日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中田翔 年俸」に関する記事

稲葉コーチと話す中田/(C)日刊ゲンダイ

日ハム中田翔 来季年俸はチームトップの「2億円」に

日米野球5試合すべてで日本代表チームの4番に座った日本ハムの中田翔。日本代表の顔になった25歳が、このオフ、チーム内でも以前にも増して確固たる地位を築くことになった。 「同僚の陽(27)と並んで、来季年俸はチームトップの2億円になると聞いています」とは日ハムOBだ。 今季の中田は144試合すべてに出場して2割6分9厘、27本塁打、100打点。プロ7年目にして初のタイ…

中田翔(左)と陽岱鋼

日ハム頭痛の種? 陽岱鋼vs中田翔「年俸2億円」バトル

稲葉と金子が昨年限りで引退したいま、日ハムの野手の中心ともいうべき中田翔(25)と陽岱鋼(28)が強力なライバル関係にあるといわれる。 「特に敵愾心を燃やしているのは年上の陽の方だと聞いています」と、あるOBがこう言った。 「自分こそチームリーダーにふさわしい、中田ではチームを引っ張ることができないと思っているフシがある。球団は2人のバランスを取ろうと必死。2人をチ…

上昇志向は強い中田翔/(C)日刊ゲンダイ

メジャー夢見る日ハム中田翔の本心は「米国経由阪神入り」

向こうの雰囲気にも(自分は)合っていると思う」 日本ハムの中田翔(25)が20日、「たまッチ! PRESENTS プロ野球珍プレー好プレー大賞2014」(フジテレビ系)の収録で、将来のメジャー挑戦について熱く語った。 今季はパの打点王(100打点)を獲得。11月の日米野球では日本の4番として全5試合にフル出場し、3戦目にはガスリー(ロイヤルズ)から左翼へ2ランを放っ…

中田(左)と大谷、同時流出は避けたいが…

メディアは大騒ぎ ハム大谷“来オフメジャー”に3つの障害

中田翔の去就 まずは4番を打つ中田翔(27)の去就だ。中田は順調に試合に出場すれば、来季中に国内FA権を取得する。ある球団OBは「中田がFAで他球団に移籍するのは構わないのですが……」と、こう続ける。 「4番の中田に加えて、エース兼中軸打者の大谷まで一度にいなくなれば、チームはガタガタ、優勝争いどころか、まともに戦うことすら出来なくなる。かといって、中田を引き留…

意外と名コンビ

ひねくれスポーツ論

ランボルギーニ中田に「万年筆」をねだる大谷の心境とは

日本ハムファイターズの中田翔が、その年の目標を達成した若手選手に「中田賞」というのを振る舞っているらしい。「中田翔の中田賞」。外見とは裏腹に、こまやかで心優しいやつと見た。 チームリーダーとして今オフ、代打起用が多かった杉谷に奮起を促す意味で、「来シーズン、レギュラーポジション取ったらフェラーリ買うたる」と言い放った。杉谷いわく「ボク車の運転が苦手なのを知ってるから…

4000万円ダウンで保留した陽岱鋼

「ビックリ」と減俸保留 強気のハム陽岱鋼に中田翔の影

第2戦九回二飛に倒れ天を仰ぐゴメス/(C)日刊ゲンダイ

チームの要は外国人選手…“金満球団”阪神が抱えるジレンマ

例えば、日本ハムには中田翔、ヤクルトには山田哲人という高卒の看板選手がいるけど、今の阪神にはいない。『掛布雅之』のような選手が出てこないのはファンも歯がゆいんじゃないかと思う」 とはいえ、勝負事は勝てば官軍だ。今季の阪神は3位の広島に猛追されながらも0・5ゲーム差で2位を確保できたのは助っ人4人全員が大活躍したからだ。 208回3分の1を投げたメッセは最多勝(13勝…

「この世界はシビア」と語った

FA陽岱鋼に続き…ハム中田翔の来オフ「卒業」に現実味

そこへいくと、来年のオフに「卒業」と祝福されそうなのが、昨1日、3500万円増の年俸2億8000万円プラス出来高払いで契約更改した中田翔(27)だ。 今季は110打点で2年ぶりの打点王に。4番として自身初の日本一に貢献したと言えば聞こえはいいものの、球団内の評価は芳しくない。 「中田はこのまま順調にいけば、来シーズン中にFAを取得する。球団内には、このオフにもトレ…

名コンビ!?

スポーツ難癖口上

中田翔が無知なのではない 聞いたテレビ局が無礼なのだ

優勝した日本ハムの中田翔と大谷翔平が、テレビのインタビューで、 「来年の野望を教えてください」 と聞かれた。中田はキョトンとして、大谷に小さく、「ヤボーって何?」と聞いた。大谷は、「夢とか目標じゃないですか」と答えて、それからずっと笑いをかみ殺していた。 こりゃ、どう考えればいいんだろうな? う~む、たしかに中田の言葉に関する噂は絶えぬ。ドラフトで日ハムに指名された…

実は繊細でナイーブな性格

代打翌日に3年ぶり欠場 ハム中田翔はプライドがズタズタ

これまで4番を打ってきた日本ハムの中田翔(27)に対する栗山監督の起用法のことだ。 中田の欠場は左手小指付近を骨折した13年以来3年ぶり。試合前には打撃練習も行い、「できる限り準備はしていた」と本人は言う。 代わりに4番を務めたのは陽岱鋼(29)。昨夜はその陽が先制適時打を含む2安打なら、3番に入った大谷翔平(21)も1安打1得点で勝利に貢献。日本ハムは連勝を今季最…

笑顔で大谷とハイタッチする中田

日ハム大谷「6番投手」起用は中田翔今オフ放出への“布石”

4番打者の中田翔(27)を今オフ、放出するというのだ。 今季年俸はチームナンバーワンの2億4500万円。全日本でも4番を打つこともある中心選手を、なぜ、出さなければならないのか。 「中田はこのまま順調にいけば、来季中にも国内FAを取得する。本人に日本ハムを出る気があるかどうかはともかく、球団内部での評価はガタ落ちだと聞いています」と、さる日本ハムOBがこう続ける。…

「すべてで1番に」をチーム内年俸で実現/(C)日刊ゲンダイ

2億円更改で殊勝会見も 日ハム中田の“天狗”化を球団が危惧

ただでさえプライドが高い日本ハムの中田翔(25)が3日、5000万円増の年俸2億円で契約を更改。チームナンバーワンの高給取りになり、言うセリフまで変わってきた。 「すべてにおいて一番になりたい。そこだけは変えずにやっていきたいと思う。チーム最高年俸?気が引き締まった感じがする。来年はそれなりの結果を残さなければいけないというプレッシャーが出てきた」 会見では殊勝だっ…

None

日本ハム 中田もポスト中田もサッパリで深くなる栗山監督のため息

None

●退団選手に辛辣エール 出て行ってくれてありがとう

日本ハム→巨人 陽岱鋼

一時期は3学年下の中田翔に強烈な対抗心をもっていて、契約更改では中田の年俸を気にするどころか、少しでもいいから中田より多くの年俸が欲しいと訴えたこともあったと聞いています。FAで日本ハムを出たのも、巨人の待遇が魅力的だったからではないか」 チーム事情より何より体調最優先で、決して無理はしない。おまけにプライドは高く、カネにシビア。なるほど「助っ人みたい」という形容詞…

3億円の攻防が予想されたが…

希望額届かず渋顔のハム中田 実は球団に“圧勝”の舞台裏

「自分の希望額とは違いましたけど、インセンティブ(出来高払い)が良かったので」 日本ハムの主砲・中田翔(26)が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改。4500万円増の2億4500万円プラス出来高でサインした。 今季は全試合に出場して自己最多の102打点、30本塁打をマーク。3億円の攻防が予想されながら、いざ、フタを開けてみれば上がり幅は1億円どころかその半分にも満た…

来オフ、FA宣言する可能性が濃厚の中田翔

阪神調査の報道も…日ハム中田は“メジャー移籍”も選択肢

来季中に国内FA権を取得する日本ハムの主砲・中田翔(27)をターゲットに定め、獲得調査を進めていくという内容だ。 かねて日刊ゲンダイが報じているように、中田が来オフ、FA宣言する可能性は極めて高い。 金本監督(48)とは私的な親交も深く、大阪桐蔭高の先輩で兄貴分として慕う西岡(32)もいる阪神とは“相思相愛”と言っていい関係なのも確かだ。 「国内FA権を行使すれば、…

韓国戦で10奪三振の大谷は「例外」か

日韓で明暗? 米スカウトが見た“メジャー予備軍”本当の評価

日本の4番・中村剛也(西武)や中田翔(日本ハム)はもちろん、今季トリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)ですら年俸がメジャー平均(5億円)に届くかどうかというレベルだという。 ■マエケンは「馬力も決め球もなし」 評価が低いのは日本人野手に限らない。一時期と比べて、日本人投手の評価もガタ落ちだ。 プレミア12に出場する広島の前田健太(27)は今オフのメジャー挑戦が…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

特に東京遠征のたびに六本木に現れるのが日ハムの主砲・中田翔クンね。彼は結婚の前も後も、キャバクラが大好き。一度六本木に来たら、3軒はハシゴするわ。まぁ2冠を狙えるくらい打ちまくってるから、誰も文句は言えないけど。 ただ彼が問題なのは、「歩きたばこ」をすること。もうね、ずーっと前から六本木は路上喫煙禁止。てか日ハムの地元、札幌だって禁止のはずよ。こればかりはいくらジャ…

中田翔はオシャレのつもりかもしれないが…

プレー中にぶらぶら 日ハム中田のネックレスに「不快」と苦言

日本ハムの4番・中田翔(26)は首から太くて長い金属製のネックレスをぶら下げてプレー。途中、ユニホームの外に飛び出したネックレスが邪魔になったのか、何度もアンダーシャツの中に押し込むシーンもあった。 「よく運動選手がしているような短いものならまだしも、そんな長いジャラジャラしたネックレスをされたら、見ている方の邪魔になりますよ」と、プロ野球ファンの作家・麻生千晶氏が…

守備での信用はいまひとつ/(C)日刊ゲンダイ

日ハム中田“玉突き”とばっちり 今年は「一塁転向」プラン浮上

昨年、三塁コンバートが頓挫した左翼手の中田翔(25=日本ハム)に、今年は一塁転向プランが持ち上がっている。 「昨年5月、左足骨折でシーズンの大半を棒に振った2年目の外野手・岡大海(23)に復帰のメドが立った。彼を右翼に据えることによる玉突き人事と聞いています」と、日本ハムOBがこう言った。 「岡は明大時代、投手もやっていて、走攻守三拍子そろった選手。ケガから復帰後、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事