日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

橋本到に関する記事

原監督のお気に入り/(C)日刊ゲンダイ

巨人 「天才」長野を脅かす6年目外野手・橋本到の潜在能力

左太ももの肉離れで二軍調整中の橋本到(24)だ。5月9日に登録を抹消されるまで全34試合にスタメン出場し、打率.316、得点圏打率.421の好成績を残していた。「(一軍に)上げる時はスターティングメンバーで戻る時」と言う原監督は「(7月1日からの)広島から合流の可能性はある」とし、こうも言った。 「橋本が戻ってきてセンター。(右翼には)亀井もいる。レフトは外国人だ…

足もある/(C)日刊ゲンダイ

開幕初スタメン濃厚も 巨人・橋本到が抱える「課題」

巨人の橋本到(23)が23日の最後のオープン戦に「9番・中堅」で先発出場し、3安打を放った。オープン戦を打率.342で終え、プロ6年目で初の開幕スタメンの座を手繰り寄せた。 12日に2三振を食らって、原監督から「センターにだらしない人間が多すぎる」とカミナリを落とされたが、この日は一転、「橋本はいい」とお褒めの言葉。二軍監督時代に手塩にかけた川相ヘッドコーチもさぞ喜…

None

最下位巨人 一軍⇔二軍そう取っ換えしか道はなしか

スタメンを見ると、1番・松本から亀井、脇谷、片岡ときて9番・橋本到まで、一昔前の一軍メンバーがズラリと並んでいる。片岡以外は先発全員安打だった。24日現在、4勝1敗で首位。この日の一軍と二軍が試合をしたら、二軍の方が強かったのではないか」(巨人OB) 高橋由伸監督(41)は一、二軍のメンバー入れ替えを示唆しているが、1人や2人を替えるより、チームを総取っ換えするくら…

お眼鏡にかなった選手はいた?

竜8試合、虎6試合…巨人「2位死守」の敵は下位への油断

今季の巨人は重信、橋本到、松本など複数選手を中堅で起用しているが、どの選手もレギュラーを奪うまでの活躍ができないまま。実績のある亀井がハマれば、穴が埋まるかもしれない。今後の2位争い、そしてポストシーズンの戦いに向けて、プラスになることは間違いない。 現在2位の巨人は残り23試合。首位広島は1日、3位DeNAに勝利したためゲーム差は12.5に開き、マジックは9に。…

ジュウシンって誰?

スポーツ難癖口上

もう一度栄光を! 昔へ帰れ「ゲットバックジャイアンツ」

重信ね? 重信って、誰? 橋本トウって誰? あ、いたるね、はしもといたるね? 橋本到って誰?ピッチャーとね? 急に九州弁やめちくれんね。あ、ピッチャー戸根ね。戸根と言われても知らんとね。田口? 誰? もう9勝してんの。へ~こいつ? なんか地味だね。岡本? 打つけど守備がヘボ? ふ~ん、だからサードは守備要員と化した村田かぁ。なんか、パッとしねえな。若手で大田泰示とか…

昇格即3番で2ラン含む3安打3打点の橋本

原監督“遠隔采配”的中 巨人橋本“昇格即大暴れ”までの道のり

16日のDeNA戦で巨人の橋本到(24)が一軍昇格、即「3番・中堅」でスタメン出場し、いきなり大暴れした。 一回1死二塁で中越えの先制適時二塁打を放つと、続く三回にも右翼線を破る二塁打。七回には右翼席に2ランを叩き込んだ。一発を含む3安打3打点3得点。DeNA先発の高崎から昨季7打数3安打という相性の良さを買われた。インフルエンザで自宅療養中の原監督に代わり、2試合…

硬い表情で会見した相川/(C)日刊ゲンダイ

昨季の教訓生かされず FA相川獲得で巨人が払う大きな代償

原監督は「外野の守備力は12球団一」と言うが、今季は同タイプの橋本到(24)の台頭もあって出番が激減。ヤクルトの真中新監督は「センターライン」の守備力強化を掲げている。 ■捕手なら小林以外は選び放題 相川の移籍で1人減った捕手なら、正捕手を相川と争う小林誠司(25)以外は全員漏れる可能性がある。実績のある実松一成(33)、加藤健(33)のベテランの他にも、小林入団前…

交流戦MVPの亀井(右)とスタメン落ち危機の長野(中)/(C)日刊ゲンダイ

巨人・原監督の「レフトは外国人」発言にチーム内で異論噴出

そういうことなら、というのは左太もも肉離れから、近日中にも復帰する外野の橋本到(24)に関する、原監督の発言のことだ。故障するまで34試合で打率・316、2本塁打、16打点と巨人打線を牽引していたこの橋本を、原監督は「橋本が戻る時はスターティングメンバー。開幕時の状態ならセンター」と言っている。 好調の亀井は右翼に固定。ともに守備力の高い2人の起用は、ディフェンス…

大好きなビールを減らし…/(C)日刊ゲンダイ

原監督が「打ち出の小槌」と絶賛 巨人・長野の絶好調の秘密

12日の試合で原辰徳監督(55)は「センターのポジションにだらしない人間が多すぎる」と2打席連続三振の橋本到(23)をベンチに引っ込め、内野手の藤村大介(24)を中堅でぶっつけ起用するという“劇薬”を投入した。インフルエンザもあって二軍落ちした大田泰示(23)を含め、なかなか台頭しない若手外野手にカツを入れている。 対照的に外野陣を支える男は元気だ。長野久義(29)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事