は新作ドラマ3本がひしめき合う混戦模様。3番組の中で視聴者の心を最もつかんだのは、松本潤(32)主演のTBS日曜劇場「99.9―刑事専門弁護士―」(15.5%)。続…

None

フジ「日曜9時ドラマ」撤退決定情報

芦田愛菜(12)と朝ドラ女優のシャーロット・ケイト・フォックス(31)をダブル主演で起用した「OUR HOUSE」(16年4月期クール)から丸1年。来月23日スタートの観月ありさ(40)主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の放送終了をもって打ち止めとはあまりに早すぎる。 まあ、たしかに今期の小雪(40)主演「大貧乏」は全話の平均視聴率が4%台という散々な結果…

「ダチョウ倶楽部」になじんだ内山信二(中央)

内山信二の復活劇 他の“しくじりタレント”と何が違った?

芦田愛菜ちゃんが今まさにぶつかっている子役特有の“成長の壁”をさらさずに済み、大人への“脱皮”がうまくいったからです。今はスペシャリストよりもマルチが求められる時代。もともとの知名度はあるし、しゃべりも演技もできるとなれば活躍の場はさらに広がります」 34歳にして芸歴28年。2度目の“春”は調子に乗り過ぎないように。…

天才子役と呼ばれた2008年当時

吉田里琴は芸能界引退 “元天才子役”が直面する成長期の壁

逆に男は伊藤淳史のように売れない時期をバイトしてでも乗り切れる根性があれば、息の長い役者になれる」(前出の芸能プロ関係者) 現役最強の“天才子役”といえば芦田愛菜。現在は児童劇団に所属し、4月からは主演ドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)がスタート。4月からは小学6年生になるが、どう“壁”を乗り越えるのか――。…

主演の高良健吾と有村架純

あれもこれも言わせて

フジ「いつかこの恋~」は昭和世代ならどっぷりハマれる

脚本は芦田愛菜の出世作「Mother」の坂元裕二。プロデューサーの村瀬健も日テレから移籍した人物。これも日テレで放送したらもっと受けたはず。ああ、もったいない。…

シャープな輪郭が印象的

「どんどん顔が小さく…」前田敦子の“印象変化”にファン歓喜

映画のスペシャルアンバサダーを務めた前田は、吹き替え声優を務めた芦田愛菜(11)や鈴木福(11)らと一緒に記念写真に収まっている。 この写真がツイッターに掲載されると、<あっちゃんが可愛くてしあわせです><顔ちっさい><子役と同じくらい顔小さいってどんだけ>など、その小顔ぶりを絶賛する声が殺到。この話題はネット掲示板にも飛び火したが、一方で<面影すらない><本人かど…

お父さんの話を振った坂上忍

「お父さんいない」…人気子役・寺田心クンの“まっすぐな瞳”

ただ、芦田愛菜出演のドラマ『Mother』を見た母親が、3歳の心クンを芦田と同じ事務所に入所させたことが芸能界入りのきっかけだそうです」(マスコミ関係者)…

(Youtubeより)

坂上忍を困らせて話題 関西弁少女「エヴァちゃん」の注目度

芦田愛菜チャンや加藤清史郎クンのように大ブレークするか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事