日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ご挨拶・キャストの関連ニュース

「浅丘さんのおかげ」と岩崎ひろみ

今あるのはあの人のおかげ

女優・岩崎ひろみ 大先輩の朝丘雪路に教わった「挨拶の所作」

例えば、楽屋へまずご挨拶に行くと、アメやお菓子を渡してくれたのですが、「はい、お手々出して」と言われて何げなく手を出すと、「女の子は指を揃えるだけで可愛くきれいに見えるのよ」って優しく教えて下さいました。確かに、やってみるとその通りなんです。 ほかにも、「畳のヘリは踏んじゃダメなのよ」「着物の袷と同じで、手を組む時は左手が上」「扇子の持ち上げ方ってお箸の持ち方にも通…

また元気な姿が見たい

老人ホームで“奮闘”報道…田中邦衛に「重病説」が飛びうワケ

『お別れの会』の発起人として葬儀でご挨拶されるとき、吉岡秀隆さんに手を引かれるなどして、衰えた印象を持つ関係者が少なくなかったんです。2010年公開の映画『最後の忠臣蔵』を最後に俳優活動はなく、夫人が『体力的に厳しい』と引退を代弁。昨年秋に、ほぼ同じ年代の菅原文太さんが亡くなられ、今年の5月に『北の国から』のプロデューサーの葬儀が営まれた際も、公に姿を見せることもコ…

None

今あるのはあの人のおかげ

山崎ハコ→渡辺えり

ご挨拶したら目を真ん丸くして驚き、「私ファンなのよ」「その暗さが好き」。しかも「私たちの芝居では不可欠、今やってるお芝居でハコさんの歌を使っているから見に来て」とお誘いまで。後日、下北沢のスズナリへ行きましたら私の「望郷」を効果的に使っていて、それで自信がついたんです。「ニーズがあるんだ」って。 それからお付き合いが始まり、困った時には励まされ、またある時は泣いて…

None

山口瞳が愛した店

そば所 銀座 よし田(銀座)

山口先生は、同級生の方が紹介してくれてご挨拶したことがあります。『よろしくね』なんておっしゃっていただいたのを覚えています。小柄で地味な方でした」 幹事会の席上、山口瞳は同期会も「よし田」で開くことを毎回提案していたそうだ。他の幹事に却下されてなかなか実現しなかったが、同期会が「よし田」で開かれたことが一度だけある。82年のことだ。このときの出席者は同期が39人、誰…

None

私の秘蔵写真

山口ひろみ

もっとも、それから何度も顔を合わせてはいたんですが、本当にご挨拶をさせていただく程度でした。ところが、最近になって私が習っている民謡と三味線のお師匠さんが内山さんの大ファンで、もう何度も試合を見に行っていることがわかったんです。 なんとかサインをいただけないかなぁ……と思っていた時にご相談したのが、演歌界の大先輩である山川豊さん。事情をお話しすると快諾くださり、内…

None

今だから語れる涙と笑いの酒人生

かとうれいこ

国内で、どうしても取引先やスポンサーさんとお酒の席に同席しなくてはならなくても、一通りご挨拶が終わったら「もういいよ」と先に帰らせてくれてました。そのあたり、随分と私は守られていたと思います。 そして、21歳だった1990年12月に、アサヒビールさんの91年イメージガールに選ばれ、最初のポスター撮影が沖縄でした。 91年2月はハワイ・マウイ島。ワイレアゴルフクラブで…

桑田佳祐と出会うまでは「歌は全然ダメ」

今あるのはあの人のおかげ

桑田佳祐が即興指導 高樹澪が振り返る“歌手デビュー”秘話

そして、それほど離れていないそのスタジオに桑田さんが来ていらっしゃると聞いてご挨拶にうかがいました。桑田さんは「モーニング――」の音楽監督で主題歌「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」他、挿入歌を担当されていて、私は歌手を目指す主人公の女子大生を演じることになっていたからです。 ただ、私はその日まで歌唱は全然ダメ。事前のテストではアミューズの大里社長…

“棋界のエンターテイナー”こと神吉宏充さん

今だから語れる涙と笑いの酒人生

酎ハイを55杯も…神吉宏充七段「将棋と酒は生活の両輪」

量こそ50代になって落ち着きましたけど、今でもその気になったら日本酒なら1升ぐらいはご挨拶。27、28歳ぐらいでしたか、後援会のパーティーで飲んだ時のことは今でも語り草でね。 2升半までは覚えてます。ところが、それからがよくわからない。追加で何杯もコップにつがれて、2次会のスナックでウイスキーを飲んでたら最後は立てなくなりました。今もビールとチューハイはナンボ飲んで…

元巫女さん演歌歌手

“歌う巫女さん”羽山みずきがヒット祈願「レコ大目指す」

イベントの前日『明日はよろしくお願いいたします』とご挨拶に参りました」。巫女からは生活が一転、「毎朝9時から17時のOLさんみたいな生活から大きく変わりました。応援してくださっている方々のために(レコード大賞新人賞)とれたらいいですね」と謙虚に語る。 「最近、初めて原宿のbillsで、パンケーキを食べました。うぁ~、テレビで見ていたパンケーキだぁ、って感動しました」…

強行採決の当夜に都内のホテルで…

道民呆れた 鈴木貴子氏「TPP強行採決」の夜に結婚披露宴

愛情の強さを感じる』とのご挨拶で門出を祝福いただきました〉 おのろけムード全開で、政権批判するどころか、TPPの記述も一切ナシ。これじゃあ、北海道の農業関係者が呆れるのもムリはない。新婚気分に浸るのも結構だが、〈政治家は言葉に責任をもつべき〉という自身の言葉をよ~く噛みしめるべきだ。…

GRAPHIC

「みんなの猫暮らし」SE編集部編

ちびマメは、幼稚園から帰ってくると手洗い、うがいの前にまずはマメのモフモフのお腹に顔をうずめてご挨拶。ちびマメに抱かれようが、顔を手で覆われようがされるがまま、兄の貫禄を見せつける。マメとは対照的に、ゴマは見るからにやんちゃそう。なんだかどっしりと構えるマメが、おてんばなちびマメときかん坊のゴマを本当の兄のように包容力豊かに見守っているように見える。 他にも、エキゾ…

クラブを手にする藤田佳子さん

熱中人大集合「お宝拝見」

藤田佳子さん(女優)

「小林さんとは初対面で、東さんと『ご挨拶に行かなくちゃ』って探しにいって自己紹介しました。オーラが凄くて何ともいえない雰囲気で、緊張感漂うラウンドでした(笑い)。スコアはレディースティーからプレーして84。優勝した寺泉憲さんも同スコアでしたが、新ペリアだったので、優勝は逃したものの、ノータッチ、完全ホールアウトの大会で本当に楽しかったです」 女子部門のベスグロは1…

枝雀師匠について語る森末慎二

今あるのはあの人のおかげ

落語ファン森末慎二氏が語る桂枝雀師匠との出会いと別れ

本番前、控室にご挨拶に行って、熱い思いを伝えました。でも、師匠はそのころ、うつっぽくなっていたのかもしれません。「そう言われましても、ワタシ、そういうことは気にしない方ですからねぇ」と。心を動かされなくなっていたのかもしれません。 番組本番では、僕はロス五輪の時に選手だけがもらえる参加賞のメダルを差し上げ、無事に話もでき、ホッとひと安心。ところが、ロス五輪の映像が流…

勝野洋さんが言う「貴重な一枚」

私の秘蔵写真

残る写真は1枚のみ…勝野洋さんが故・沖雅也さんを語る

ボクは“ジーパン”の松田優作さんからバトンを受け取ったんですけど、そのときも日比谷公園のロケ現場でご挨拶したのを覚えています。これは、ボクから沖ちゃんにバトンタッチしたときのものでしょうね。詳しいことは覚えてないんですけど。 沖ちゃんとは、このときが初対面。すごくシャープな人だという印象を持ったのを覚えています。沖ちゃんのほうが3歳下だけど、「太陽――」がデビュー作…

思わぬキッカケで東欧の人気歌手に

今だから語れる涙と笑いの酒人生

知らぬ間に評判…山口いづみさんとクロアチアを結んだ1曲

それでも最初に「Cetri――」を歌われたメリ・セティニクさんという、日本でいうと美空ひばりさんのような立場の方にもご挨拶できましたし、帰国時にはメリさんからワインをお土産にいただきました。 そして、去年5月にも5日ほど滞在する旅行をしたのですが、やはりゆっくりワインを味わうには程遠いスケジュール……。それやこれやでクロアチアのワインをいただくのは年に数回、お招きし…

あさみちゆきさん

その日その瞬間

あさみちゆきさん 義母の詞に曲をつけ“命の意味”を再確認

結婚を前提にお付き合いしていることのご報告とご挨拶だったのですが、そのわずか1週間後、義理の母が末期の大腸がんを発症していることが判明、余命3カ月の宣告。その直後に私の妊娠がわかり、年が明けて、私の誕生日の1月11日に結婚・入籍をしました。 ■末期がんの義母の詞に曲をつけた子守歌 ところが、義理の母は治療に専念していたのですが、義理の父が気落ちしたのか体調不良に陥り…

張り込み刑事にも大人気(銀座 木村屋)

刑事ドラマを100倍楽しく見る方法

張り込み時の牛乳、アンパン、トイレ、たばこの真実

だから張り込み場所を確保する時には、事前にトイレの場所を確認し、コンビニなどに借りる場合にはあらかじめご挨拶にも行っておきます。 それから、張り込み時は喫煙も制限されます。特に夜間の張り込みの際には慎重になります。たばこの火は数百メートル離れていてもよく見えてしまうからです。できることなら、張り込みの際には喫煙しないくらいのほうがいいのですが、吸えなくてイライラして…

フリーになったときも大沢悠里氏(左)に励まされた

今あるのはあの人のおかげ

私淑35年 宮本隆治アナが語る大沢悠里さんとの“師弟関係”

そこで「師匠と呼ばせてもらっていいでしょうか?」とご挨拶したところ、「どうぞ、どうぞ」と気さくにおっしゃって。それからずっと、局も違えば出身校も違う、何の接点もない僕をものすごくかわいがってくださるんです。 悠里さんは年1回、赤坂の焼き鳥屋を1日借り切って、30年以上続けているラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」のスタッフや出演者、気象予報士、日本道路交通情報セン…

「人生の大事なことは野球基準で決めてきた」

上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

マツコさんには、(昨年)10月くらいに退社するというご挨拶に行って、2人でお話させていただきました。怒られると覚悟して行ったらすごく温かい言葉をいただいて。いつか『頑張ったわね』って迎え入れてくれたらうれしいですね」 ――野球が好きということですが、今後はスポーツの仕事も? 「アナウンサー以外に、球団職員になるという夢もずっと大学生の頃からあって、正直、今も諦めてい…

スマホやタブレットに貢献

今週の爆騰株

最先端テクノロジー支える「トリケミカル研究所」

2016年もこうして日刊ゲンダイ読者の皆さまにご挨拶ができることを大変うれしく感じております。本年も何とぞよろしくお願い致します。 さて、本年トップバッターを飾るのは、トリケミカル研究所(4369)です。高純度の“ウルトラファインケミカル”サプライヤーとして、最先端テクノロジーの発展に貢献すべく、半導体・太陽電池・光ファイバー等向け化学材料の研究開発・製造・販売を行…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事