日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「西野朗 監督」に関する記事

岡田氏、関塚氏、反町氏、西野氏(C)六川則夫/ラ・ストラーダ

「日本人なぜ出ない」釜本氏が外国人一辺倒の監督選びに異論

Jリーグ監督通算最多勝利数の西野朗氏(59)は、G大阪監督時代にACLを制して08年クラブW杯に出場し、準決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れたとはいえ、大会3位に食い込んでいる。代表監督候補にふさわしい経歴の持ち主といえるだろう。J2千葉の監督に内定したが、ロンドン五輪でベスト4に入った関塚隆氏(53)だっている。 代表監督の重責を担える人材が、日本人指導者の…

本田は「ぶっつけ本番でもあの1本を出せてホッとしている」とコメント

本田頼みと珍交代で豪と分け 「ハリルの限界見えた」の声

本田が年齢的なこともあって、衰えが隠せないのに“本田と心中する”ようなサッカーしかできない指揮官では、日本代表に明るい未来はありません」 日本サッカー協会の西野朗・技術委員長は試合後、報道陣からハリルホジッチ監督が「次戦(11月11日の強化試合・オマーン戦=カシマサッカースタジアム、同15日のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦=埼玉スタジアム)も指揮を執るのか?」と…

ハリルたっての頼みでベンチ入りしたことも

解任必至から一転 ハリル監督のクビつないだ“盟友”の退任

霜田さんが辞任したのは『日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)、技術委員のトップである西野朗委員長(61)とハリルの3人が“霜田抜き”で良好な人間関係を築き上げた方が代表チームにプラス』と判断したから。田嶋会長に西野委員長、もちろんハリル監督にも真意を伝え、了解を得た上で辞任した」(協会関係者) あくまで「負けない」が前提だが――。ハリル体制は、ロシアW杯本大会まで…

手倉森監督の胸中やいかに?

新技術委員長は“不要論者” リオ五輪サッカーOA枠どうなる

だが、3月27日に日本サッカー協会の新会長に就任した田嶋幸三副会長が、新技術委員長にアトランタ五輪代表監督だった西野朗氏を任命したことで風向きが変わった。 「W杯本大会の登録23人と違い、五輪は5人減の18人。OA枠3人を入れた場合、五輪予選突破に奮闘した選手を3人外さなければならない。実は西野委員長は、アトランタ五輪本大会に臨むに当たり、どんなに周囲から『使え!…

現役日本代表で最多得点者でもある

戦術ピタリ リオ五輪サッカーOAに岡崎1人召集という選択

96年アトランタ大会の西野朗監督と08年北京五輪の反町康治監督はOA枠を使わなかった。 「監督それぞれではあるが、手倉森監督は五輪最終予選を突破する前から『目標をロンドン五輪以上に設定する。当然メダル獲得のためにOA枠を活用する』と決めていた」(サッカージャーナリスト) そんな中、サッカー関係者の間で「これが最良の選択」と言われている方策がある。英プレミアリーグで首…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事