日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高木美帆に関する記事

幕別町出身の高木美帆

平昌に前進中 高木美帆“地元開催”全日本選手権に意欲

「どんな時でもW杯の滑りを出せるようにしたい」 20日に開幕する全日本スピードスケート選手権(帯広)に出場する高木美帆(22)が、前日の最終調整でこう言った。 昨季まで表彰台はゼロだったが、今季はW杯アスタナ(カザフスタン)大会で、団体追い抜き、1000メートル、1500メートルの3冠。W杯ヘーレンフェイン(オランダ)大会でも団体追い抜きを連勝し、1500メートルは…

好調な高木

女子1500mも優勝 “平昌の星”高木美帆がW杯で3冠達成

スピードスケートのW杯カザフスタン・アスタナ大会が4日に行われ、女子1500メートルで高木美帆(22)が1分56秒36で優勝。W杯個人種目を初めて制した3日の1000メートル、女子団体追い抜きに次いで今大会3冠を達成した。 高木は最初の300メートルで全体3番目と出遅れたが、ラスト1周に入ったところで2番手に浮上。終盤に抜け出し、海外勢を振り切った。 今大会3個目…

左から、高木菜、押切、高木美

Sスケート女子も快挙 W杯団体追い抜きで11季ぶり金メダル

メンバーの高木美帆(21=日体大)が「9割程度の力で飛ばしすぎず、最後まで(ペースを)落とさないように、という作戦だった」と話したように、組織力を生かした。今季W杯では4戦3勝の強さで、2年後の平昌五輪(韓国)での金メダルへの期待が膨らむ。 日本代表は目下、個人種目のレベルアップに取り組んでいる。この日の出場メンバーで美帆の姉である菜那(23=日本電産サンキョー)…

高木美帆も好調

Sスケート女子躍進 選手が「目からウロコ」の練習法とは

高木美帆(21)が先のドイツW杯第3戦の団体追い抜きで日本の11季ぶり優勝に貢献。個人種目でも1000メートル、1500メートル、3000メートルで10位以内に。「表彰台との差は縮まっている」と話した。小平奈緒(29)は14~15年シーズンのW杯500メートルで総合優勝。日本の女子がこの種目で優勝したのは24年ぶりだ。 大躍進の裏で見逃せないのはオランダ人指導者の…

どこの大学に行くのか/(C)日刊ゲンダイ

日体大に「飛び級」合格も…激化する大学の高梨沙羅“争奪戦”

ただ、バンクーバー五輪代表のスピードスケートの高木美帆(19)はソチ五輪ではメンバーから漏れるなど鳴かず飛ばず。女子体操の田中理恵(26)も現役を引退した。目玉になる選手がいない状況です。それでOBでもある両親ともども沙羅ちゃんにアタック。今回の受験、合格につなげたのではないか」 松浪理事長は寛也さんに「スキー部強化に力を貸してほしい」と話しているという。 そもそも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事