日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

帯番組・出演者の関連ニュース

2人の格差は広がる一方…

春菜はCM3本&帯番組 広がるハリセンボンの“コンビ格差”

ランキング圏外から3位に躍り出た

TV出演本数“有吉超え”の年間3位 ハライチ澤部なぜ人気?

それぞれ朝の帯番組と多くのレギュラー番組を持つとあって納得の結果だが、3位に入ったのは帯番組を持っていないにもかかわらず、458本に出演した「ハライチ」澤部佑(29)。 「志村の時間」(フジテレビ系)ではコントメンバー、「あさチャン!」(TBS系)ではコメンテーターと幅広い分野で活躍し、11年から4年間トップ3をキープしてきた有吉弘行(41=今回は6位に後退)を抜い…

「高島・夏目超え」もあり得るか?

元後輩がフリー転身“予言” NHK有働由美子アナの「商品価値」

なにしろ帯番組を1本持てば、1回100万円として、それだけで年間2億4000万円は堅い。“年齢的にCMは取りづらい”という見方もあるでしょうが、帯番組のキャスターをやる以上、ヘタにCMなんてやらない方が賢い選択です」(前出の肥留間正明氏) 来年のテレビ界には“有働旋風”が吹き荒れそうだ。…

人気ナンバー1女子アナに/(C)日刊ゲンダイ

24時間テレビ司会をつかんだ 日テレ水卜アナの「営業力」

人気帯番組のレギュラーは絶大でお茶の間に顔と名前を印象づけたが、実は“外れ1位”である。最有力はほかの女子アナだった。 「当時人気を博していた西尾由佳理アナです。でも彼女はすでに退社の意志が固くノー。西尾に代わる人材は見当たらず、イチかバチかで水トの起用に決まったと聞いています。局内の飲み会に積極的に顔を出すタイプで、誰とでも親しくしゃべれる。それで関係者の目に留ま…

/(C)日刊ゲンダイ

坂上忍超え!? 「ジャングルポケット」斉藤が売れるなぜ

2位に帯番組を担当する「TOKIO」国分太一(39)と順当だが、ランキングの下に目をやると10位に「斉藤慎二」の名前が。見ると、今年1~6月の半年間で225番組に出演したという。 4番組でMCを務める「フットボールアワー」後藤輝基(40)と同着、16位の坂上忍(216番組)よりも上。帯番組を持つ8位のビビる大木(229番組)、9位の羽鳥慎一(227番組)とは僅差だ。…

おしどり夫婦/(C)日刊ゲンダイ

国分太一をサポート 高好感度ママ木佐彩子の気になる稼ぎ

朝の帯番組出演で認知度と好感度が再上昇すれば、単価は100万円以上でしょう。これに帯番組のギャラが加われば、年収は現役の女子アナ時代と比べても遜色はない」(イベント関係者) ジャニーズと蜜月でテレビ界に返り咲き。ちなみに、石井の生涯年俸は33億4830万円(契約金含む、出来高除く)。カネは腐るほどある。 実情を知れば知るほど、木佐スマイルを見てもため息しか出ない。…

None

ポスト「タモリ」に抜擢 SMAP中居正広はワンポイント登板!?

『中居がやりますよ』と売り込みたい営業サイドの意向もあったのではないか」(テレビ関係者) 一部では「2時間の帯番組に衣替えする」なんて話もささやかれている。13時からの「ごきげんよう」も14時スタートに変更。“昼メロ”も後ろにずらすという。 それでも中居の起用は大きな賭けだ。芸能評論家の金沢誠氏が言う。 「長寿番組の次は、ガラリと変えるとうまくいかない。『ニュースス…

None

今週グサッときた名言珍言

「生放送のラジオで、言わなきゃいいこと言うのやめられないんですよ」by伊集院光

20年以上続くTBSの深夜ラジオ「深夜の馬鹿力」に加え、昨年から朝の帯番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)のパーソナリティーを務めている。そんな伊集院が漏らした言葉を今週は取り上げたい。 続けて、自らのラジオパーソナリティーの生理をこう明かした。 「このことに話突っ込んでいくと、面白い話にはなるんだが、後で怒られかねんぞっていうことを、始まる寸前まで分かってん…

ザッツエンターテインメント

テレビ番組の裏側を楽しむ本特集

(フィルムアート社 2000円+税) 著者は「TOKYO MX」(東京メトロポリタンテレビジョン)の人気帯番組「5時に夢中!」(月~金曜17時から放送)の名物プロデューサー。 現場で一番年上だからという理由だけで生番組のプロデューサーに抜擢された氏は、面白いものを作る能力はないが、面白い人、面白いことに気づく能力があることを自覚し、番組作りに熱中。しかし、視聴率はい…

しゃべりをなりわいとする者なら批判や批評は当たり前

喜怒哀楽のサラリーマン時代

吉田照美さん 反体制発言は番組終了と関係ないと思う

来春をもって「飛べ!サルバドール」が終わり、文化放送で36年半も続いた帯番組のレギュラーは、いったん、途切れることになった。 「たまたま連続が途切れるだけで、それほど悲観はしていませんよ。今は就活中の身で、むしろここまで続いてきたことの方が不思議なくらいです。理由は何でしょうね。僕の降板を報じたスポーツ紙によると、局側は『総合的に判断した』らしいんですが、ギャラとか…

吉田照美

喜怒哀楽のサラリーマン時代

吉田照美さん 「1年で終わる」と陰口叩かれた番組が20年も

吉田にとって「てるてるワイド」から36年半も途切れずに続いてきた帯番組が終わることになる。局側によると、番組打ち切りの理由は、「若手育成など総合的な判断」だという。(つづく)…

テレビ局にとってはお得な司会者

小堺20億円でタモリは? 長寿番組MC“通算ギャラ”のお値段

明石家さんま(61)、ビートたけし(69)を含むビッグ3のGP帯のギャラは1本300万円以上が相場だが、「帯番組は“まとめ割”が適用されるとはいえ、少なくとも150万円以上」(広告代理店関係者)だという。04年度のタモリの推定年収は2億1500万円(納税額7690万円)。諸経費や事務所の取り分などを差し引いても、タモリが手にしたカネは総額50億円は下らないだろう。 …

食品メーカーからCMオファー殺到か

水卜麻美アナに3月退社説 “フリー転身”なら年収いくら?

さらに、水卜アナが加藤アナと決定的に違うのは『ヒルナンデス!』という帯番組を持っていること。仮にこちらも継続するとなると、軽く1億円は超えるはずです」(前出の肥留間氏) フリーになっても「食ハラ」からは逃れられない運命みたいだが、ギャラが出るなら食べ甲斐もあるというものだ。…

バナナマンの設楽統

今週グサッときた名言珍言

「欲を止めない。まだまだ、まだまだって思っていかないと。恐怖に追いつかれないようにする」by 設楽統

今やコンビとして毎日レギュラー番組を持ち、ピンでも帯番組の司会を務めるバナナマンの設楽統(43)。それでもまだ「薄ガラスの上にいるような」恐怖があるという。だから「止まったら終わり」だと、常に「欲」を持ち続けていると語った言葉を今週は取り上げたい。 バナナマンは94年にデビュー1年目で早くも単独ライブを開催した。異例のことだった。事務所にもそのノウハウはない。だから…

狙いはCM出演か

フリーアナ受難の時代 夏目三久“女優デビュー”の損得勘定

また、タレントの側から見ても、報道系の帯番組で毎日苦労するより、1本出れば数千万円というCMをこなした方がずっとラクなのです」(芸能評論家) 夏目がこれまで出演したCMはサントリーの1本だけ。女優に転身すれば、あと数本入ることは確実だ。…

「ミヤネ屋」はあと2年で終わり?

ミヤネ屋あと2年? 宮根誠司“東京五輪キャスター”の野望

「ミヤネ屋」の終わりとともに、東京で新たな帯番組のMC就任も現実味を帯びてきた。…

人妻になれば怖いモノなし

熱愛発覚 高橋真麻が「結婚」ならフリーアナ勢力図一変も

このうち、高島はCMで、夏目は帯番組でそれぞれ年間2億円を稼いでいるともいわれる。そこへ、人妻・真麻が“参戦”したらどうなるのか。 「夏目は独身なので立場が異なりますが、真麻が高島に取って代わる可能性がある。高島は現在、カゴメや花王など大手企業4社のCMに出演していますが、食品や洗剤などの同業他社が真麻に目をつけてもおかしくはない。CMがいくつか決まれば収入は激増す…

フジ“昼下がりの顔”を務め続けた小堺一機

今週グサッときた名言珍言

「ひとりでしゃべってたんです。それが一生懸命だと思ったんです。見てる人には迷惑」by小堺一機

だから、彼をお昼の帯番組の司会に起用するのは、あり得ないくらいの大抜擢だった。 その英断を下したのは「いいとも」のプロデューサーでもあった横澤彪だ。「いただきます」はそのころ、流行の兆しがあった「オバさん」タレントたちの番組として企画されたものだった。 塩沢とき、浦辺粂子、淡谷のり子らパワーあふれるオバさんたちをまとめることができるのは、「オバさんから見て可愛い」小…

年収10倍というわけにはいかないか

NHKからTBSへ 気象予報士・井田寛子の年収いくら上がる?

2番目は石原良純で帯番組を持っていた時の年収は5000万円、単発出演でも1本30万円などといわれています。ただし森田さんは気象会社『ウェザーマップ』の社長業としての収入もあるし、良純にしてもタレントとしての要素もありますから、この2人と同列に論じることはできません」(テレビ関係者) 前出のキャスターランキングでトップだったのは「とくダネ!」(フジ系)に月~金で出てい…

レギュラー本数&ギャラで“ベッキー超え”達成

レギュラー12本に バナナマンはギャラでも“ベッキー超え”

帯番組の『ノンストップ!』、日テレ金曜ゴールデンの情報バラエティー『沸騰ワード10』に、フジで火曜深夜の『そんなバカなマン』とTVのレギュラーが10本。そのほとんどがMC(司会)で、とりわけ設楽は出演者の回しがうまいと定評があり、上田晋也と並び称されています。そうしたことから、4月からフジのクイズものとTBSの恋愛ものの番組がゴールデンタイムに編成される方向で準…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事