日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宇佐美貴史 海外」に関する記事

アジア相手に結果を出せなかったFW宇佐美

ゴールなくACL敗退…ガンバ宇佐美「海外再挑戦」封印の波紋

G大阪のFW宇佐美貴史(23)が21日、地元でのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦・広州恒大(中国)戦で後半15分に交代出場。26分と39分にシュートを放ったが、いずれもゴールの枠内を捉えきれず、試合はスコアレスドロー決着。2試合合計スコア1-2でG大阪の準決勝敗退が決まった。 高校2年でG大阪のトップチームとプロ契約を交わした宇佐美は11年6月、欧州…

None

宇佐美貴史

ハリル監督から「信じている」と言われた宇佐美

周囲は心配…海外生活苦手のガンバ宇佐美に「独移籍情報」

日本代表監督ハリルホジッチが指揮を執った11試合すべてに出場した選手は、G大阪FW宇佐美貴史(23)しかいない。 これだけでも宇佐美に対する高評価がよく分かるが、5日にW杯予選メンバーを発表した際のコメントがまた“宇佐美愛”に満ちあふれていた。 「最近は疲労からフレッシュな状態ではないかもしれないが、日本のフットボール界の中で、これほど能力の高い選手はいない。ワタシ…

今季Jリーグ10得点でトップタイの宇佐美

リベリが推薦 ガンバ宇佐美にバイエルン“出戻り移籍”が浮上

ガンバ大阪のFW宇佐美貴史(23)が、かつて所属していたドイツの名門バイエルン・ミュンヘンに再移籍するというのだ。 宇佐美といえば11年7月、19歳の時にバイエルンから声が掛かってレンタル移籍。大きな話題を集めたが、欧州を代表する名門ではレギュラー争いに絡めず、11―12年シーズンは3試合しか出場できなかった。12年5月にはブンデス中位ホッフェンハイムに移ったもの…

None

初代監督が語る強さの“源流” なでしこ「ゴキブリ真っ黒」伝説

13年には、日本代表FW宇佐美貴史が所属していたホッフェンハイムに移籍した。20歳だった岩渕は通訳なし、移動用の車なしという状況にもへこたれずに練習の合間には語学学校に通い、オフの自主トレも欠かさなかった。あまりのストイックさに宇佐美が『それに比べてオレは……』と脱帽していた」(サッカージャーナリスト) そういえばエースFW大儀見優希はドイツW杯後、男子のプロサッカ…

何度もクリロナを封じた昌子(左)

レアル戦で名を上げた 鹿島DF昌子源に“欧州移籍”の可能性

同期に日本代表FW宇佐美貴史(独アウクスブルク)がいる。 中学3年の夏、ジュニアユースを退団。半年ほどサッカーと距離を置いていたが、鳥取・米子北高に入学してサッカー部に入り、高校2年でDFにコンバートされた。 その年、米子北高がインターハイで準優勝。昌子の呼び方が「まさこではない」と知られるようになった。同年の国体でのプレーが鹿島関係者の目に留まり、卒業した11年に…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落選と明暗がクッキリ分かれた。 この日のメンバー発表の記者会見でハリルホジッチ監督(63)は、いつものようにエネルギッシュだった。ひな壇から離れ、立ったまま選…

宇佐美は国内で大活躍だったが落選 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

「想定内」の声も…大久保と宇佐美はアジア杯代表なぜ落選?

Jリーグで2年連続得点王(18ゴール)に輝いた大久保嘉人、G大阪の3冠獲得に貢献した宇佐美貴史(リーグ戦10点、ナビスコ杯5点、天皇杯6点)のサプライズ選出は見送られた。 個人的には「想定内」である。大久保は、32歳という年齢がネックになっているはずだ。結果を残しているが、これまでアギーレ監督は、一度も大久保に興味を示したことがない。 宇佐美については、得点能力に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事