日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「全豪 試合」に関する記事

1月の全豪オープン準々決勝でもラケットを投げた

悪童キリオスと大差なし? 錦織圭の“醜悪”試合マナー

今季も全豪、メキシコOP、パリバOPの他にも、ジョコビッチに決勝で負けたマイアミOPでもやっていた。この試合でもボールを壁に打ちつけるという、見たくない姿をさらした。 プロゴルフの世界でも、全盛期のタイガー・ウッズはミスして大声を出したり、クラブを地面に叩きつけることが多々あった。米国ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏がこう言う。 「タイガーの行為は、気持ちを切り替える…

今季初のグランドスラムなるか

母国開催のデ杯欠場…錦織圭今季に懸ける“27歳の焦り”

テニスの全豪オープン男子シングルスで初戦突破の錦織圭(27・第5シード)は16日の会見で、2月3日開幕(東京)の国別対抗戦デビスカップ(デ杯)1回戦(対フランス)の欠場について改めて説明。「(デ杯の後は)すぐに南米(13日~アルゼンチンOP、20日~リオOP)に行く。体のことも考えながら、デ杯は出ないことにしました。(デ杯で)ケガをしても意味がないので、今回は辞退…

準決勝の試合中、ユニホームを脱いで体を冷やす錦織

スタミナより重要…錦織圭「4大大会制覇」へ足りないもの

ジョコビッチ(29=セルビア)との頂上決戦に勝って、14年全豪、15年全仏に続いて4大大会3勝目を挙げた。 錦織圭(26)は準決勝でワウリンカに負けたものの、最新の世界ランクは7位から5位へ浮上したのだが、疲労の色が濃く、ヘロヘロ負けした準決勝の戦いぶりを見ると、4大大会優勝は「まだまだ遠い」と言わざるを得ない。 気温30度以上で湿度も高い中で行われたワウリンカ戦。…

15年全英オープンでの松山英樹

グリーン黙示録

ゴルフをテレビ観戦する意味

グランドスラムというのはもともとテニス界の用語で、全英、全米、全仏(フランス)、全豪(オーストラリア)の各オープン選手権に勝つことで、ゴルフはテニスよりもスポーツとしての歴史が浅い事情もあって、全仏、全豪に代わって、マスターズ、全米プロを入れて四大試合にしたのだ。マスターズは、アメリカ人のボビイ・ジョーンズが一九三〇年に当時の四大大会の全英オープン、全米オープン選手…

“アイス・マン”のニックネームもあるベン・ホーガン

グリーン黙示録

ゴルフ界の底辺が薄い

グランドスラムはもともとテニス界の四大試合に勝つことで、全米、全英、全仏(フランス)、全豪(オーストラリア)が対象である。しかし、フランスやオーストラリアにはゴルフの名手が出現しなかったから、ゴルフのグランドスラムにはマスターズと全米プロが加わったのだ。ジョーンズのころには、その4試合に出ることは大変だった。というのは、大西洋を半日で飛べる航空路線がなかったからで…

全仏OP1回戦は第3セット途中の雨で順延に

指導3年目で成績足踏み 錦織&チャン“コンビ解消”に現実味

しかし15年以降、グランドスラムはベスト8が3回(15、16年全豪、15年全仏)。マスターズでも1回も勝っていない。成績の上では進歩が止まっている。 13年は安定さを欠いていたジョコビッチ(29)は、翌14年から4大大会通算6勝の元世界1位のベッカーをヘッドコーチにつけて世界1位に返り咲き、今も世界最強の座をキープしている。師匠はクレーが大の苦手だったため、ジョコも…

2回戦は辛くも勝利した錦織

勝利もヘトヘト錦織 王者ジョコとの決定差は「体調管理」

ジョコ23歳のこの年は、前半だけで4つのマスターズに勝ち、全豪、全英、全米を制した。 ジョコビッチはその前年まで、グルテン(小麦、大麦、ライ麦などの麦類に含まれるタンパク質の一種)のアレルギーに苦しみ、グルテンフリーの食事で体質を改善。単なるトッププレーヤーだった男が11年になると世界最強に変身した。 食事の他にも、過酷なツアーを乗り切るため筋肉構造や疲労回復を早め…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事