日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田翔 代打」に関する記事

実は繊細でナイーブな性格

代打翌日に3年ぶり欠場 ハム中田翔はプライドがズタズタ

これまで4番を打ってきた日本ハムの中田翔(27)に対する栗山監督の起用法のことだ。 中田の欠場は左手小指付近を骨折した13年以来3年ぶり。試合前には打撃練習も行い、「できる限り準備はしていた」と本人は言う。 代わりに4番を務めたのは陽岱鋼(29)。昨夜はその陽が先制適時打を含む2安打なら、3番に入った大谷翔平(21)も1安打1得点で勝利に貢献。日本ハムは連勝を今季最…

意外と名コンビ

ひねくれスポーツ論

ランボルギーニ中田に「万年筆」をねだる大谷の心境とは

日本ハムファイターズの中田翔が、その年の目標を達成した若手選手に「中田賞」というのを振る舞っているらしい。「中田翔の中田賞」。外見とは裏腹に、こまやかで心優しいやつと見た。 チームリーダーとして今オフ、代打起用が多かった杉谷に奮起を促す意味で、「来シーズン、レギュラーポジション取ったらフェラーリ買うたる」と言い放った。杉谷いわく「ボク車の運転が苦手なのを知ってるから…

スゴいヤツだけど…/(C)日刊ゲンダイ

「下半身を相当鍛えている」 “先輩”中田翔が見た西武・森友哉

そんなルーキーの活躍を目を細めながら見守っているのが日本ハムの主砲・中田翔(25)だ。 言わずと知れた大阪桐蔭高の先輩。森とは年齢差もあり、「先輩っていっても接点があまりないからね。(性格を含め)本当のところはよく知らん」と言いながらも、その打撃に関しては「間違いなく日本を代表する打者に成長するよ」と太鼓判を押す。 森の打撃フォームは両ヒザをグッと曲げ、下半身をど…

110打点でパの打点王にタイトル獲得

山田、大谷も侍J参戦 打点王・中田翔に出番なしの可能性

投手では大谷(日本ハム)や菅野(巨人)、野手では山田(ヤクルト)、柳田(ソフトバンク)ら総勢28人が名を連ねた中、注目されているのが中田翔(27=日本ハム)の起用法だ。 小久保代表監督は以前から中田にゾッコン。これまでの代表戦でも一貫して中田の起用にこだわってきたが、今回ばかりは守る場所がない。 選出された28人中、一塁を本職とするのは中田と内川(ソフトバンク)のみ…

大谷を語った中田/(C)日刊ゲンダイ

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

日ハム中田翔が見た後輩・大谷 「異次元の修正力持っている」

そんな大谷を先輩の中田翔はどう見ているのか。大谷と同じ2年目での中田の本塁打数は9本。二刀流の後輩にそれを超えられ、複雑ではないのか。単刀直入に聞いてみた。 「いや、それは、なんとも思わないですね。まったく気にしてなかったです。大谷はホンマにスゴいヤツですもん」 と、意外なほど素直に大谷を持ち上げる中田は、こう続けた。 「なにがすごいって、あの修正能力ですよ。彼も一…

「アカンわ…」/(C)日刊ゲンダイ

日ハム4番・中田の負傷で気がかりな大谷への“シワ寄せ”

15日の西武戦で、日本ハムの中田翔(25)が今季初のスタメン落ち。ヒザの慢性的な痛みに悩まされ、ここ数試合はDH出場が続いていた。 とはいえ、中田がここ2年間でスタメン落ちしたのは昨季、死球で骨折した時くらいのもの。12年も不調やケガに苦しめられながら、シーズン144試合に出場。CSと日本シリーズも含めて全試合に出場している。 中田を一人前の4番に育てるのは球団と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事