日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

表参道ヒルズの関連ニュース

本谷亜紀氏と「麺や 庄のgotsubo」の「ベジつけめん」

実食ルポ 野菜どっさり&糖質少なめ“ヘルシー系ラーメン”

これなら罪悪感ナシでオーダーできますね! 表参道ヒルズの中に、ラーメンがおいしい中華料理店があるのをご存じでしたか? 自由が丘に本店を置くこちらのお店は、高級中華料理店なのに気軽に麺メニューが味わえると評判。「蔭山樓名物 鶏白湯塩そば」は、濃厚でありながらも、鶏がベースなので後味が軽くもたれません。トロトロッとクリーミーなスープがモチモチの麺によく絡みます。 トッピ…

GRAPHIC

「’70HARAJUKU」 中村のん著

一方で、歩道では同潤会アパート(現在の表参道ヒルズの場所に立っていた集合住宅)に暮らす子供が三輪車で遊んでいたり、半ズボン姿の少年が神宮前交差点を自転車で通り過ぎたりと、平日の表参道は今の状況からは想像もできぬほど、生活感があり、のんびりとしている。 ザ・ローリングストーンズの初来日公演のチケットを求めて渋谷の売り場に集まった人々(72年)や、ウッドストック(69…

“裸の王様”になってしまったのか

新国立だけじゃない 安藤忠雄氏は過去にも「工費爆騰」の前歴

安藤氏が設計した表参道ヒルズについても「誰も人が来ないでしょう」と批判していた。こうした手厳しい師匠もいなくなり、“裸の王様”となってしまったのが安藤氏なのかもしれない。 16日、会見を開く予定だが、何を語るのか。…

玉寿司の中野里陽平社長

語り部の経営者たち

玉寿司 中野里陽平社長 いい会社は社員が主体的に解決

東京五輪もありますし、例えば世界の名物を巻いてみるなど、日本人も外国人も気軽に楽しめる寿司を提案していきたい」 食材にこだわり、今年の4月には東京の表参道ヒルズに無農薬、無肥料の自然栽培米「ささしぐれ」を使った新店舗もオープンさせている。変化を恐れず、革新を続けていく。これが100年企業存続の秘訣なのだ。 (ジャーナリスト・中川明紀)…

年間500本を鑑賞

ショートフィルム映画祭主催 別所哲也が語った「僕のルール」

108カ国約200作品の短編映画を集めた「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015」が4日、表参道ヒルズで始まる。 99年に同映画祭を立ち上げ、米アカデミー賞公認映画祭に認定されるまでに育て上げたのは、俳優の別所哲也(49)だ。 「いずれの作品も我が子を見守るような気持ち。そう考えると最初の子供は17歳になるわけですが、思春期に入り、成人式を迎える二十…

None

熱愛報道を追い風に…華原朋美が執念燃やす「紅白復活」

11月6日、表参道ヒルズでクリスマスツリー点灯式ライブに登場した華原朋美(39)。5日に明治天皇の玄孫で慶応大学講師の竹田恒泰氏(38)との熱愛が報道されてから、初めて公の場に姿を見せ、どんな発言が飛び出すか注目されたが、結果はご存じのとおり。 「去年復帰してもうすぐアルバムを出して、今年は迷惑をかけたみなさんに恩返しをしたいと思って1年頑張ってきました。なので、…

None

「美女採集」清川あさみが大人気 “手に職”美人ブーム到来か

昨年、開催された「清川あさみ―美女採集」は表参道ヒルズの最多動員数を記録。谷川俊太郎と絵本を共作したり、CM、テレビ、映画のポスターデザイン、ミュージシャンのジャケットデザインを手がけたりと超売れっ子だ。 “芸能界デビュー”は15年以上前にまでさかのぼる。兵庫県淡路島出身。洲本高校時代は美術部に所属し、卒業後に上京。文化服飾学院に通いながら「Zipper」などの読者…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事