日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石田ひかりに関する記事

髪形を変えただけでニュースになるオンナ

華麗人脈と豪華ランチ 石田ゆり子が送る独身私生活のナゾ

「昔から自立心が旺盛な、自称『スポ根女』で、妹で女優の石田ひかりと設立した個人事務所の社長もこなす。男勝りな性格で、犬1匹、猫3匹とともに優雅なひとり暮らしをしているようです。恋人の存在は不明」とスポーツ紙記者は言う。 トレードマークの前髪を切って、髪形を変えただけで恋愛モードかと芸能マスコミが報じる美女は謎が多い。…

見た目とギャップ?

46歳美魔女も結婚歴なし 石田ゆり子がいまだ独身貫くナゼ

1999年に大手芸能プロから独立し、妹で女優の石田ひかりと個人事務所を設立したときは、事務所と喧嘩して辞めたんじゃないかという噂がありました」(前出のスポーツ紙記者) 本人いわく、昔から自立心が旺盛で、「スポ根女」なのだという。だから、独身を貫いているというわけでもないだろうが、女優のほか、都内にある個人事務所の社長業もこなしているというから、経営手腕もあり、男勝り…

ポスト二階堂ふみの声も

18歳山本舞香「絶対ブレーク」5つの理由 アイドル評論家語る

「三井のリハウスのCMはブレークする女優の登竜門です」 ■「南くんの恋人」のちよみ役 高校3年生の南くんと突然身長15センチになってしまったちよみの同棲生活を描くこのドラマはこれまで石田ひかり(43)、高橋由美子(41)、深田恭子(33)がちよみ役を演じてきた。 「11年ぶり4度目のドラマ化。20世紀最後の正統派アイドルの高橋、ホリプロスカウトキャラバン出身の深キ…

ひとつ屋根の下に出演した江口洋介(左)と福山雅治

瀕死のフジ「月9」

最初は92年 過去2度の低迷期を救った「2つのコメディー」

このドラマは原作が柴門ふみ、脚本が「素顔のままで」で人気作家となった北川悦吏子と実績のある人々だが、俳優陣は木村だけでなく、石田ひかり(44)、筒井道隆(45)など、当時は新人といっていい顔ぶればかりで新鮮だった。 「月9」は低迷しているからと、すべてをひっくり返すのではなく、脚本家、俳優、プロデューサー、そしてストーリーのどれかを「これまでにないもの」にすることで…

活躍する広瀬姉妹(左は姉のアリス、右は妹のすず)

あれもこれも言わせて

芸能界の姉妹は広瀬だけなのか

石田ゆり子・石田ひかり姉妹、熊谷真実・松田美由紀姉妹、真野響子・真野あずさ姉妹、倍賞千恵子・倍賞美津子姉妹……らの昭和の歴代姉妹女優に並ぶ、“平成の女優シスターズ”広瀬アリス・すずから目が離せない。…

「ロンバケ」などヒットドラマ多数

病と闘いながらヒット連発 脚本家・北川悦吏子の波乱の半生

石田ひかり主演の「あすなろ白書」(93年)、キムタクと山口智子がタッグを組んだ「ロングバケーション」(96年、いずれもフジテレビ系)、キムタクと常盤貴子の「ビューティフルライフ」(00年、TBS系)とヒットを飛ばし続けた。「ビューティフルライフ」の最終回視聴率41.3%は、その後、13年に「半沢直樹」に塗り替えられるまで、平成に入ってからの民放ドラマの記録になってい…

年齢を感じさせない(写真は40歳当時)/(C)日刊ゲンダイ

本当に40代? 元「ジュディマリ」YUKIの美貌に絶賛の嵐

女優では梅宮アンナ、寺島しのぶ、石田ひかり、鈴木砂羽、高岡早紀らそうそうたる名前がズラリだが、<年を追う毎にかわいくなる>と絶賛されるのは、やはりYUKIくらいだろう。 YUKIはかつてインタビューで、「いつまでも輝き続けるためにも、人前に出て、どんなに年齢を重ねても、私は歌っていくと決めました」と語っている。 何か“秘訣”でもあるのか……教えてほしいと願う同年代の…

演技力は高評価/(C)日刊ゲンダイ

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待

容姿と演技力と評価を分け合う姉妹が多い中、この姉妹はどちらも兼ね備えており、石田ゆり子&石田ひかり姉妹の系譜を感じさせます。特にどことなく要領のよさを感じる妹のすずは、初期から演技力のセンスを発揮したひかりと似た雰囲気がある。よもや、姉より先に結婚し、第一線を退くことにならなければいいのですが……」 この日のイベントで「30歳までには結婚したい」と願望を明かしたすず…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事