日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「辻仁成 映画」に関する記事

辻仁成との離婚会見での南果歩

プレイバック芸能スキャンダル史

作家で歌手の“モテ男” 辻仁成と離婚した南果歩の単独会見

ー2000年4月ー 中山美穂の夫の辻仁成氏は、芥川賞作家、ロックボーカリスト、映画監督と多方面で活躍する才人だが、モテ男としても有名で、前妻はやはり美人女優の南果歩。子供も生まれ、5年間続いた結婚生活だったが、2000年に破綻する。 4月11日、南(当時36)がテレビ局で記者会見を開いた。10日には彼女から前年7月から別居生活が始まり、3月30日に辻氏と正式離婚した…

意外に共通点が多い2人/(C)日刊ゲンダイ

離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞か…

None

一般女性じゃなかった…三谷幸喜が妻の“素性”を隠すワケ

何でも三谷監督の再婚相手は、99年公開の映画「千年旅人」(辻仁成監督)で、応募総数1200人のヒロインオーディションを勝ち抜いて女優デビュー。「yuma」という芸名で3本ほど映画に出演している。 「辻が00年3月に女優の南果歩と離婚したのは、『yumaが原因じゃないか』なんてウワサされたほど。当時40歳の辻と19歳の彼女の親密ぶりは関係者の間では知られた話で、スポ…

パリに息子を残して来日した辻仁成/(C)日刊ゲンダイ

「ライバルは爆問」 笑いに目覚めたシングルファーザー辻仁成

20日、映画「LUCY/ルーシー」ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに登場した辻仁成(55)。昨年7月に中山美穂(44)と離婚し、現在は11歳の長男とフランス・パリで暮らしている。 今月7日にパリで起きたイスラム過激派による風刺週刊紙襲撃事件以降、辻は自身のツイッターでパリの様子を“実況中継”。この日も日本人ジャーナリスト2人が人質になり、身代金を要求されてい…

辻仁成(左)と「美ST」(光文社)の表紙を飾った中山美穂/(C)日刊ゲンダイ

違い鮮明…辻仁成と中山美穂 離婚後「前向き発言」の明暗

「きちんとした媒体でお話しさせていただくつもりです」 先月、夫でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚後、自身のツイッターでそう呟いていた中山美穂(44)が、予告通り、「きちんとした媒体」の女性誌「美ST」(光文社)の表紙を飾り、独占告白が掲載されて話題になっている。 中山によると、家族と暮らしていたフランスでは通常、離婚しても親権は半分。両親が交互に子育てをするのが…

話題の長髪を少しカット/(C)日刊ゲンダイ

「来年賞撮る」 高校時代の恩師も呆れた 辻仁成の“自意識”

女優の中山美穂との離婚問題が連日報道されるなど、騒動の真っただ中にいる辻仁成(54)。本業はミュージシャン、映画監督、演出家、そして芥川賞作家とマルチな文化人だ。 東京都日野市生まれ。保険会社に勤務する父親の転勤で、福岡、帯広と移り住み、そして中学3年から高校卒業まで函館で暮らす。函館西高等学校時代は柔道部で汗を流し、詩や小説を執筆しながらジャズ喫茶に通い、公民館で…

肩まであった髪をバッサリ/(C)日刊ゲンダイ

長髪バッサリの辻仁成 監督作での「ロック」連発に出演陣困惑

中山美穂(44)と離婚騒動の渦中にいる辻仁成(54)が14日、監督・脚本を務める映画「醒めながら見る夢」の完成披露試写会に出席。胸元まであったトレードマークの長い髪を肩までバッサリ切った姿で登場した。 出演者たちが「醒めてほしくない夢」「醒めてほしい悪夢のような現実」にまつわるエピソードを披露。そんな中、石橋杏奈(21)は「監督がときどき『カット! 今のロックだっ…

電撃婚から12年/(C)日刊ゲンダイ

辻仁成は「寝耳に水」 中山美穂離婚報道の“舞台裏”

02年、歌手で芥川賞作家の辻仁成(54)との電撃結婚を機に芸能活動を休止し、仏パリに移住。セレブな生活を送っていたはずの中山美穂(44)の身に一体、何が起きたのか。 記事によると、夫婦は現在も長男(10)と3人でパリで暮らしているが、すでに離婚に向けた話し合いが始まっているという。子供の親権などクリアにしなければならない問題も多いが、2人の間の溝は埋めがたく、離婚は…

舞台の魅力にハマった?

中山美穂“復活のノロシ”は下北沢から 居酒屋で酌する姿も

作家でシンガー・ソングライターの辻仁成氏(57)との協議離婚が成立したのは、14年7月。一人息子の親権を辻に譲り、母より女でいることを優先したためバッシングの嵐が吹き荒れたミポリン。パリから帰国後の芸能活動はパッとしないが、こんな意外なエピソードが聞こえてきた。 今年3月に下北沢で舞台「魔術」に主演後は演劇関係者の集まりにもちょくちょく顔を出しているそうで、「あの…

「夫婦」について持論を/(C)日刊ゲンダイ

「夫婦は家族だけど他人」 辻の元妻・南果歩が“耳痛”コメント

この日、離婚報道が飛び出した前夫・辻仁成と中山美穂は耳が痛い?…

None

あれもこれも言わせて

芸能界は元カノ元妻 呉越同舟の何でもアリだから面白い

その際は元夫の辻仁成、辻の元妻・中山美穂も交えて、ぜひ。…

ファンも憧れるミポリンの恋愛至上主義

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ

しかも、プライベートでは14年に辻仁成(56)と離婚。親権も辻に渡し、中山自身は作曲家の渋谷慶一郎(42)と交際するなど自由奔放な一面も見せている。 昨年、渋谷とは破局して芸能界に本格復帰したが、「家族を捨てて男に走ったオンナ」のイメージは強い。にもかかわらず、同世代の女性たちが客席を埋め尽くすのはどういうわけなのか。芸能リポーターの川内天子氏はこう話す。 「ファン…

渋谷慶一郎のインスタグラムより

悲劇ヒロイン気取り?中山美穂が2ショット写真に込めた意味

中山は7月に作家で歌手の辻仁成(55)と離婚。離婚協議中から“不倫関係”にあった渋谷氏と現在もラブラブな様子は伝わってくるが、実はこの写真、2人の背景に写り込んでいる像(丸囲み)に中山の「真意」が込められているという見方がある。 「後方の像はフランスの聖女ジャンヌダルクです。パリでは有名な観光スポットで、普段は日本人や中国人のお上りさんだらけ。パリ歴が長い中山が選ぶ…

東京芸大卒の音楽家と/(C)日刊ゲンダイ

音楽家と手をつなぎ…不倫発覚の中山美穂は「確信犯」なのか

歌手で作家の夫、辻仁成(54)と離婚協議中の女優、中山美穂(44)に新恋人が発覚した。 「女性セブン」最新号が報じたもので、相手は業界では知られた音楽家の渋谷慶一郎氏(41)。東京・表参道の手つなぎデートを“スクープ撮”されたのだが、中山といえば、25日から主演ドラマがスタートする。 このタイミングで新恋人発覚とは出来過ぎのような気もするが、今はまだ人妻の中山が、渋…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事