日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「反町隆史 水谷豊」に関する記事

None

反町隆史「相棒」残留

反町隆史(43)がシーズン14から2シーズン連続で相棒を務めているのだが、交代はあるのか。一部では、元SMAPの稲垣吾郎(43)が5代目相棒に内定したとの報道もあった。 「今シーズンの打ち上げで、水谷が『次の相棒は稲垣吾郎さんらしいです』と語ったことが女性誌で報じられました。だが、それは水谷流のジョーク。“そんな話も出てるんだね”という感じで、水谷本人も笑い飛ばして…

水谷へのラブコールはかなうのか

反町隆史も浮上…4代目相棒の条件は「水谷豊に逆らわぬこと」

テレ朝のドル箱コンテンツであるシリーズは今後も継続するため、水谷の新相棒を巡っては仲間由紀恵、織田裕二、松坂桃李、SMAPの稲垣吾郎、2代目相棒をつとめていた及川光博……と賑やかな名前が飛び交っているが、なぜかここに来て、松嶋菜々子の夫の反町隆史(41)が急浮上してきたという。 「新相棒の条件として最も大切なのが、現場では“天皇”とも“殿下”ともいわれる水谷に絶対…

None

反町隆史・松嶋菜々子 夫婦上下関係大逆転

フジにとっての“功労者”だけに、もっと事前のPRに力を入れるべきだったのではという声も上がっている」(フジ関係者) 松嶋は01年にドラマ「GTO」で共演した俳優の反町隆史(43)と結婚。“世紀のカップル”ともてはやされ、今や2児のママに。結婚後も11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」が大ヒットするなど、「役者としての“格”は常に松嶋が反町より上で、収入面でも松嶋が一家の…

法務省キャリアの設定もなくなり…

反町隆史やっぱり続投…新「相棒」に囁かれる2つの不安

人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の“相棒”に反町隆史(42)の続投が確定して話題になっている。 前作の最終回で反町演じる冠城亘が事実上、法務省をクビになり警察官として再出発する姿が描かれていたから、ほぼ続投とはみられていたが、10月からスタートする「相棒シーズン15」も反町で行くこと、さらに17年に公開予定の映画「相棒~劇場版Ⅳ」にも反町が登場することがわかった。…

反町隆史は当初好評だったが…

「相棒」視聴率が最低水準に…反町隆史の“軽さ”も一因か

水谷の相棒が「14」から反町隆史になり、期待も大きかった中での急降下だから、「アチャッ」という状況なのだ。 何がダメなのか。真っ先に考えられるのは反町の不人気だろう。反町は法務省から出向している切れ者の刑事。出だしは合格点という評判だったのだが……。 「視聴者は最初はクールな水谷と、生意気な反町が腹の探り合いをしながら事件を解決するパターンに共感していた。ところが、…

松嶋菜々子の「髪結いの亭主」は卒業

「GTO」以来のハマリ役…4代目“相棒”反町隆史に相次ぐ称賛

4代目“相棒”に反町隆史(41)を起用した水谷豊主演ドラマ「相棒Season14」(テレビ朝日系)が視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切って話題になっている。 この数字は今年放送された民放連ドラの初回視聴率でトップ。新“相棒”が反町に決まるまではいろんな俳優の名前が飛び交うなど紆余曲折あったものの、ドラマに対する視聴者の関心の高さが裏付け…

相思相愛のふたり

新「相棒」反町隆史は“引き立て役”に徹することができるか?

10月にスタートする、テレビ朝日の人気シリーズ「相棒」season14の“相棒”に抜擢された反町隆史(41)。仲間由紀恵や織田裕二の名が取り沙汰されたが、主演の水谷豊の意向やスケジュールの関係で反町に決まった、ともっぱらだ。 相棒・反町には賛否両論あるが、水谷は「出会うべくして出会った相棒」とコメントし、反町は「水谷さんの熱い思いに応えたい」と、相思相愛の様子。現場…

再放送ですらトップ10入り

反町隆史か仲間由紀恵か…「相棒」の“相棒”に他局が戦々恐々

噂通り、反町隆史になるのか、本命といわれる仲間由紀恵か、アッと驚く及川光博の出戻りか――テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」で主役・水谷豊(62)の“相棒”が誰になるのか、芸能マスコミがかまびすしい。同局の吉田慎一社長もまだ知らないらしく、先月末の定例会見で「満を持して発表するタイミングを考えているのではないかと推測しています。私も楽しみにしているんです」と話している。 …

名コンビの水谷豊(左)と及川光博

主演映画惨敗で水谷豊“背水の陣” 「相棒」にミッチー出戻り説

「これまで織田裕二から反町隆史らの名前まで取りざたされました。最新の名前は『相棒』に出演して“伏線作りか”といわれた仲間由紀恵や2代目相棒だった及川光博です。とくに及川はseason7からseason10まで出演し、成宮に交代した後も昨年の劇場版映画で“完全復活”するなど、水谷の覚えもめでたい。しかも、season9はシリーズ最高の20%を超える平均視聴率を叩き出…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事