日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂本勇人 選手」に関する記事

阪神藤浪(右)はマエケンに弟子入り

他球団選手の自主トレに「真剣勝負できるのか」と疑問符

昨年の「プレミア12」の期間中には、巨人の坂本勇人(27)、中日の大野雄大(27)ら同級生で食事をし、その後クラブに出かけて坂本が道に酒をまき散らしていたことが問題になったが、シーズン中ですら他球団の選手と食事に行ったり飲みに行ったりするのが当たり前になっているが、評論家の山崎裕之氏はこう苦言を呈する。 「他球団の選手同士が仲良くしすぎるのはよくないですよ。ライバ…

広岡氏に「弱いチームで采配を振るってみろ」といわれる原監督/(C)日刊ゲンダイ

「まともな指導者がいない」 広岡達朗氏が古巣巨人をバッサリ

今季の巨人は坂本勇人(26)が主将に就任、阿部慎之助(35)を一塁にコンバートするなど、4連覇に向けて舵を切った。そんな古巣の動きを広岡氏が、1時間にわたって一刀両断――。 ■フロントに電話 巨人というチームは、他球団の模範になるべきである、というのは私の以前からの持論です。プロ野球80年、巨人は常にその中心にいる。故正力松太郎オーナーは「大リーグに追いつけ、追い越…

視察に訪れた長嶋終身名誉監督の目にはどう映ったか

OB酷評の巨人無気力キャンプ 金満補強が原因と評論家指摘

疑惑の目を向けられる巨人ナイン

野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”

開催地の台湾で巨人の坂本勇人(27)、沢村拓一(27)らがナイトクラブで若い女性をはべらせドンチャン騒ぎ。揚げ句に泥酔したと思われる坂本が路上で酒をまき散らし、空瓶をその場にポイ捨てする一部始終が台湾のメディアに動画つきで報じられた。 巨人を震源地とする野球賭博問題が発覚した直後だっただけに、最初から台湾メディアは巨人選手をマークしていたといわれる。その“とばっちり…

スザンヌは「信じたい」と涙したが…

斉藤和巳、坂本勇人…切っても切れぬプロ野球選手と女性問題

巨人の坂本勇人はキャンプ中の宿舎に女性を連れ込んでいたことが発覚。コトに及んだ後、お金を渡して、「ハイ、さようなら」では女性が怒りの告白をするのも当然。ちなみに、「トップ選手は同じホテルに別室を取るが、下の選手は先輩に見つからないようラブホを使うのが習わし」という。 旧知の元プロ野球選手が言っていたプロ入りの動機を思い出した。「この顔にしてこのずうたいでしょう。不謹…

この日の練習でも選手に厳しい目線を送っていた/(C)日刊ゲンダイ

巨人選手は萎縮も? ペナントを左右する原監督の“舌打ち”

特に負の感情を隠そうとせず、「だらしない選手が多すぎるね」と不甲斐ない若手をなじったかと思えば、不振が続く主力の坂本勇人も「いい成績を残したこともあったが、それだけに頼って期待していいのか」と一刀両断。選手を「ノーコメント」と突き放すことも少なくなかった。 巨人は2年連続リーグ優勝。しかし、昨年は日本シリーズで楽天に敗れた。それを、「選手の勝負根性の差」とする指揮…

None

指導も精神論もなし ひたすら見守る巨人・松井の“真意”

この日は坂本勇人(25)に110球。見守った村田打撃コーチから「投げながら教えてやってくれよ」と催促されたものの、ここでも教えることはなかった。 サク越えを12本放ち、「一球一球、いい打撃をしようと思った。<いい感じで振れている>と言ってもらった」と満足げだった坂本に対し、松井は「振りも力強いし、いい打球が飛んでいた。穴を見つけるのが難しいくらい。インコース? うま…

トライアウトでは音なしだったが…/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

トライアウトで見えたプロ野球選手の運命論

直倫の外れ1位で巨人に入団した坂本勇人は看板選手に成長したが、巨人が直倫を引き当てていればどうなっていただろうか、と。プロ野球選手の運命は、入団先によって大きく左右されるものだと思う。 剛裕がユニホームを着る20年前の83年、巨人にドラフト4位で入団したのが、後に「バントの神様」といわれた川相昌弘(現巨人ヘッド)だ。 投手として指名された川相は入団直後に野手に転向。…

None

青木 SFジャイアンツ仕込みのアタマの中身

佐々木千隼は「外れ1位」で5球団競合

桜美林大・佐々木は? ドラフト“外れ1位”大化けの条件

巨人の坂本勇人も堂上直倫(中日)の外れ1位。今季、史上初となる2年連続の「トリプルスリー」を達成した山田哲人に至っては、斎藤佑樹(日本ハム)、塩見貴洋(楽天)を相次いで外したヤクルトに指名された「外れの外れ1位」だ。 外れのはずが、とんでもない大当たりとなるケースが多くあるのである。中日でスカウトを務めた経験のある評論家の高橋善正氏が言う。 「プロ野球のドラフト1位…

本人がソノ気になれば…/(C)日刊ゲンダイ

辣腕スカウトが密着…巨人・坂本をヤンキースが狙っている

神宮球場でヤクルト─巨人戦を視察していたメジャーのスカウトが、遊撃を守る巨人の坂本勇人(25)の動きを目で追いながらこう語ったことがある。 「彼がレギュラーを獲得した頃からずっと関心を持って見ているんだ。とてもセンスがいい。スイングのスピード、技術がある。守備もダイナミックだし、足もある。肩も悪くない。メジャーの選手に近いタイプの選手。試合に出続けるタフさもある。こ…

居残り特打が日課/(C)日刊ゲンダイ

昼も夜も一変 「独身貴族」巨人・坂本が抱える“危機感”

これまで不動の遊撃手だった巨人の坂本勇人(25)。昨季は打率.265、12本塁打、54打点と不本意な成績で、同じ二遊間を守る井端、片岡が加わった今季はレギュラーが確約されていない。危機感からか、これまでのキャンプとは一変したのだ。 午後2時には終わる全体練習後に主に特守をこなし、室内練習場へ。そこからさらに午後6時ごろまで居残って打ち込むのが日課となった。一軍の選…

八戸学院光星の仲井監督

八戸学院光星監督 野球賭博問題に「生徒のプロ入り心配」

10年の就任以来、一度も初戦敗退がない仲井宗基監督(45)に東北の野球のレベル、球界を騒がせている野球賭博問題、教え子の坂本勇人(27=巨人)について聞いた。 ――青森も含めて東北全体のレベルは上がりましたか? 「かつて東北といえば、宮城の東北、仙台育英が引っ張っていましたが、他のチームは口では『日本一』や『全国制覇』と言いながら、本気ではなかったと思います。やはり…

台湾誌のエジキに…

台湾誌に“夜の乱痴気騒ぎ”報じられ 巨人坂本は主将剥奪危機

同誌によると、坂本勇人(巨人)、大野雄大(中日)、前田健太(広島)、秋山翔吾(西武)の同い年4選手が、12日のドミニカ共和国戦後、台北市東部の繁華街(通称・東区)にあるナイトクラブで深夜まで痛飲。店内の様子などを動画付きでアップされ、これが台湾で話題になっているのだ。 重圧のかかる外国での代表戦。酒を飲んでストレス発散するのは勝手である。とはいえ、坂本だけは時期が…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

巨人のポジション的には坂本勇人(25)、村田修一(33)ともろにバッティングする選手だ。坂本、村田は原監督が「巨人の枢軸」と表現するチームの中心。いくら、今年も大竹、片岡の2人を取るなど、就任11年で10人ものFA選手を補強している原監督とはいえ、余剰人員になりかねない中島に興味を示すとは思えない、という声はある。 が、坂本にも村田にも「枢軸」と口で言うほどの信頼感…

商売上手?/(C)日刊ゲンダイ

収益拡大が至上命令 小久保ジャパン「七人の侍」のカラクリ

17日、11月の日米野球の第1次選考選手として、前田健太(広島)、坂本勇人(巨人)ら6選手を発表。小久保監督を加えた「七人の侍」が前回大会からリニューアルされたユニホームを身にまとった。前田は「(17年WBCでは)年齢的に前回大会より成長できていると思う。中心でいられるようにしたい」と意気込んだが、「このタイミングで何で6人だけ発表なの?」という疑問を感じた野球フ…

5月には巨人戦で始球式/(C)日刊ゲンダイ

巨人関係者は複雑…坂本&田中理恵 「結婚」までの“障害”

巨人の坂本勇人(25)に仰天の熱愛が発覚した。相手はなんと体操の田中理恵(26)。今日発売のフライデーが「今オフにも結婚へ」と報じ、笑顔で互いの頬を寄せ合うツーショットの写真も掲載しているのだ。 これには巨人の球団関係者もブッたまげた。「ウソでしょ!」と頭を抱えたのは営業担当者。 「甘いマスクで独身の坂本はチーム一の人気者。巨人は『プレーヤーズ・デー』と銘打ち、主力…

巨大戦力に囲まれて…

山崎裕之のキャンプ探訪2017

高橋監督は葛藤 若手切望も大補強を繰り返す巨人の“矛盾”

20代が坂本勇人(28)だけでは……。若手が出てきてくれないと困ります」 若手の台頭を切望しながらも、一方で勝つために補強で選手をかき集める。それが、結局、若手の成長を阻むという矛盾を、この球団は繰り返している。いくら常勝が義務付けられているとはいえ限度がある。高橋監督の葛藤を感じざるを得なかった。…

尾花投手コーチ(左)、村田ヘッドコーチ(中央)と話し合う高橋監督

由伸巨人の病巣

秋季練習がスタート 問われる指導者の覚悟

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの。何がビックリって、彼はいつもTシャツ。しかもピッチピチ(笑い)。 夏ならまだしも、春や秋の肌寒い夜でもTシャツだけ。よほどムキムキの上半身を自慢したいのか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事